無料ブログはココログ

« 秋の新作ミステリートライアル | Main | 新米刑事モースCase12 「森の怪物」 »

November 14, 2016

キャピタル 欲望の街

 その前に。
 イギリスドラマファンにとって「華麗なるペテン師たち」アルバート役でお馴染みだったロバート・ヴォーンさんが先日お亡くなりになりました。ご冥福をお祈りします。

 さて。AXNミステリーの新作「キャピタル 欲望の街」一挙放送を観ました。

以下ネタバレ(早)

 ストーリーの概要は前回の記事で書きましたが、1話目を観た時の予想通り、住民たちに届けられるハガキをもとにそれぞれが抱える問題が浮き彫りになっていくというドラマでした。こういうのって最近のイギリスドラマの脚本によく見られるよね。ただミステリーという点で言うと、WOWOWで放送された「埋もれる殺意」や「ブロードチャーチ」の方が事件の捜査がきちんと描かれていて明らかに面白かった。もっとも私が刑事ドラマが好きなせいもあるんですが。
 だからこそどうしても突っ込みたい点が出てきてしまいます。そもそもCCTVがあちこちにあるイギリス(しかも今回の舞台はロンドンの郊外という設定)において、なんで犯人の特定にあんなにも時間がかかったのか。科学捜査と刑事の足を駆使すればハガキを投函した場所の特定とかそのへんのCCTV調べたりしてすぐにわかりそうなものを、やっとわかったのは何ヶ月も後で、しかもテロ計画の容疑者と同じIPアドレス使ってたからとか……こんなのSpooksならハガキが届いてから数分で犯人突き止めますよ(;゚∇゚)
 もっとも犯人探しがメインのドラマではないので、こういう点は突っ込まずにいるのが正解なのかもしれません(笑) それにしても、家族や人間関係の描き方ももっと深みがあったらなぁ…と少し残念な気がします。
 期待していただけに厳し目の感想になってしまいました(^-^;

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

« 秋の新作ミステリートライアル | Main | 新米刑事モースCase12 「森の怪物」 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91761/64494090

Listed below are links to weblogs that reference キャピタル 欲望の街:

« 秋の新作ミステリートライアル | Main | 新米刑事モースCase12 「森の怪物」 »

参加してます

Twitterはこちら

コミュニティ

メールはこちら