無料ブログはココログ

« March 2017 | Main

April 17, 2017

MARCELLA(女刑事マーチェラ) 5話〜最終話

 ピーターを逮捕したマーチェラは、取調べで自身のつらい過去と対峙することになる。彼が妻を殺した理由は、妻が自分を捨てようとした怒りから。「お前はもう必要ないと拒絶され、捨てられた経験があるか?」とピーターはマーチェラに言う。
 一方で一連の事件に新たな犠牲者が出て、幼い少女までもが事件に巻き込まれる。連れ去られた少女メイに幼くして死んだ自分の娘エリザベスの姿を重ねたマーチェラは、必死で犯人の足取りを追っていく。残された証拠から警察はある人物を容疑者として拘束するが、取調べをしたマーチェラは彼が犯人だとは思えなかった。
 グレースの母親シルヴィーから会社を解雇されたジェイソンは、復職のためにある人物を雇うことにするが、そのことを知った人物から脅迫されるようになる。

 簡単な感想から先に。
 最終話に来て展開が二転三転、結末がまったく予想できず、どうやってマーチェラが真犯人を追い込んでいくのかハラハラしながら観ていました。結果的には、マーチェラの上司ローラが元同僚でマーチェラの刑事としての優秀さを知っていたおかげで解決にこぎ着けることができたのかもしれません。マーチェラひとりの力ではいろんなルールや時間的制約を曲げることはできないわけだしね。
 人から拒絶されるということは人間の心をこんなにも歪ませてしまう、それがこの作品のテーマであるように感じました。

↓以下ネタバレを含むため、これから視聴予定の方はご注意ください↓

Continue reading "MARCELLA(女刑事マーチェラ) 5話〜最終話" »

April 14, 2017

MARCELLA(女刑事マーチェラ) 1〜4話

 イギリスでの放映時のレビューを読んでとても観たいと思っていたドラマ「MARCELLA」がNetflixに登場し、ワクワクしながら視聴開始しました。全8話のうち4話までの感想です。



 夫のジェイソンからディナーの席で突然別れを告げられたマーチェラ。ある日、彼女が2005年に担当した連続殺人と同じ手口の事件が発生し、休職中だったマーチェラは捜査協力のため警察に復職することになる。
 犯人は被害者を結束バンドで後ろ手に縛って顔にビニール袋を被せて窒息死させ、現場から被害者の持ち物を記念品として持ち去っていた。警察は2005年の事件の被害者の元恋人で今回の事件の被害者の上司でもあるクライヴ・ボーンを容疑者とするが、マーチェラは2005年に第一容疑者として取り調べたピーター・カレンを調べるべきだと主張する。
 ピーターは妻を殺して服役中だったが、開放型の刑務所に服役しているため週に何度か街のベーカリーで働いていた。しかし彼と時折面会をしている犯罪心理学専攻の大学生マディは、面会の時はいつも監視役のベーカリーの店主が一緒で、ピーターが1人で来ることはなかったと言う。



 マーチェラは極度のストレスによって一時的に記憶が飛ぶという症状に見舞われていた。ジェイソンの浮気相手が同じ建設会社の役員グレースだと知り、直接話すべく彼女の家を訪ねるが、気付いた時には身体中が泥と血にまみれた状態で自宅のバスルームにいた…。
 翌日、グレースの捜索願いが出されたことを知ったマーチェラは、わずかな記憶を頼りに車を走らせ、行きついたハムステッド・ヒースで一連の事件と同じ手口で殺されたグレースの遺体を発見する。
 彼女の家で何があったのか。自分が彼女を殺したのか? グレースの自宅近くの監視カメラに自分の姿が映っていることに気付いたマーチェラは、自分に容疑がかからないよう工作しつつ、事件の解決と真相の解明のために奔走していく。



以下、感想&ネタバレあり

Continue reading "MARCELLA(女刑事マーチェラ) 1〜4話" »

« March 2017 | Main

参加してます

Twitterはこちら

コミュニティ

メールはこちら