« November 2016 | Main | January 2017 »

リッパー・ストリート S4-#4

 食肉解体場の冷蔵貯蔵庫で逆さ吊りにされ血液を抜かれた男性の死体が見つかる。彼の首と腕には何かの器具で刺された痕があった。近くの市場の路地では同じように首と腕に痕があり大量に出血した女性が死んでいるのが発見された。男性の身元が絞首刑に処された死刑囚モンクスだとわかるが、死刑囚の遺体が搬送されるロンドン病院に彼の記録が無かったことから、ジャクソンはニューゲート刑務所の医師プロビンの事件への関与を疑う。
 女性の身元を確認するためポーランド系移民が働く縫製工場へ向かったドレイクとサッチャーは、そこで死んだ女性と同じ傷が腕にあるマグダレナという女を見つけ、彼女が何らかの事情を知っているとみて署に連行する。死んだ女性はアグニエシュカという名前で、マグダレナの母の友人の娘だった。マグダレナは自分の元を訪ねてきたアグニエシュカに仕事を紹介したが、その後消息を絶ったと話す。
 検死の結果、アグニエシュカは失血死ではなく、他人の血液が血管内に入ったことによる多臓器不全が死因だったことがわかる。犯人は彼らの血液で何かの実験をしているのではないか。

以下ネタバレ感想

Continue reading "リッパー・ストリート S4-#4" »

リッパー・ストリート S4-#3

 貧困家庭の実態調査をすることになったマチルダは、ある住宅で死に瀕した少年トミーを発見する。衰弱し白癬に感染していたトミーは間もなく息を引き取り、リードは彼の身内に連絡するため救貧院へ赴く。救貧院の院長ワイルドによれば、トミーは1週間前に脱走していたらしい。規律正しく衛生面にも気を配られている様子だったが、なぜトミーはあんなにも衰弱し逃げ出したのか。
 ほどなくして、トミーの母親を名乗る女性がH管区署に現れるが、彼女は忘れ物を残してすぐに姿を消してしまう。彼女がクラブで歌っているリーダ・スターリングだとわかり、リードは彼女を連れてふたたび貧窮院へ出向く。しかしリーダは自分の子と他の子の区別もつかない状態で、彼女には精神疾患があり週に何度もここへ来ては騒動を起こしているとワイルドは言う。リードは彼女をジャクソンに診せると、彼女は梅毒の第3期で記憶障害などの症状があるという。
 同じ頃、街で暴動を起こし救世軍の大尉を殺した罪でレッドスキンという青年が逮捕される。彼もまた救貧院にいた過去があり、トミーの脱走の理由が腑に落ちないリードはレッドスキンから救貧院の実態を聞き出そうとする。

以下ネタバレ感想

Continue reading "リッパー・ストリート S4-#3" »

The Bletchley Circle S2-1「血塗られた手」

 シリーズ2第1部(エピソード1&2)

 かつて政府暗号学校(ブレッチリー)で働いていたアリス・メレンが、科学者のリチャーズを殺害したとして逮捕された。アリスはリチャーズと不倫関係にあったとされ、凶器の銃から彼女の指紋が検出されたことから検察は痴情のもつれによる犯行として彼女を起訴したが、取調べで黙秘を続けていたアリスは面会に来たジーンだけではなく弁護士に対しても口を閉ざしていた。ジーンはアリスが何かを隠しているのではと考え、自分たちで真相を究明しようとスーザンたちに提案する。今では警視庁で事務助手として働くようになったルーシーと、企業でドイツ語通訳の仕事をしているミリーは協力を快諾するが、子供の寄宿学校選びや外務省に転属になった夫の海外赴任の話など家庭内が慌ただしいスーザンはそれどころではなかった。そして何より前回の事件が大きなトラウマとなっている彼女には、子供たちの安全を最優先したいという気持ちが強かった。
 しかしスーザンは自宅を訪ねてきたジーンが置いていった捜査資料の中から花屋の領収書を発見。ミリーが花屋を訪ねると、リチャーズがエリザベスという若い女性に花を贈っていたことがわかる。リチャーズと不倫関係にあったのはアリスではなくエリザベスなのではないか? 留守中に彼女の部屋を捜索したジーンたちは、軍の重要書類と、ソールズベリで起きた化学物質運搬トラックの衝突事故に関する記事の切り抜きを発見する。その記事はリチャーズからエリザベス宛に送られてきたものだった。

以下ネタバレ&感想

Continue reading "The Bletchley Circle S2-1「血塗られた手」" »

The Bletchley Circle

 スーザン、ミリー、ルーシーの3人は、戦時中外務省の暗号学校で英国に貢献した仲間だった。
 戦後、結婚し二児の母親となっていたスーザンは、若い女性たちが誘拐され遺体で発見されるという連続殺人のニュースをラジオで聞き、一連の事件の中にパターンがあることに気付く。そしてそのパターンに基づいて、被害者はもう一人いてまだ見つかっていないだけだと確信する。彼女は官僚である夫の口利きで副警視監に会い、一連のパターンと未発見の被害者の場所が特定できることを話す。警察はその情報を元にスーザンが指摘した場所を捜索するが、事件に繋がるものは何も発見されなかった。
 それでも納得がいかないスーザンは、かつての仲間であるミリーとルーシー、そして上司だったジーンに連絡し、自分たちの能力を活かし事件解決のために協力しようと訴える。その時はスーザンの提案を話半分に聞いていた彼女たち。しかしその後新たな被害者が出たことで、罪の無い女性がこれ以上犠牲になってはいけないと、かつての人脈や能力を駆使して犯人探しを開始する。



以下ネタバレ&感想

Continue reading "The Bletchley Circle" »

« November 2016 | Main | January 2017 »

参加してます

コミュニティ

メールはこちら


無料ブログはココログ