Law&Order: UK S1-#1 「慈悲なき欲心」

 いよいよ日本での放送がスタートしました。
 足掛け5年半。長かった!(感涙)
 私も冬眠から戻ってまいりました(^_^;)

 病院の駐車場に置かれたバッグの中から一酸化炭素中毒で死亡した乳児の遺体が発見される。ロンドン市警のブルックスとデヴリンは、乳児が着ていたコートを販売していた小売店から子供の住んでいた家を突き止め、母親がディオン・ファラという女性であることがわかる。二人が家を訪ねるとディオンは姿を消しており、鑑識が部屋を調べると、暖房が改造されていたため一酸化炭素が漏れ、警報器の電池も外されていたことがわかる。
 ディオンの電話の履歴から彼女の妹の住所が判明。妹の元に身を隠していた彼女は、遅刻したベビーシッターを待たずに家を出て仕事に向かったが、帰宅するとベビーシッターはおらず子供は息をしていなかったと話す。また彼女は警報器の電池を外していないし、それが警報器であることすら知らず、子供を病院に置き去りにしたのは人工呼吸の知識が無い自分にとってそれが最善だと思ったからだと語る。

 イギリスで放送が始まりDVDも発売になったときにこのエピソードを観たという本家L&Oファンの方もいらしたことでしょう。そこで私が時折目にしたのが、なんでこのエピソードを1話目に選んだのか? もっと相応しいエピソードはいくらでもあるのに、といったご感想でした。
 でもイギリスドラマファンからみれば、このエピソードを最初に持ってきたのは当然という気もします。だっていかにもKudosの好きそうな脚本じゃない?(笑) Spooks、Life on Mars、Hustleなどを作った会社だと思うと、この選択は何となく納得できます。
 母親の責任、悪いのは母親、と思いきや彼女には彼女の事情があって、だからってベビーシッターが悪いわけでもないし、管理人のふりした業者とか賄賂とかいろいろ絡んで、じゃあ本当に責任を取るべきなのは誰なの?

Kudosこういうの好きだよね絶対!(笑)

 で、ここでスティールさんが登場するわけですよ(≧∇≦)キャー
 スティールさんは正義の味方なので、とにかく悪い奴を有罪にして罰を受けさせたいのです。でもここで、お前これで確実に有罪に持ち込めるか?本当に大丈夫か?もう一度よく検証しろ、って、冷静に考えることを思い出させてくれるキャッスルさんがまたかっこいい。ビル・パターソン、渋いです。
 アリーシャはなんかもう最近キャリーの日記のぶっとんだ女のイメージになっちゃってたので(笑)ひさびさに落ち着いた姿を見れてほっとしました。美人だよね〜(*^.^*)

 ちなみにイギリスの弁護士にはソリシター(事務弁護士)とバリスター(法廷弁護士)がいて、わかりやすくいうと警察の尋問で容疑者の隣にいるのがソリシター、法廷でヅラ被って熱弁ふるうのがバリスターです(←わかりやすく言いすぎ。笑)

 ブルックスさんたちが所属してるのはロンドン市警で、いわゆるロンドン警視庁とは別物です。市警の管轄は中心部のシティで、それ以外の首都圏全域を管轄するのが首都圏警察(ロンドン警視庁) 「第一容疑者」のテニスンや「リンリー警部」のぼっちゃま&ヘイバースや「Ashes to Ashes」のメンツが所属するのがここですね。市警は管轄がシティのみなので、ロンドンが舞台でも市警察の刑事ドラマってあんまり見たことないかも。

 前にも書いたけど、このドラマはレギュラー陣の衣装が素敵なんですよ。アリーシャの着回し術にも注目です!

海外ドラマランキング
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

L&O:UKとSVUのクロスオーバーが実現するかも!?

 UK版の脚本家とディック・ウルフの間でクロスオーバーの話が持ち上がってるそうです。

'Law & Order: UK' crossover with US is 'a real possibility'

 まだアメリカのどのシリーズとのクロスオーバーになるかはわかりませんが、脚本家はSVUとのクロスオーバーを考えているとか。うわぁ〜〜実現したら素晴らしい!!!!!!・゚・(ノД`)・゚・

 ただひとつ残念なのは、ベン様が降板してしまったこと。スティールさんとステイブラーの正義の味方対決(←?)を見るのが夢だったんだけどなぁ。それとデヴリン君役のジェイミーも降板するかもって話だし(NBCの新ドラマに出演が決まってるので) そうなるとブルックスさんとクレイゲンのオヤジ対決しか楽しみがないじゃん(笑)いやむしろブルックスさんとマンチのオヤジ対決の方が面白いかも(爆) てかジェイミーそれまで頑張って出てくださいな!(^-^;
 もし実現すればUK版日本上陸の可能性も高まるかも♪ こういう話が出てくるとワクワクしますね〜〜(*^-^)

海外ドラマランキング
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

今月購入したドラマ2点

51hmp0pjidl_sl500_aa240_ 5129yiogbll_sl500_aa240__2

 L&O:UKはこのままお蔵入りの可能性が高いですが^^; とりあえず見どころをいくつか。
 まずブルックスさんのマグカップが西ハム!(これ) ちなみに富裕層からの支持が高いチェルシーに対し、コックニー訛りが飛び交う東ロンドンの下町地域に本拠を構える西ハムのサポーター層は純労働者階級が多数なのだそうです(wikiより)
 こうした小道具ひとつでキャラクターの人となりまでわかるのがギリスドラマの見どころのひとつでもありますね。もしかして彼の臙脂色のマフラーもフロスト警部の真似じゃなくて(←あたりまえだ)西ハムを意識してのことかな〜?とか考えながら見ると楽しいです^^
 全体を通してオヤジども(デヴリン君含む)の衣装が素敵です。女性陣がコーディネートを変えながら同じ服を着回してるのも好感度高し。ただひとつだけ残念なのは、彼らが全員束になってかかってもステイブラーひとりの色気には及ばないってこと(爆) 一人舞台対決ではスティールさんとゴーレンさんはいい勝負かもしれません。
 個人的にはスティールさん祭りの4話がお気に入りですが、これも彼の人柄を知ったうえで見た方が萌えますので、ぜひ1話から順にご覧になっていただきたいです。

 もうひとつは昨年Crime Thriller AwardsでTVダガーを受賞して以来品薄になっていたThe Red Riding。英アマでもずっと供給が不安定で、「入荷待ち」→「現在お取扱いできません」と思ったら翌日には「在庫あり〜残り4点、ご注文はお早めに」だったりしたので、また入荷待ちになる前にさっさと買っておくことにしました。
 1974年、80年、83年が舞台の3部作で、Guardianでは"The evil twin to Life on Mars"なんて評されてます。ショーン・ビーンやウォーレン・クラーク(おデブ警視)などお馴染みのヨークシャーオヤジが総出演♪ 見たらレビューをアップしたいと思います。

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

やっぱり延期だ L&O:UK

 延期メールが来ましたよ〜(#゚Д゚)
 予定より一週間遅れて1月11日発売になったけど、ほんとか?(←何度も延期になってるのでもはや簡単には信じられない^^;) だってITVの番組表に全然出てないし。まさかと思うがこれから毎週延期メールが届くんじゃ…wobbly
 ま、気長に待つしかないですね。他にも見たいものがいろいろあるし^^;

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

Law & Order: UK また延期?

 S1BOXが二度の発売延期の末、来年1月4日ってことになったわけだけど、ITVではいっこうに後半放送の様子がありません。
?( ゚д゚)ポカーン これじゃ最終話の放送翌日に発売されるとしても、もう間に合わないんじゃないの? それともCollisionみたいに残りの6話無理矢理一挙放送でもする気なんでしょうか。
 そろそろ英アマからまた発売延期メールが来るんじゃないかって嫌な予感しまくりです。だから最初から13話なんて無理しなきゃいいのに(←しつこい)
 にもかかわらずS2作り始めてるってどういうことなんでしょ?? もっともキュードスにしてみればITVで放送しなくても他の国で順調に放送が続いていれば懐は痛まないんでしょうけど。いっそ日本でも本国より先に放送してくれないかな〜。o(`ε´#o)

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

Law&Order: UK DVD発売延期

 たったいま英アマからメールが来まして、

L&O:UKの発売は来年1月になったよ♪

 だそうですーーーー!!!!!
 まあ仕方ないか……S1の後半が秋に持ち越しになっちゃったんで、DVDもたぶん延期だろうなと思ってはいました。
 とはいえ早く皆さんとスティールさん談義をしたい私としてはやっぱりちょっとガッカリです。前半7話と後半6話、別々にBOX出すんじゃダメなのか?bearing

Law&Order: UK #7

a.k.a.「ITVはそんなに金に困ってるのか?」(苦笑)
それとシリーズ総括しての感想です。
(ちょっと長いですがご容赦を)

 まずは今回のエピソード。
 アリーシャが婦人科医のメリックからドクターハラスメントを受けたと言ってデヴリン君たちに相談。さっそく捜査に乗り出すけど、スティールさんと相談して起訴は無理だろうという結論に。それがどうしても納得できないアリーシャは自ら行動に出るんですが、これが大変な結果を招いてしまいます。
 メリックは「自分こそ被害者」みたいに主張するし、弁護士は思わず「クソババア」と言いたくなってしまうような人だし(苦笑)あげくあの判決はいくらなんでもあんまりだ…と思いましたが、正義の味方スティールさんはもちろん黙っちゃいません。メリックに一泡吹かせてやろうとデヴリン君たちと画策します。

 アリーシャはスティールさんに「証言するからあなたが担当して」(←テキトーな意訳です^^;)って言うと、スティールさんは「きみとは個人的な付き合いがあるから…」みたいに言うんですが、アリーシャは譲りません。
"You're always telling me that we should fight for the victim.
I am the victim. Fight for me."

……こう言われたら正義の味方は断れるはずないよね^^; アリーシャはスティールさんなら有罪にしてくれると信じてるんでしょうね〜。

 今回はデヴリン君とスティールさんが一緒のシーンが多くて嬉しかったです♪ ジェイミーはちょっとアーチー入ってた気がします(笑)「ホレイショ聞いてよ! みんなひどいんだよー!」ってグチをこぼす姿が思わず頭に浮かんでしまった(爆!)
 ブルックスさんが歩きながらのり巻きを食べてたシーンもツボでした^^

* * *

 さてさて、くどいようですが本家を見ていないので分家との比較しかできないものの、私なりにUK版の全体的な感想を…。

(以下、長いので隠しますがネタバレはありません)

Continue reading "Law&Order: UK #7" »

Law&Order: UK #6

::まえおき::
 本家は未視聴、当方あくまでベン・ダニエルズおよびジェイミー・バンバーの追跡が目的でUK版を見ております。本家ファンの方からみれば邪道者でしょうがご了承ください(笑)

 トルコ人が集まるクラブで火災が発生、多数の死傷者が出る。現場の状況からこれは放火事件だぞ!ということでブルックス&デヴリン君が捜査を開始。
あらすじは以上です(笑)

さて今回はスティールさんとアリーシャちゃんのプライベートがちょこっと明らかに…
(以下ネタバレあるので隠します)

Continue reading "Law&Order: UK #6" »

「This Morning」に登場のベン様&フリーマちゃん♪

Law&Order: UKの検察官コンビが揃って「This Morning」に登場、ドラマについて語ってくれました♪

ベン様、脚長いっすねーー! 朝っぱらからなんてエレガントなんでしょうlovely 花粉で鼻グジャグジャ&貧血蒼顔でとても見られたもんじゃない午前中の私なんかとは大違いです(あたりまえだ)
ドラマでは優等生タイプのフリーマちゃんも、素顔はとっても若々しい女の子。服もかわいいですね^^

Law & Order: UK #5

 今週は第5話「Buried」です。
 これからご覧になる方の楽しみを削がないように、ストーリー(本家のどのエピに相当するか)は横に置いといて、俳優さんのお話をちょこっと。

 今回、事件の証人(この場合そういっていいのか微妙だけど)の女性ジュリアが「Waking the Dead」の鑑識担当フランキーでした! まーー老けっぷりにビックリ!(失礼^^;) だけど裁判でギャーギャー叫ぶところはやっぱりフランキーだった(笑)
 一方、弁護士として登場した俳優さんは「第一容疑者2」でテニスンといい仲になったオズワルド部長刑事ではないですか。こちらも年を取ったのは見て取れますが相変わらず素敵、というか今の方がむしろいい感じ♪

 ジェイミー・バンバー、細いです(笑) 今のリーを見てると嘘みたい。よく絞れたなぁ。
 もともとL&O:UKはメタボちゃんなリーの軌道修正のために見てるわけですが、どちらかというと私の中ではジェイミーの軌道修正になっちゃってるかも。だってBSGを見ててもリー=アーチーとイメージ重ならないのに、こっちのデヴリン君は成長したアーチーに見えるんだよね! もちろん英語と米語の違いもあるのかもしれないけど(ていうかアーチーは日本語喋ってたけどね^^;)やっぱりリーのキャラクターは別次元の人というか、アーチーやデヴリン君とは違う高みへ行ってしまった特別な人なんだなと。それにドラマの世界観もまったく違うしね。だけどどっちの彼も好きです♪^^

 今回のラストで、アレーシャちゃんは先輩スティール検事(ベン様)と一緒に傘の中。いいないいな〜〜lovely てか自分の傘持ってなかったの? それとも確信犯で忘れた?(笑)

参加してます

コミュニティ

メールはこちら


無料ブログはココログ