« 刑事モースCase16 「呪われたベッド」 | Main | ウェイステッド(WASTED) »

January 20, 2018

刑事モース Case17 「不吉な収穫祭」

 ブラムフォード・ミアの考古学発掘現場で遺体が発見された。現場が5年前に行方不明になった植物学者ラックスマンが最後に目撃された場所とほど近かったことから、見つかった遺体は彼のものかと思われたが、遺体は約2000年前の古代のものだった。しかし発掘現場の隅からラックスマンのものとみられる眼鏡が見つかり、当時事件を担当した州警察の捜査が杜撰だったことから、サーズデイとモースは彼の行方不明事件をもう一度洗い直すことにする。
 ラックスマンの妻アリソンによると、夫は酒を飲むと人が変わり結婚生活もあまりうまくいってなかったという。彼がブラムフォードへ向かった理由はわからないが、彼と親しかった科学者のバグリー教授によれば、おそらく仕事かなにかだろうということだった。また当時ラックスマンを最後に目撃したヒッチハイカーのウォレンも、車に乗せてもらったとき彼は女と喧嘩をしたといってひどく機嫌が悪かったと話す。
 モースはラックスマンが向かったというブラムフォード・ビレッジに向かうが、秋分を祝う祭の準備に追われる村人たちはどこか様子が奇妙で、彼の捜査に非協力的だった。そんな中、村の医師バージャの妹セリーナが、当時バスで村に帰る途中で道から牧草地に落ちている車を見たと言う。

 当時の州警察の捜査資料を読み直したモースは、ラックスマンが原発の近くで消息を絶ったにもかかわらず、州警察が発電所に聞き込みに行っていなかったことに気付く。しかし発電所はアポがないと入れられないと入口で追い返され、捜査のためにアポを取ろうとするも役所の電話を何時間もたらい回しにされる。やむなくモースは、新たに稼働される原子炉の取材に行くという記者のフラジルにカメラマンのふりをして同行することにする。
 フィルム式の線量計バッジを付けられ内部に入ると、対応した原発の管理部長ブレイクはモースが刑事だと知っても拒否する様子はなく捜査に協力的で、訪問者の記録の閲覧も快く承諾してくれた。その帰り道、モースは牧草地の上に立つかかしが着ているジャケットが州警察の資料写真にあったラックスマンのものであることに気付く。ブレイクはラックスマンが発電所に来たことはないと言っていたが、そのジャケットには線量計バッジが付けられていて、大量の放射線を浴びていたことがわかった。
 牧草地の所有者サドラーの納屋を調べると、ラックスマンの車が隠されていた。彼は壊れていた車を見つけて部品を売るために納屋に運んだと言い、かかしのジャケットは森に住む占い師チャトックスの孫セスからもらったものだと話す。

 一方、モースの自宅が何者かに荒らされる。指紋を採るために鑑識が回収した彼の私物の中にジョアンにそっくりなモンタージュ写真があることに気付いた警部補は、裏に書かれていた住所を訪ね、ジョアンが既婚者の男性と付き合っていることを知る。

以下ネタバレ&感想

警視正、復帰おめでとうございます!(*゚▽゚)ノ

 事件はてっきり発電所絡みの殺人かと思いきや、思いがけない結末。さすが一筋縄ではいかない脚本はこのドラマならでは。閉鎖的な村では小さな噂が命取り。そしていくら虫の居所が悪いとはいえ、親切にしてくれた人に対して失礼な態度をとってはいけないということですね。

 さて、ケルト文化の春分と秋分のお祭りといえば、以前「バーナビー警部」にも出てきたよね、巨大な藁人形燃やして日の出に祈るやつ。そして田舎と奇妙な村人という設定もミッドサマーではお約束でしたが(笑) 今回も教会の入口のドアにドルイドの人形が飾られてたりして奇妙な雰囲気が漂っていました。つっても、日本だって仏壇がある家でクリスマスツリー飾ったりするのだし(笑)それと同じような「お祭り」的な意味合いなのかな。
 占い師チャトックスの先祖の女性は魔女として処刑されたそうですが、古代ケルトでは医者というのは女性の職業で、キリスト教が異教徒(ドルイド教)を排除するためにその医師を「魔女」として弾圧したのが魔女狩りの始まりだということを先日たまたま知ったので、今回の話は個人的になかなか興味深い点が多かったです。

 ジョアンに家に帰るよう無理強いしない警部補だけど、付き合ってる男がカスだと知ると彼をボッコボコに(゚ー゚; ジョアンは自分とパパの人生は違うと言うけれど、パパにとってはどんなに反抗的なことを言っても大事な娘だもんね。ラックスマンの遺体が見つかってもいないのに捜査をすることにしたのも、行方も生死もわからないままという状況がジョアンと重なったからなのかも。
 ジョアンが家に電話して、無事がわかったお母さんもひと安心だったのに、モースを訪ねてきた彼女の顔には暴力を受けたとみられるアザが…そしてモース君はつい同情で結婚を申し込んでしまうわけですが、これにはさすがにジョアンもこちらも

………………(゚Д゚ )ハァ?

完全に同情が横滑りするタイプのモース君、困ったものです(゚ー゚;

 事件を解決したサーズデイ警部補は女王からジョージ・メダルを授与されることに。バッキンガム宮殿の前で完全にお上りさん状態ではしゃいでる姿がかわいかった(笑)
 ちなみにフロスト警部が持ってるジョージ・クロスの方が授与基準が上だそうで、フロスト警部ってああ見えて実はすごい人。言動見てると女王陛下がギャグで授与したんじゃないかって思っちゃうけど(笑)
 そしてこんな状況の中、モース君はロンドンからの昇進のオファーを受けるのでしょうか?…いやたぶん受けないよねモース君のことだし^^;
 警視正の「今までずっと他人のためにやってきたのだから、そろそろ自分のために動くべき」という言葉は、モース君のかわりに私が受け取っておきます!(笑)

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

|

« 刑事モースCase16 「呪われたベッド」 | Main | ウェイステッド(WASTED) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 刑事モース Case17 「不吉な収穫祭」:

« 刑事モースCase16 「呪われたベッド」 | Main | ウェイステッド(WASTED) »