« The Crown #1,#2 | Main | The Crown #4 「神の御業」 »

May 11, 2017

The Crown #3 「ウィンザー家」

 ジョージ6世の葬儀のため、彼の兄であり元国王でもあったウィンザー公爵がイギリスに帰国する。彼は3度の離婚歴を持つ女性との結婚を反対されたため国王の座を退位し、王家に追い出される形で外国での暮らしを続けていた。

 マウントバッテン卿が自宅での夕食会の席で「マウントバッテンの名を冠した王家が誕生する」と言って祝杯をあげたことを知った太王太后メアリーは激怒。王家の名はウィンザーだと定められているため、内閣にエリザベスを説得するよう申し付けるが、エリザベスは夫の姓を名乗りバッキンガム宮殿ではなくクラレンス・ハウスに住み続けると頑に主張する。
 チャーチルはなむなくエリザベスの伯父であるウィンザー公に、年金の継続を条件に説得を依頼。彼の助言によってエリザベスはバッキンガム宮殿に居を移す決意をする。
 エリザベスはウィンザー公に「シャーリー・テンプル」ってあだなを付けられていたことに少々おかんむりの様子(笑) だけど父亡き今、君主としての経験のある伯父の助言は非常に貴重なもの。ただフィリップはやはり、妻が自分の姓を名乗らないことがどうしても不満。だけど女王の決断には従わざるを得ないわけで…^^;

 宮廷の嫌われ者で母親からもないがしろにされているウィンザー公。チャーチルは今まで彼の味方をしてきたけれど、それはあくまで国民がそう望んだからであって、実際は結構迷惑してる(苦笑) 愛する女性のために王位を捨てるというのは庶民からしてみれば美談のようだけど、実際は周囲に多大な迷惑をかける行為。
そんなワガママは夢と魔法の国でしか通用しないのです。

 エリザベスの妹マーガレット王女はピーター・タウンゼントの妻が家を出て行き離婚する運びになることを知ってホクホク。暇を持て余してるフィリップは航空術を学ぶとか言い出すし、16ヶ月後の戴冠式を迎えるまでにまだまだ女王の悩みは山積みのようです。

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

|

« The Crown #1,#2 | Main | The Crown #4 「神の御業」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91761/65265374

Listed below are links to weblogs that reference The Crown #3 「ウィンザー家」:

« The Crown #1,#2 | Main | The Crown #4 「神の御業」 »