« 刑事モース Case17 「不吉な収穫祭」 | Main | Happy Valley - series 1 »

January 22, 2018

ウェイステッド(WASTED)

 どうやらショーン・ビーンが出ているらしい…ということで観てみたイギリスのコメディ。huluで配信されています。

 ネストンベリーという小さな町でSFファンタジーショップを経営しているモーフィアスと妹のサラ、友人アリソン、ケントの4人は学生時代からの仲間。25才のモーフィアスは15才の時フランス留学中に童貞を捨てたと言い張っているが、みんなそれが嘘だとわかっている。サラはインドに行くために貯金しているというが有言不実行、モーフィアスが想いを寄せるアリソンはヤクの売人クリスと付き合っていて、ブリストルでDJをしていたケントは地元に戻ってかつて働いていた野鳥園に再就職しようとする。かれらはマリファナを吸い大酒を飲んで酔っぱらい、20代の毎日を実に無駄に過ごしていた。
 ある日、アリソンの気を引くためにタトゥーを入れていたモーフィアスはあまりの痛みに気を失い、夢の中に「ゲーム・オブ・スローンズ」のネッドの衣装を着たショーン・ビーンが現れる。モーフィアスの守護霊だと言う彼は、アリソンが好きならもっと自信を持って強気に行けと説教をしてくる。
 それからというもの、モーフィアスは頻繁にショーン・ビーンの幻覚を見るようになる。彼の助言に導かれ、時には反発しつつ、モーフィアスはアリソンと恋人になるための努力を続けるのだった…

なんというシュールなコメディ( ̄▽ ̄;)

 えーとですね、なんでモーフの守護霊がショーン・ビーンなのかというと、ゲーム・オブ・スローンズの大ファンのモーフの潜在意識が守護霊をショーン・ビーンの姿に見せている、ということらしいです( ̄▽ ̄;)
 でもそのわりに「出演作を参考にしろ」とか言ってるし(←ここで炎の英雄シャープが出てくるのがちょっと嬉しいw) モーフも守護霊様のことを普通にショーンって呼んでるしさ。というか、それ以前になんでこんなアホなコメディにショーン・ビーンが出てんの?ってストーリーとか演出以前にそれ自体がシュールすぎる。しかも毎エピソードに出てくるんだよ!w
 でもさ、世界的に有名な俳優さんになっても、こういう意味不明なコメディにも顔出してくれるっていうのは、イギリスドラマのファンとしてはやっぱ嬉しいよね^^

 それにしても毎回のエピソードが本当にぶっ飛びすぎてて、ここまでやるのはアメリカには無いよなぁ、さすがレッドドワーフやミスター・ビーン(←ショーン・ビーンではないw)を世に送り出した国だわ〜と、変に感心してしまったりして。
 ただし、本当にえげつないし汚かったりもするし、キャラクターにはほぼ感情移入できないし(笑) ダメな人はダメな作品かもしれないです(^-^; 私は好きですけどね(笑)

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

|

« 刑事モース Case17 「不吉な収穫祭」 | Main | Happy Valley - series 1 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91761/66311295

Listed below are links to weblogs that reference ウェイステッド(WASTED):

« 刑事モース Case17 「不吉な収穫祭」 | Main | Happy Valley - series 1 »