« December 2019 | Main | February 2020 »

January 2020

AJ and the Queen

 しばらく前からずっと「ル・ポールのドラァグ・レース」を観るのが楽しくて、全シーズン(11まで)視聴しオールスターズ編と楽屋編など見倒したところでちょうど配信が始まったドラマ「AJ & クイーン」。あのル・ポール・チャールズが主演ときたらそりゃ観ないわけにいかない!ということで、毎日少しずつ楽しんでみました。

 ルビー・レッドという名でニューヨークのドラァグ・クイーンとして活躍しているロバート。自分のクラブを持つという彼女の長年の夢がいよいよ実現することになったある日、共同経営をするはずだった恋人が彼女の全財産を奪って姿を消してしまう。
 失意の中、ロバートはダラスで開催されるドラァグ・クイーンの大会に出場するため8週間のツアーに出発する。ところが彼女のRV車には、以前同じアパートの上階から母親とともに立ち退きになった10歳の子供、AJが隠れて乗り込んでいた。薬物依存症の母ブリアナと引き離されて預けられた施設を抜け出したAJは、ロバートがダラスに向かうことを知り、テキサスに住む祖父元へ連れて行ってほしいと言う。AJの生意気な態度に手を焼きながらも、居場所もわからない母親のせいで悲しむよりも自分といる方がマシだと考えたロバートは、AJとテキサスまで行動を共にすることに。その旅の途中ショーのために立ち寄った各地で様々な人と出会い、二人はしだいに心を通わせていく。

 母親に何度も裏切られてきたAJがロバートと旅をする過程で、それでも人に愛情を持ち続ける気持ちや自分の心に素直になって生きていくことの大切さを学んでいく物語。そこにロバートの留守を預かるクイーン仲間で視力障害を持つルイスや、警察に通報されたことを逆恨みしてロバートを執拗に追いかけてくる元恋人ダミアンの話などを絡めて描かれています。
 このドラマは何と言っても、ドラァグ・レースに出演したクイーンたちが毎回ゲストで登場するのが一番の見どころ!
 初めのニューヨークのクラブではマニラやビアンカ・デル・リオにバンジー。他にもチャド・マイケルズ、ラトリスにモニーク・ハートなども登場し、最終話のダラスのコンテストにはトリニティをはじめ懐かしい顔ぶれが続々。留置場のシーンにちらっとアラスカもいなかった?(笑)しかもラトリスが演じるファベルジェが服役経験のあるクイーンって設定がラトリス自身と同じなんだよね。でもファベルジェは出所して更生したとと思いきやクラブの裏で偽ブランド品を作ってたけど(笑)
 いつもはクイーンたちのリップシンクを審査する立場にあるル・ポールが、ドラマでは毎回リップシンクを披露してくれるのも嬉しい。最後の最後にまさかの展開になったけど、心を入れ替えたと思ったブリアナがルイスのお金をこっそり持ち出してたし、これはどうやら続きがありそうな予感。

 こういう愛や人情をまっすぐに語るドラマって最近はあまりみなくなってきたよね。でも私がアメリカのドラマに一番求めてるのはまさにこういった作品。人間の暗く汚い部分や重い話を描いたドラマは確かに見応えがあるけど、偽善とかきれいごとと言われるようなことを皮肉を交えずに直球で伝えようとしてくるアメリカならではのドラマも私は大好きだし、そういう良さは失ってほしくないと思う。私がドラァグ・レースにハマったのは毒舌のやり取りの面白さもあるけど、やっぱル・ポールをはじめとしたクイーンたちの「自分らしく生きることで他人も愛せる」っていう部分に共感できたからだと思うんだよね。そしてこの「AJ & クイーン」は、ル・ポールがドラァグ・レースを通じて語ってきたことのまさに集大成のような気がする。だからこそ、是非ともドラァグ・レースを全シーズン視聴してから観ていただきたい作品です。
 とりあえず、その前にまずはドラァグ・レースのシーズン12を期待したいところです^^

| | Comments (0)

ドラキュラ伯爵

 BBCの「シャーロック」の製作陣によるNetflixオリジナルシリーズ。予告編を見て、ゴシックホラーってあまり好みじゃないからどうしようかなって思ったんだけど、全3話で一気見できそうな感じだったのでチャレンジしてみました。

 最初の舞台は19世紀末。トランシルヴァニアのドラキュラ伯爵の城から命からがら逃げ出したイギリスの弁護士ジョナサン・ハーカーが、身柄を保護してくれている修道院でオカルト研究をしているシスター・アガサに城での出来事を語り始める。
 イギリスへの移住を希望する伯爵の物件購入の手続きのために彼の城を訪れたジョナサンは、その滞在中、自分に助けを求めてくる者が城のどこかにいることに気付く。伯爵のいない日中にその人物の捜索を始めた彼は、迷宮のように複雑な造りの城の奥深くで、箱に詰められた「生きた死体」に遭遇する。

 ドラキュラ伯爵の城に到着した時点からゴシックホラーな雰囲気満載だし、おまけにゾンビまで出て来ちゃって「なんじゃこりゃ」だったんだけど(苦笑) そこでくじけずに見ていったら、ジョナサンを追って修道院に現れた伯爵がアガサと絡むあたりから面白くなってきました。
 2話目は伯爵が乗ったイギリス行きの船デメテル号で乗組員や乗客が次々と殺されていき、伯爵がイギリスで殺戮を繰り返すのを阻止するためにアガサが立ち向かう話。
 そして3話目は、海底に沈んだデメテル号の近くから発見された伯爵が現代に復活。イギリスの研究機関”ジョナサン・ハーカー財団”の科学者ゾーイに捕らえられ施設に監禁されるが、「人権」を理由に自由の身となり、今を生きることを楽しむ若い女性ルーシーと出会う。

 独特のわちゃわちゃした映像作りを見ると「シャーロック」の製作陣による作品っていうのがすぐわかる。そして多分、ドラキュラが現代に蘇ってテクノロジーに触れる3話目こそ製作陣がもっとも描きたかった部分で、1話と2話はそのために必要な前置きだったんだろうなって感じがしました。出会い系アプリでエサ探してメールでドラキュラの絵文字使う伯爵の姿を描いてみたかったんだろうね(笑)

以下ネタバレを含む感想です。

Continue reading "ドラキュラ伯爵"

| | Comments (0)

« December 2019 | Main | February 2020 »