今夜見たテレビの感想

アメリカン・アイドル、シーズン9。

ラスカル・フラッツ登場!!!!!o(*^▽^*)o

 出演することは前から知ってたので、日本での放送を心待ちにしておりました♪
 番組のトップに登場し、先日のCSIでも使われた"Unstoppable"を披露。でもカメラがゲーリーとジョーどんばっか映すんだよね! そりゃゲーリーはメインヴォーカルだし、テレビ的にはジョーどんのルックスがウケるのはわかるけど、ジェイも映してやれよ! せっかく嫌々ジム通いして絞ったんだからさぁo(゚Д゚)っ CSIで彼だけがキャサリンに手を握ってもらったことへの腹いせですか?!(違)
 ちなみにジェイ、生放送中に舞台裏からTweet送ってたんですよ(それで出演を知った私) 相変わらずマメな人…^^
 それにしても今年は本当に上手いと思える人がいなくて物足りない。去年が粒ぞろいで楽しかっただけにいまいちパッとしないというか。ちなみにカントリーファンの私に言わせればシヴォーンとクリスタルは今回明らかに選曲ミスだったと思う。
 シャキーラの踊りはひたすらキモかった^^; てか最近みんなやたらとアラニス・モリセットみたいな歌い方するのはナゼ??

 BSG。ゲータの気持ちは痛いほどわかる。みんなが自分のことだけを考え、他人を思いやる余裕がなかったことの結果がこれだ。同時に、全体のことを優先するあまり、隣にいる人の気持ちを後回しにしたことに対する結果でもある。彼のやり方はどうあれ、鬱積した思いを抱えてる人がこんなにも多くいるんだということを、どこかで示すことは必要だったと思う。

 北斗の拳。第2部完結、さようならレイ!(涙)
 昔、同級生の女子はみんなレイに恋してたものです(それを煽ってた張本人だ!笑) そんで男子はケンシロウかラオウ派。楽しかった当時のクラスのことを思い出して、懐かしさとレイの死の悲しみで心がいっぱいになってしまいました。でもシュウとサウザーも好きなんだよね^^;

 何の関連性もない3本ですが、どれも好き。節操のない多趣味っぷりが露呈してしまいました。(;´д`)

にほんブログ村 テレビブログ
にほんブログ村 テレビブログへ

CSI 最新エピソードにRascal Flattsが登場!!!!

 本国で放送されたCSI最新エピソード"Unshockable"(シーズン10第14話)にRascal Flattsがゲスト出演しましたー!!!!!!
キタ━*・゜゚・*:.。..。.:*・゜\(゚∀゚)/゚・*:.。.       .。.:*・゜゚・*━!!!!!

オフィシャルビデオがアップされたので貼っておきます♪

↓こちらはCBSのビハインドザシーン(最初にCMが入ります)

 演技が下手なのは大目に見てやってください、俳優さんじゃないので^^;

 さて、彼らがどんな事件に巻き込まれるかというと。
 ラスベガスでのライヴ中、ジェイがステージ上で感電して倒れ病院に運ばれてしまいます。彼の火傷の痕を見たキャサリンは、これは事故ではなく誰かが故意にジェイを感電させた事件だと判断。実はその前夜メンバーが今後の活動(ジェイ個人のプロジェクト)に関する意見のすれ違いから殴り合いの喧嘩になったことがわかります(だから全員顔にアザがあったのね^^;) それに彼のベースが細工されていたことから、ツアースタッフを含めた身内による犯行ではないかってことに……。

 ジェイが感電するシーンは笑っちゃった。絶対楽しんでやってるだろーー!って感じ。やっぱりこういうキャラはジェイの役目なんだ!(^Д^)
 病院に運ばれたジェイは隣のベッド(指を切断した男の子)の様子をそ〜っと覗いたり、様子を見に来たキャサリンの美しさにうっとりしたり…「手を見せて」と言われて「仰せのままに」って感じでしたよ(笑) 感電のショックで一時的に記憶を無くしてしまってメンバーの顔を見てもわからず(こういう韓ドラなみのベタベタ部分もジェイなら許せる)そのうえ「カントリーミュージックは嫌いだ」とか言うし!\(;゚∇゚)/
 翌日元気になって復帰すると「病院で新しい曲を作ったよ」と言ってラップを披露し会場はドン引き(爆) でもそんなアナタが好き。(*^ω^*)ノ
 ちなみにこのエピで披露されている曲は"Unstoppable"。エピソードのタイトルがこの曲をもとにつけられたのがわかりますね〜^^

 WOWOWではこの春からシーズン9が放送開始ってことで、日本でこのエピソードが見れるのは早くても来年になるでしょうね。それまでにせっせとRascal Flattsの宣伝活動に励まなくては!
 しかしローレンス・フィッシュバーンはかっこいいけど、サラと並ぶと見事にすきっ歯コンビなんだよね(笑)
 日本でお目にかかれる日が今から楽しみです♪

海外ドラマランキング
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

iPod nano 買った♪

 パソコンがMacでiTunes標準搭載なのにiPod持ってないんじゃつまんないな〜^^;ってずっと思ってたんですが、nanoも5世代目になってずいぶんとお手頃価格になったのでついに購入しました♪
 さすが科学と芸術の融合が基本精神のApple、こんな素敵な棺桶に入ってましたよ(笑)

Dscf2097

 Appleストア限定の赤も可愛かったしグリーンもいいなあって思ったけど、ここは無難にブルーをチョイス。Mac風の水色かと思いきや光沢のあるロイヤルブルーで、ニューヨーク・ジャイアンツのヘルメットにそっくりだ!と喜んでました。やっぱりブルーにして正解だった♪^^

↓さっそくカバーを付けておしゃれに変身♪

Dscf2101_2

 Appleストアで購入すると無料で名前やメッセージを刻印してもらえるんだけど、模様入りのカバーを付けたらその意味が無いので刻印はしませんでした^^;

 しかし使い方がチンプンカンプン。パソコンから曲を移すのは簡単だけど、それ以外の設定とかがさっぱりわからず…^^; 仕方なくユーザーガイドをダウンロードして何とかやり方はわかったけど、クリックホイールとかいうのは慣れるまで時間がかかりそう。フランス語の学習にも使いたいのでファイル別に管理できたらいいなと思うけど、そういうのもできるのかな? 他にはFMラジオを聴けたり動画の撮影もできるそうです。おまけに歩数計機能付き(笑)
 しばらくは試行錯誤が続きそうですが、とりあえずは楽しみが増えました♪

 まず最初に聴いた曲はもちろん「Life on Mars」です(笑)

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村

こいつらと私に合うイヤホン

Rascal Flattsも好きだけど、こういうベテランのかっこよさっていうのは別格だなぁ!

Brooks & Dunn - Hillbilly Deluxe
(イヤホン使用がおすすめ。音量注意)

 低音がたまらん! ベースのお姉ちゃんカッコ良すぎ! ワンコのアングルも良い!(笑)
 しかしアメリカの田舎もんってバカですね(そこも好きだけど。笑) おまけにドクロのシフトノブ、うちの弟のと同じだし………。
 バカ姉弟ですいません(爆)

 ところで、今さらながらiPod(5世代nano)買おうと思ってます。悪評高い付属イヤホンはハナから使うつもりが無いので別のを購入予定ですが、おすすめのイヤホンがあったらどなたか教えてくださると嬉しいです。
 半年前に近所の量販店でソニー製のイヤホン(これ)を買ったんですが、どうもピンとこなくって。(iTunesのイコライザはアコースティックに設定してます) 低音は主張してるもののバスドラムやベースの音はブヮ〜ンってぼやけてるし。でもギターの音はめちゃくちゃ綺麗に出ます。レンジも広いです。ただドンシャリ系のイヤホンにありがちな、中音域が引っ込んでしまう(特に女性ヴォーカルが籠って聞こえる)という点がちょっと問題です。メロディが命のカントリーミュージックにおいて、メインヴォーカルよりもバックコーラスの方がクリアに聞こえるというのはどうしたものかと^^; 何よりピアノやフィドルの音に艶がないのは致命的。Rascal Flattsでいえば、思いっきりロックな「Life is a Highway」を聞くのには適してるけど、「Prayin' for Daylight」「What Hurts The Most」を聴くイヤホンじゃないんですよね。ましてやマルティナ・マクブライドなんてせっかくの魅力が半減してしまいます。
 もっとも3日くらい流しっぱなしにしてみたら気になっていた点もだいぶ改善されましたが(耳が慣れただけか?)それでも中音だけはいまいち遠慮がちっていうか、上下から押されてストレス溜めてる中間管理職って感じ(←変なたとえですいません^^;)
 何より一番の問題は、素材が軽すぎるせいかタッチノイズがひどく、髪が長い私なんかはコードを耳に引っ掛けてもガサガサしまくること! 家でパソコン使いながら聴く分にはまだしも、歩きながら聴いたら悲劇です(泣)

 というわけなので、しっくりくるイヤホンを探しています。希望としては、まず購入価格が5000円以下。3万とかは論外です、だったら今ので我慢します(笑) 電車通勤じゃないから音漏れはあまり気にしない、むしろ遮音性が高くない方が車の音とかに気付けるので徒歩通勤の私には安全です(笑) つまりカナルタイプよりオープンエアー。音質は低音と中音くっきり、高音はシャリシャリ割れないこと。歯切れの良い重みとクリアでほどよくフラット。それと全部の音が混ざってブワ〜〜とまだらになってるより、束ねた糸を広げたように音のひとつひとつがしっかりわかるものがいいな(解像度というのか?) というわけで現在考え中なのはこれ。5000円超えてるけど…^^;
 しょせんはイヤホンだしiPod再生だから、音源を忠実に再現するような超高音質はもちろん求めません^^; でも自分の好みに近い音で聴けるのって重要ですよね。近くの量販店では種類こそめちゃくちゃたくさん扱ってるものの、ヘッドフォンや2万円以上とかの高級イヤホンしか試聴できないので(泣) みなさんからの情報が頼りです(←結局他人頼み^^;)

ついでだからこれも貼っちゃおうっと♪

ジェイのキャラ最高。全部ガター( ̄▽ ̄)
Chely Wrightあたりが歌っても似合いそうだな〜^^

にほんブログ村 音楽ブログ カントリーミュージックへ
にほんブログ村

スーパーボウルとナショナル・アンセム

 もうこんな時期ですねぇ(←NYGが急降下したのでもはや他人事) 現在、日テレG+でMIN-NYG見てますが、負けています…(T T) あー金曜の朝には全米カレッジ・チャンピオンシップもあるから忘れないようにしなくちゃ(汗)

 さてさて、スーパーボウル公式サイトで「Top 10 Super Bowl Games All Time」という特集やってました。
 私がフットボールにハマるきっかけとなった第34回スーパーボウル(ラムvsテネシー)が4位! あのゲームは本当に面白かった……テネシーは負傷者続出の中マクネア&ジョージが頑張ったんだよねぇ。翌日の新聞の「最も長い1ヤード」って言葉は本当にそのままでした。
 そして私が本気で泣いたNYG-NE戦が3位! そうだよね〜〜〜〜あそこでTD決めるなんて思わなかったもん(TvT) 私の中ではもちろん1位です♪
 それにしてもペイトン兄ちゃんは本当にいい選手だなぁ。AFCは今年はコルツかな…(アウェイ全勝は素晴らしい) イーライも頑張れ!

 ところで今年(第44回)のハーフタイムショーにはThe Whoが登場するそうです。スタジアムがマイアミだし、披露されるのはひょっとして………(笑)
 それと前夜祭イベントにはドラマでお馴染みの俳優さんたちも出席したりするので(去年はドノヴァンさんやメローニさんがいた!)今年も楽しみです^^
 ナショナル・アンセムは誰なのかな?(調べたけどわからなかった^^;) ここ数年はアメリカン・アイドル出身者が歌うのがお約束になってきてるけど、 正直やめていただきい……ジョーダン・スパークスもジェニファー・ハドソンも全然良くなかったし、キャリー・アンダーウッドなんか完全に音外れてたもん(苦笑) でもシーズン8のメンバーは仲が良くて好きだったから、ファイナリストが全員揃って登場だったら大歓迎です^^
 ビヨンセは声震わせすぎて森進一のモノマネかよって突っ込みたくなった(爆)
 もちろん今までで一番良かったのは言うまでもなくディクシー・チックスだけどね〜。あの青空に吸い込まれていくようなハーモニーが素晴らしい! 世間一般ではホイットニー・ヒューストンが最高だったと言われてるけど、私は絶対こっち。完成されたメロディーはシンプルに歌い上げるのが一番♪

 マクナブやチャッキー(チャッキー人形に似ているからチャッキー)も聞き惚れてますよ(爆)
 ちなみに一番「アメリカだぜーーー!!!!!」って感じ(いかにもWASPくさい)がしたのはフェイス・ヒルだなぁ。当時はカントリーにもハマりだした時期だったので、彼女の登場は結構嬉しかった記憶があります。

 今年も今のうちに仕事休みを入れておかなくちゃ(汗)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Dixie Chicks "SHUT UP & SING"

 世界中の映画祭で絶賛されたドキュメンタリー。今年になって日本版DVDが発売されました。

 2003年、第37回スーパーボウルでナショナル・アンセムを歌ったディクシー・チックス。その直後に始まったワールドツアーの最初の地ロンドンでのライブ中、ヒット曲の"Travelin' Soldier"を歌った後にボーカルのナタリーが「合衆国大統領が(自分たちと同じ)テキサス出身であることが恥ずかしい」と冗談まじりで発した言葉が、のちに大きな騒動を引き起こしてしまう。
 イラクが大量破壊兵器を隠しているとしてアメリカがイラク侵攻を開始しようとしている中、大規模な反戦デモが行われたロンドンでは彼女の言葉は喝采されたが、9.11テロへの報復以降ブッシュ大統領が高い支持率を保っているアメリカではまったく違った。彼女の発言のニュースはあっという間に全米各地に広がり、ラジオ局はリスナーからの苦情と脅迫が相次いだためディクシー・チックスの曲の放送を事実上禁止。彼女たちのCDを捨てるゴミ箱が設置され、集めたCDは重機で粉々に踏み潰される。さらにテキサスでの公演では殺人の脅迫状が届くまでに事態は悪化。“過去8年間に北米で最も売れたグループ”だったディクシー・チックスは、ファンの9割がガチガチの保守派といわれるカントリーミュージック界で“非国民”のレッテルを貼られ、不買運動もあってCDの売り上げは一気に低下してしまう。マネージャーやツアーのスポンサーはこの事態をどう収拾をつけるか話し合い、メンバーは「自分たちを閉め出したラジオ局とはもう関わりたくない。でもロックへの転向もしない」と毅然とした態度で困難に立ち向かっていく。
 そして3年後、イラクに大量破壊兵器はそもそも存在せず、あの戦争は間違いだったのかもとアメリカ国民がようやく気付きはじめた頃(気付くの遅すぎなんだよね)、ディクシー・チックスは新たな曲を世に送り出す。ブッシュ大統領の支持率が著しく低下する中、「ディクシー・チックスは正しかった」と皆が口を揃え、彼女たちのアルバムはチャート1位に輝く。しかしアルバムの売り上げとは逆にツアーチケットの売り上げは伸び悩んだ。売り上げ配分を気にかけたレコード会社は今までの歩合制から定額制の契約への切り替えを提案するが、それでも彼女たちは自分たちの信念を貫くことを選ぶのだった。
 騒動の前のようには戻れない、だけど自分たちは最高の経験をして成長した。こうして生まれた曲が"Not Ready To Make Nice"であり"The Long Way Around"だと思うと本当に感慨深い。彼女たちを見捨てたファンもいれば、ずっと支持し続けるファン、そして新たなファンも獲得し、ディクシー・チックスは新たなスタートを切る。そしてその年のグラミー賞で5部門制覇という快挙を成し遂げたのだった。
 集団ヒステリーともいえる一連の騒動を見ていると、愛国心の名のもとに言論を封じようとするアメリカは全然自由の国なんかじゃないというのが見えてくる。彼女たちに投げかけられた「黙って歌ってろ(Shut up and sing!)」という言葉がその象徴だ。
 ナタリーが何気なく発した言葉が原因だったとはいえ、それを一切責めず、共に立ち向かっていくメンバーの絆に心を打たれる。そして騒動の発端の地であるロンドンで再び公演を行った時のナタリーの言葉には実に感動。ERで戦地ボランティアをした医師たちが「いい人はみんなディクシー・チックスを聴いてる」と言ったのも、アカデミー賞の授賞式でマイケル・ムーアが「ローマ法王とディクシー・チックスに見捨てられたお前は終わりだ!」とブッシュ大統領を批判したのも、このドキュメンタリーを見ればわかるはず。ぜひ多くの方に見ていただきたいおすすめの作品です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

The Guy from SVU!!!

 彼だよね彼だよねっっ!!(興奮気味)
 昨夜、大好きなマルティナ・マクブライドのミュージックビデオをハシゴしてて発見してしまった。

こんなところにステイブラーがっ!∑(=゚ω゚=;)

(ちなみに私、アメリカのディーヴァといえばマライアでもビヨンセでもなく絶対マルティナだと思ってます)
 彼女の曲はいろんな映画やドラマで(デス妻でも)使われるのでこういうPVもアリなわけですが、まさかこんなかわいい曲の中でステイブラーに遭遇するなんて夢にも思わなかった。しかも…結構似合うじゃん(爆!) そういえばこの映画にはDixie Chicksの曲も使われてたんじゃなかったっけ→コレ

 では、ステイブラー@"I Love You" じっくりご覧くださいまし。一瞬なのでくれぐれも気を抜かないように(笑)

♪The Bride♪ 司祭はGene Simmons

 昨日の記事でHeidi Newfieldの名前が出たついでに、彼女がソロになる前のTrick Pony時代のとっても楽しいミュージックビデオを紹介します♪
 新郎役はアメリカのドラマでお馴染みのJohn Schneider、相変わらず素敵♪ この人はOCのジュリーと幽霊夫婦やってた頃と全然変わってないです。とっても楽しい方なんですね〜〜若いです!
 そして司祭は超有名なあの人ですよっ! 怪しすぎ!(爆)
 約3分半のビデオ、お楽しみくださいまし♪

ジェシカ・シンプソンがカントリーデビュー♪

 ひと月ほど前からiTunesストアのカントリーページにJessica Simpsonの名があって、まさかあのジェシカ・シンプソンのことじゃないよね〜〜と思ったら、そうでした。まぎれもなく、某ニキビケア商品のCM「モーナヤマナイー」でお馴染みの彼女でした。あのアイドルがカントリーに進出するなんてびっくり! しかもシングルしか出してないので、気分転換ってゆーかちょっとお遊びでカントリー歌ってみたのかなと思いきや、9月にアルバムも出るそうな。先行シングル「Come On Over」は今週ついに私の大好きなHeidi Newfieldを抜いてカントリーチャートの23位まで浮上。どうやら本格的にカントリーデビューするようです。
Jessicaのオフィシャルサイトでフルバージョンを聴けます(自動再生なので音量注意)

 どうですかね? 彼女のファンとカントリーファンの両方から「ジェシカはやっぱりポップスの人」「カントリー界こそ彼女の居場所」など賛否両論ありますが(確かに詞の内容はなんのメッセージ性もないけど^^;)リズムでごまかすポップスよりもメロディーがすべてのカントリーの方が彼女に向いてると私は思います。デビュー当時はマライア・キャリーの二番煎じみたいな曲ばっかし歌ってて、だけど歌唱力はそれなりにあると思うので流行のポップスばかり歌うのは勿体ない気がしてたんだよね。もちろん大スターのMartina Mcbrideなんかとは比較するまでもありませんが(苦笑)Carolyn Dawn Johnsonみたいな軽めのカントリーポップ路線なら成功するんじゃないでしょうか。もともと名前は売れてるわけだし。アルバム出たら買っちゃうかも。^^;

デッドゾーンのサウンドトラックの中に…

 シーズン5ファイナルエピはまだ観ていないので、その前にこのドラマで使われた音楽のネタを。

 アメリカのiTunesストアでデッドゾーンのサウンドトラックアルバムがあったのでちょこっとチェックしてみたら、収録アーティストの名の中に“Lindsay Price”という名が……
 これってもしかしてあのリンジー・プライスじゃないよね???と思ったんだけど、まさにそうです、ビバヒルジャネットの彼女です。最近は「Pepper Dennis」に出ていたよね。
 ペッパーはNYに行って男から女に生まれ変わったアレクシスになっちゃいましたが(笑)ペッパーのスタイリストをしていた彼女は音楽の世界にも進出していたんですねー! しかもその曲がデッドゾーンの中で使われていたなんて本当にびっくり!

 というわけでさっそく彼女のミニアルバムを視聴してみました。ジャンルはポップスですが、ちょっとノスタルジックな感じっていうか、最近のフレンチポップスに近いかな。クレール・ケーム(ゾディアックのエステル)なんかがいかにも歌ってそうな曲です。
 それにしても彼女がこんな可愛らしくて素敵な声で歌うなんて意外でした。ああそうだ、声もクレール・ケームに似てるんだ! だから余計にフレンチポップスっぽく聞こえるのかも。
 一目惚れならぬ一聴き惚れで、普段はカントリーばっか聴いてる私がアルバム(5曲)をすぐさまダウンロードしてしまいました。もっともJessica Andrewsもデビューしたての頃はこんな感じの曲を歌っていたから、無理矢理カントリー風といえないこともないかも(笑)
 皆様も機会があったらぜひ聴いてみてくださいね♪

 余談ですがサウンドトラックの中にはジョニー・スミスことAnthony Michael Hallが歌う「Hallelujah」もあって、聴いてみたらなぜか笑ってしまった(ゴメンナサイ ^^;) 彼こそカントリー向きの声ですよッ。もっと歌え〜〜(笑)
 さらに余談ですがウォルト役のChris BrunoはVan Halenが好きなんだそーです。

参加してます

コミュニティ

メールはこちら


無料ブログはココログ