The Whistleblowers(内部告発)#6「環境汚染」

 ベンとアリーシャは依頼人と待ち合わせをしていたが、時間になっても相手は現れない。匿名だからと諦めかけていた時、一台のトラックがやって来て廃棄物を不法投棄して去っていった。それと同時に二人の元に「環境局に連絡しろ」というメールが届く。
 環境局の調べで、トラックが捨てていったのは危険な有害物質を含むフライアッシュ(飛灰)だとわかる。地元のブルック焼却場のものと思われたが、環境局の担当者プレスは「後は自分たちに任せろ」と言う。その後プレスを尾行していたケニーが、ブルック焼却場の主任リックスと会っているところを目撃。ベンとアリーシャはリックスと接触をするが、彼は最初に二人に連絡したのは自分だと打ち明けたものの、詳しいことは何も話せないと言う。
 ガンで余命が少ないことを知らされたリックスは焼却場の危険性を公にすべきか、家族を守るため黙っているかの間で気持ちが揺れていた。かつて妻をガンで亡くし焼却場に抗議を続けていた地元住民のバラスに「あんたが黙っている限り犠牲者は増え続ける」と言われ、リックスはついに事実を公表することを決意。しかしベンに会いに行く途中、彼は車で事故にあってしまう。
 バラスの抗議行動を知ったベンは彼とともにガンになった近隣住民から話を聞く。焼却場は病人の多い貧困地域を選んで建設されるため、たとえ焼却場が原因で病気になってもそれを証明できない。初めは調査協力を拒んでいたリックスの妻シボーヌもその後、リックスが焼却場の危険な処置について話していたことや、環境局による抜き打ち検査も実は事前に日時が知らされていたことを証言。しかし焼却場の中に入れない以上、すべてを証明することは不可能だった。

 焼却場のことを自分の政策の落ち度にされたくない環境大臣は、かつてブルック焼却場に投資をして儲けたアリーシャの父親をインサイダー取引の容疑で捜査し圧力をかけてくる。またブルック側はベンとアリーシャに対しハラスメント防止法に基づいて焼却場への接近禁止命令を申し立てる。自分たちの事務所の運営資金は焼却場増設の利益によるものであり、父親の自宅の捜索までされたアリーシャは最初はこの事件の真相究明を諦めようとする。しかしベンは大義のためには犠牲も必要で、滅びるならブルックも道連れにすると言って諦めない。迷った末アリーシャも最後まで戦う道を選ぶ。
 環境局に立入検査をさせるべくベンは過激な環境保護グループの力を借りることにする。近隣住民を煽って抗議集会に参加させ、マスコミにその様子を報道させることにした。そしてついに環境局を動かすことに成功、立入検査で危険レベルのダイオキシンが排出されていることがわかったブルック焼却場は一時操業を停止。しかし裁判所の禁止命令を無視して集会に参加したベンとアリーシャはその場で逮捕されてしまった…。

 ベンの言う「大義のための犠牲」はけして他人であってはいけないわけで、それが自分のことだっていうところが正義感の強さのあらわれだと思う。もちろんそこに至るまでにはさまざまな葛藤があって、それを乗り越えての「負け戦だとわかっていても、戦って負けたい」というアリーシャの言葉には本当に強い決意を感じました。こうした人間的な部分もきちんと描かれているのがこのドラマの素晴らしいところなんですよね。というかSpooksにしてもクリーガンにしてもデクスターにしても、素晴らしいと言われるドラマでは必ず登場人物たちが物事を簡単に割り切るんじゃなく、自分の行くべき道について葛藤する様が描かれていますよね。そしてその結論はそれぞれのドラマによってまったく違っていて、その中でもベンとアリーシャは珍しい“正統派”だった気がします。だからこそ「イギリスドラマにしては誰にでも受け入れられやすい作品」としておすすめしてきたのです。
 ちなみにラストはいわゆるクリフハンガー的な終わり方でしたが、シリーズ2製作の予定はございません。
 そりゃ、そもそもの資金があれでは……。でもブルックの犠牲になった人たちのためにもベンとアリーシャはこの仕事を続けていくべきだと思うし、いつかフライアッシュの中から見事に復活をした二人の活躍をまた見てみたいものです。

The Whistleblowers(内部告発)#4「疑惑のパスポート」

 トルコのイズミール発の飛行機がロンドンの空港に到着。入国した男がその夜レストランで狙撃事件を起こし、トルコ人男性が殺され通りすがりのイギリス人も巻き添えになった。犯人のクナッチはまもなく逮捕されるが、移民局の副局長ラドフォードは入管のミスをもみ消そうとする。
 入管の職員サラは以前から上司のマーシャルに不法入国に対する注意喚起のメールを送っていたが、無視され続けていた。クナッチが不法入国であることを知った彼女は入管の慢性的な怠慢を訴えるべく“グレアム&コール”に連絡を取る。

 サラはベンとアリーシャのアドバイスでクナッチがビザの申請を却下された証拠書類を入手。それを受けてベンはトルコ人街で聞き込みを開始。クナッチのいとこが働く店で、クナッチがドグルというギャングの手引きで入国したことやドグルに子供を殺すと脅されて殺人を犯したこと、またクナッチの弁護を引き受けたチャータリスと警察が彼の不正入国の事実を伏せているという情報を得る。これは個人による不正入国ではなく、組織犯罪が関わっているらしい。
 ベンとアリーシャはチャータリスを訪ねるが彼女は一切話をしようとしない。そこでフリーの事件記者にサラの告発記事を書いてもらい、ことを公にすることに。しかしその記事のせいでサラは機密漏洩で懲戒解雇となり、産後うつ病になった過去をまるで精神障害があるかのようにマスコミに書き立てられてしまう。さらに不正をもみ消そうとする副局長ラドフォードによって裁判所から召喚状が送られてきて、サラは窮地に追い込まれてしまう。

 チャータリスについて調べていたケニーは、彼女がトルコ人の弁護ばかり引き受けていることを知る。その中にはギャングのドグルもいた。ドグルとチャータリスは手を組んで、入管職員を買収し不正入国を斡旋しているらしい。ケニーは彼女を尾行し、彼女がドッグレース場でサラの同僚ポール・バノンと会って金を渡している現場を目撃する。
 ポールに証言させることは可能だが、翌日のサラの審問に間に合わない。そこでベンはサラの上司マーシャルの良心に訴えることに…。

 今回も面白かった!!
 正しいことをしているのにどんどん追いつめられてしまうサラ、そんなのってないよね。結局は示談に応じて、職は失ったけど生活していけるだけの示談金を得た。やれるだけのことはやったし、マーシャルが正しい道を選んでくれたおかげで(さすがジャップ警部だ!)入管の体質が明らかになった。二人はこれで正義を貫けたけど、実はそんなに単純じゃない複雑な問題が裏にはあったんですね!
 チャータリスはトルコ人の不正入国に手を貸すようにみせて、実は父親を殺したトルコ人を恨んでいて、入国したトルコ人同士が殺し合って滅びればいいと思ってる。それを知ってる移民局もなぜそんなチャータリスを黙って見ているのかといえば、トルコがEUに加盟したら移民が大量流入して大変なことになるけど、不正入国したトルコ人が事件を起こすことでトルコの印象が悪くなればEU加盟が難しくなるから、そんじゃ放っとこう!という魂胆があったのでした。ギャングと悪徳弁護士と入管職員が手を組んだことを暴くだけの単純な話じゃなく、最後にこんなSpooksレベルの大掛かりな話が隠されていたオチにびっくりしました。だからこのドラマ大好きなんだよね!
 そしてひとつの不正が暴かれても、正義より金を選ぶ奴は必ずいる。これだからハリーとアダムの苦労は絶えないんだな…^^;

The Whistleblowers(内部告発)#2「闇のウイルス」

 イギリスの製薬会社グランディ・リアのシンガポール研究所でコロナXウィルスが漏れる事故が発生する。診断テストの結果その研究員たちは陰性であることがわかるが、その後イギリスに転勤になった研究員の一人が発症。グランディ・リアは血清検査が安全性に欠けたとして微生物学者のルウィントン教授に責任を押し付け、ウィルス感染のことを世間に伏せて治療に当たらせる。
 イギリス国内でコロナXウイルスが発生したことを公表すべきだと考えたルウィントン教授は、内部告発のためのヘルプラインを開設したベンとアリーシャに電話をする。しかし製薬会社からの報復を恐れた彼は詳しくを語らず電話を切ってしまう。教授の行動を不審に思った彼の妻のポリーは、彼に代わって“グレアム&コール”に接触。話を聞いたベンたちはグランディ・リアがウイルスを漏らしたことを証明し公表するべく動き出す。
 ところがロンドンでコロナXウイルスによる死亡者が出たことが報道されると、ワクチンを開発していたグランディ・リアに注目が集まる。会社の本当の目的は故意にイギリスにウイルスを持ち込んで感染者を増やし、ワクチン製造に投入される政府からの資金を手に入れることだった。

 たとえウイルス感染の原因が自分のとこの研究所だということがばれても、ルウィントン教授の血清検査に欠陥があったってことにしちゃえばいいやーという図々しさ。利益につながるとこだけ吸い取って、あとは研究員の一人二人犠牲にすることなんて何でもない。巨大企業なんてこんなもんなのかもしれません。
 それにあのラスト、怖すぎますよね(震) そう、これこそが「内部告発」の見どころのひとつ。ベンとアリーシャは真実を調べるだけではなく、こうした報復から依頼人を守ることもこれから必要となっていくんです。

 さてさて、ベンとアリーシャが立ち上げたヘルプラインのオフィスはSAVOYティールームの上階にあります。このお店のSAVOYロゴ入りマグカップがすごくかわいくて、欲しいな〜と思ってるんですよ。どこかで手に入らないかなぁ。

「The Whistleblowers」日本上陸前夜祭♪

 前夜祭といっても特別何かをするわけではなく、私がひとりで勝手に盛り上がってるだけですが(笑) 昨年秋にイギリスITVで放送されたドラマ「The Whistleblowers(内部告発)」が明日夜、いよいよ日本で放送スタート! ずっとこのドラマを応援してきた私にとっては待ちに待った日です(感涙) せっかくなのでカテゴリも作ってみました。
 第1話のあらすじと感想は以前書いたので今回WOWOWでの放送を観てレビューを書くことはないと思いますが、ご覧になった皆様のご感想をぜひお寄せいただければと思います♪

 ちなみにイギリスでは「BBCのSpooksに対するITVの答えがこのドラマ」と言われたそうで、政治や企業が絡んだ大規模な事件や不正などSpooksだったらハリーたちの働きによって市民の目に触れず隠蔽されてしまうような問題を、その内部からの告発を受けてベンとアリーシャの弁護士コンビが調べていくという話。Spooksにハマった方には特におすすめです。そしてSpooksほど胃が痛くなる話ではありませんので(笑)どなたでもお楽しみいただけるドラマだと思います。とっても見応えのあるドラマですよ! ぜひご覧になってみてくださいませ♪

The Whistleblowers(内部告発)紹介&イベントフォト追加♪

 WOWOWのスタッフさんからブログ記事用のドラマ画像と試写イベント写真をご提供いただいたので、先日の記事に追加しました。お恥ずかしながら私の後ろ姿も…(シャツの上からでも肩の筋肉付きすぎなのがバレバレ)

 さて私がいたく気に入ってるドラマ「The Whistleblowers(内部告発)」の宣伝をちょこっと(あまり期待を煽りすぎないよう気をつけつつ…^^;)
 第1話のあらすじは以前紹介したので、今回は全6話の告発内容を超簡単に記しておきます。ちなみにイギリスでの初回放送は昨年9月。

Keya_7
©CARNIVAL 2007

#1 Ghosts
 公安による一般市民の拷問を告発!
#2 Pandemic
 危険なウイルスをイギリス国内に持ち込み、それを隠蔽しようとする製薬会社を告発!
#3 No Child Left Behind
 自治体の教育予算と奨学生の選考基準のあり方を告発!
#4 Fit for Purpose
 入国管理・移民局のずさんさを告発!
#5 Starters
 未成年にアルコールを販売する闇マーケットを告発!
#6 Environment
 ダイオキシンをわんさか出してるゴミ処分場を告発!

 1話と2話はいかにもSpooksでやりそうな(というかやってた)ネタですね。Spooksと合わせて観ると、同じような事柄を市民の目線で見るのとスパイや役人の目線で見る違いがわかって面白いですよ。主役の二人もいい感じです♪
 WOWOWでは11月17日(月)スタートです!

祝!「The Whistleblowers」が今秋日本上陸!

 atsumiさんからとっても嬉しい情報を頂きました〜(感涙) 私のお薦めイギリスドラマ「The Whistleblowers」が11月からWOWOWで放送されることになりました。まさか日本でこのドラマが放送されるなんて、もうびっくり! 大感激です(*T∇T*)
 もちろん、日本でいちはやく(たぶん)このドラマを紹介した当ブログとしては“グレアム&コール”を全力で応援していくつもりです♪ ちなみに過去記事はこちら

 とにかく「The Whistleblowers」は本当に面白いドラマです。イギリスドラマにしてはアメリカ好みなストーリーな感じ。そしたらこれってBBC-Americaとの共同製作なんですよね(なのに放送はITV。よくあるパターン) 様々な内部告発をうけてそれを調査していく話だけど、主役をジャーナリストではなく弁護士にしたところがポイント。ただ調べて何でも公にするんじゃなくて、真実を知るために時にはマスコミを利用し、また逆に利用されてしまうこともある。それに全部解決してスッキリ〜かと思えば最後に一捻りあるところがまたいかにもイギリスらしい、一話一話がとても濃い内容になっています。ベンとアリーシャのラブラブっぷりにも注目してください(笑)
 あ、日本版タイトルは「内部告発」だそうな。何のヒネリもない、そのまんまですね(笑) しかし「奥さまは首相」「キケンな女刑事」にくらべると時空刑事や内部告発がマトモに聞こえてしまうのがおそろしい^^;

 この秋はイギリスドラマが続々上陸。これもUK-Japanのおかげです。Spooksも引き続きシリーズ6放映だし(これも大感激!) で、どこかで「Trust」を拾ってくれたらもっと嬉しいなーー!

The Whistleblowers

 イギリスの「The Whistleblowers」というドラマがとても面白かったのでご紹介します。昨年秋にイギリスITVにて放送されたシリーズです。Spooksを観てる方は必見のドラマかも!

41sjptxmp4l_ss500_


 ベン・グレアムとアリーシャ・コールはロンドンの大手法律事務所で働く弁護士。ある夜、二人は半裸で後ろ手に縛られた男性を車で跳ねてしまう。その男性は二人組の男に捕まって車に乗せられ、すぐにその場を去っていった。ベンとアリーシャは面倒に巻き込まれないようその出来事を忘れることにするが、翌日ベンは自宅の向かいにその時の車が止まっていることに気付く。フラットで男たちがもみあっている姿が窓から見えたため、ベンは警察に通報。しかし警官達は部屋を借りている人物と話をしただけで帰ってしまった。
 翌日その男達がベンのオフィスを訪ねてきて、昨夜の事に事件性はないと言う。しかし彼らの言い分が信用できないベンはたまたまドアが開いていた時にそのフラットに入り込み、あの夜車で跳ねた男性が地下室で鎖に繋がれ監禁されているのを発見する。モハメド・アギーザと名乗る彼は自分がテロ対策の捜査員によって不当に監禁されていると訴え、ダニエル・ブラックという弁護士に連絡をしてほしいとベンに頼む。しかしベンはそこで警察に見つかって不法侵入で逮捕されてしまう。連行された警察署でベンはアギーザの監禁が違法であると訴えるが、当局は国家の安全に関わることだから目をつぶってほしいと理解を求め、ベンを釈放する。
 例のフラットはすでに警察が引き払い貸し出しの看板が出されていた。これ以上首を突っ込まず、忘れた方がいいと言うアリーシャ。ところが二人が帰宅すると部屋が荒らされていた。おまけにベンの依頼人が自殺したことまで報道され、事務所での信頼を失った彼は停職に追い込まれる。
 アギーザは逃亡中と報じられていたが、場所を変えて今だ監禁されているに違いない。当局に対する不信感が募ったベンはブラックという弁護士と接触を図ることに。ブラックはハマディという男をベンに紹介する。ブラックは今までテロリストの容疑をかけられて不当に逮捕された無実の人たちを何人も救った弁護士で、ハマディもその一人だった。カナダ市民だったハマディは当局に監禁された際、拷問に耐えかねて幼なじみのアギーザの名を出してしまったのだった。
 当局は真実を掴もうとするベンとアリーシャの行動をすべて監視していた。それに気付いた二人は知人のケニーの協力を得て、ブラックとともに当局と闘うことになる。

 イギリスでは「Spooksに対するITVの答えがこのドラマ」なんて言われたそうですが、第一話はまさに情報部の裏を暴くお話でした。主役のベンとアリーシャもなかなか良い感じで、仲間のケニーもいい味出してます。アリーシャ役の女優さん(Indira Varma)はとても美人だし、ベン(Richard Coyle)は写真よりも動いてる姿の方がずっと素敵。トイ・プードルみたいな頭も可愛いです(笑)
 ちなみに「Whistleblower」とは「密告者」という意味。今回の事件で一躍時の人となったベンとアリーシャの元には、その後いろんな内部告発が密告されてくるようになります。ふとしたことからイギリスに入り込んだ危険なウィルスの情報を隠蔽しようとする製薬会社の裏を暴くエピソードなど、サスペンスと娯楽性がほどよく入り交じったドラマです。ハリーをはじめとしたMI-5のみなさんにしてみればベンとアリーシャみたいな弁護士は頭の痛い存在なのかもしれないけど(笑) だからこそSpooksと平行して観ると本当に面白い。興味がおありの方はぜひお試しを♪

参加してます

コミュニティ

メールはこちら


無料ブログはココログ