« ブロードチャーチ〜殺意の町〜 | Main | 11月の視聴予定&リッパー・ストリートの感想をちょろっと »

October 07, 2014

ヒットラー(Hitler : The Rise of Evil)

 AXNミステリーで放送された「ヒットラー(Hitler : The Rise of Evil)」 番宣を観た時からローバート・カーライルのヒットラーなんて絶対見逃せないぞ!と楽しみにしておりました。ちなみにアメリカ製作ですがカーライル様なので一応イギリスドラマカテゴリにも振り分けました(笑)

 アドルフ・ヒットラーの幼少期の生い立ちから彼がドイツの政治を支配するまでを描いた作品。
 芸術家を志してウィーンに出てきたアドルフだったが、日々の糧を得るための仕事にありつくことができない。路上で生活する人々はユダヤ人が自分たちから仕事を奪っているせいだと口々に言い、アドルフもまたユダヤ人への憎しみを募らせていく。やがて戦争が始まり、ドイツ軍の兵士として前線で戦った彼は戦渦を生き抜き、上官からその功労を讃えられる。
 終戦後ミュンヘンに戻った彼は、社会が混乱する中で新たに結成された政党のひとつ、ドイツ労働者党への潜入を命じられる。小さな政党ではあったが、その主張にアドルフは共感し、やがて集会で演説をするようになる。説得力ある彼の演説はしだいに人々を引きつけ、ホールはいつしか彼の熱狂的な支持者で溢れるようになっていく。

 ドイツ政治の独裁者となったアドルフ。彼は圧倒的な演説力で人々を扇動するだけではなく、時代の変化も計算したやり方は実に狡猾。でも最初はユダヤ人だけを憎んでいた彼も、しだいに自分に背くものはすべて粛清という残虐な面があらわになり、支持してくれていた人々は一人また一人と彼の元を去って行く。
 史実を基にしたドラマなのでストーリーがどうのということよりも、やはりカーライル様の演技が圧巻というべきドラマでしょう。こういう役をやらせたらカーライル様の右に出るものはいませんね。ブチキレて口からお菓子のカスを飛ばし、演説の時はツバを飛ばし汗まみれ。まさにカーライル様の魅力全開です(爆)
 彼を支持する女性ヘレナを演じたジュリアナ・マルグリーズが美しかった。幼い娘を失った悲しみを紛らすために何かしたい、という気持ちが彼女をアドルフへの熱狂的な支持へと向かわせたのかもしれません。

海外ドラマランキング
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

|

« ブロードチャーチ〜殺意の町〜 | Main | 11月の視聴予定&リッパー・ストリートの感想をちょろっと »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91761/60439428

Listed below are links to weblogs that reference ヒットラー(Hitler : The Rise of Evil):

« ブロードチャーチ〜殺意の町〜 | Main | 11月の視聴予定&リッパー・ストリートの感想をちょろっと »