« Spooks(MI-5) S7-#6「和平交渉の闇」 | Main | ブログ休止のお知らせ »

August 09, 2011

Spooks(MI-5) S7-#8「核の恐怖」(シリーズ最終話)

 シュガーホース作戦と同様、ロシアもまた英国内に潜在スパイの強大な情報網を築いていた。ルーカスがモスクワから持ち帰ったマイクロフィルムに書かれていた“テイレシアス”作戦が午後3時に発動されることが判明し、内部に入り込んだスパイを警戒するハリーにロスはコニーを利用するよう提案。ロシアの乱数放送を聞いたコニーは、イギリス国内で旧KGBによる携帯式の核爆弾を使った攻撃が行われると言う。
 コニーは万一の時の保険としてロシア側の情報をロンドン・ブリッジ駅に隠していた。作戦の実行役を突き止めるため、ロスとルーカスはコニーを連れウォータールー駅から現在は使われていない地下鉄トンネルを使ってロンドン・ブリッジ駅に向かう。しかしコニーの口封じを目論むFSBの暗殺部隊が彼らの後を追っていた。
 イギリスにいるFSB情報員たちも実はテイレシアス作戦を知らないのではと気付いたハリーは、FSBのサルキシアンに面会し、核攻撃を止めようとしているコニーたちの暗殺を中止するよう申し入れる。サルキシアンは暗殺の中止を指示し、攻撃の実行役と場所も判明したが、市民を避難させる時間はない。コニーは爆弾を自分で解除するから持ってくるよう彼らに言う。

以下ネタバレ(未上陸分含む)&感想&言い訳

 このところプライベートで非常に忙しくしてまして、前回のエピソードも感想を書けませんでした。このエピも一週間遅れの記事となってしまいましたが、せめてシリーズ最終話くらいは書かなきゃと………(大汗)

 シリーズ7は爆発に始まり爆発に終わったという印象があります^^; そして今回もレギュラーがどんどん消えてしまいました。一番ショッキングだったのはやっぱりベンだな。ジョーがかわいそうすぎ(泣)
 自ら人質志願したハリー、案の定そのまま帰してはもらえず、FSBのサルキシアンにどこかへ連れて行かれてしまいました。実はこれがS8でルースが帰ってくることへとつながっていきます。
 このエピを見た後、どうしても我慢できずS8箱を開封して1話目を見たのですが、いろんな意味で涙涙……戻ってくる人がいれば、去る人も。やっぱりルースが絡むエピはいいなぁ。
 S7はどのへんが楽しめたかというと、S6のようなドロドロ恋愛がまったく絡まなかったところかも(苦笑) ロスとルーカスのコンビは本当にクールでかっこいい!

 さて最後に本国でこの秋にも放送となるS10情報。本国のファンの方の話では、ついにこれで終了となることがKudosから正式に発表されたそうです。ただS9の評判が芳しくなく、視聴者の興味はもはやハリーとルースが結婚するかどうかってことだけみたいです^^;
 そしてS10ではみんなが知ってるお馴染みの人が戻ってくるそうですよ。ファンの間ではゾーイが一話だけ戻ってくるのでは?という説が有力となってるみたいです。私はS8の1話目でグリッドを去るあの人じゃないかな〜と思ってるんだけど。
 いずれにしても幸せに大団円は期待できないドラマなので^^; せめて新たな犠牲者が出ないよう祈るばかりです。
 ではでは、シリーズ8の早い上陸を楽しみに待ちましょう♪

海外ドラマランキング
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

|

« Spooks(MI-5) S7-#6「和平交渉の闇」 | Main | ブログ休止のお知らせ »

Comments

始めまして、いつも更新するたびに世話になっております、safarifoxと申します。

実は今回、joanne様にアメリカドラマを自由に楽しめられる方法を提供させていただくためメッセージを送ることになりました。
 
データバンク(http://databanks.co.kr)というサイトですが、 最新のアメリカドラマを安価で〔日本語字幕付きで〕提供しています。韓国ではすべてというほど九割以上の人々が自分が好きな海外ドラマや映画をダウンロードしてiPod やパソコンでみています。

特別にjoanne様は会員登録後、event@databanks.co.kr までにブログのURLとデータバンクの会員IDを送ってくださればドラマ30話ををダウンロードいただける1000ポイントを差し上げます。

もしご利用いただいてから満足しましたらブログに紹介をお願いします。

また、ご質問等いらっしゃったらevent@databanks.co.krまでにご連絡お願いします。それではjoanne様の訪問お待ちします。

Posted by: safarifox | August 17, 2011 at 02:49 AM

えっ!ルースとハリーが結婚するんですか?ロスも大好き
ですがルースも寡黙で印象深い役柄が好きでした。
それとさっき気づいたのですが、ルース役の方、
捜査官クリーガンの相棒だったんですねっ!
びっくりしました~
それにしてもルースもロスもどちらもロブソングリーンの
相手役ですが、ひょとしてMI5には彼もからんでるんでしょうか?

Posted by: catdreaming | August 19, 2011 at 12:47 PM

どうも初めまして。Spooksで検索していてこちらに辿り着きました。S7が放送されていたんですね。リチャード・アーミテージがこのシーズンから登場するので見たかったです。S5でルースが去ってからというもの、ハリーがルースの事を思い出すシーンしか興味が持てなくなっていたんですが(笑)。S6E2でコニーから「まだ新しい結婚指輪してないわね?」と指摘されて「合うのが見つからなくてね。」とハリーが答えた時、思わす"ルーーーース!"と叫びました。本国のファン同様もはやハリーとルースの事しか気にしてない!
すいません。S10で終了になるのを知って以来かなり壊れてるのでご容赦ください。初めてなのにご無礼致しました。

Posted by: bs313 | August 23, 2011 at 08:53 PM

catdreamingさん、こんにちは。はじめまして。
コメントくださったのにお返事が遅くなってしまって大変申し訳ございませんでした(>_<)

本国ではルースとハリーが結婚してドラマを終えてほしいというファンの方が多いみたいですね。
そうそう、ルース役のニコラ・ウォーカーはクリーガンの相棒スーザンだったんです♪
ルースとロスもそうですが、アダムも「プリンスは大学生」でロブソンと共演してたんですよね。なんだか不思議な縁を感じます(笑)

Posted by: Ayano | August 26, 2011 at 03:09 PM

bs313さん、こんにちは。はじめまして。
コメントありがとうございます♪
Spooks仲間の方にお会いできて嬉しいです^^
リチャード・アーミテージ、かっこいいですよね。
私は男性キャラではザフが一番好きですが、ルーカスのクールな雰囲気もすごく好きになりました。
CRIMEでは10月からS8を放送してくれるそうで、いよいよルースが戻ってきますよ♪
本国ではSpooks終了決定のニュースはかなり話題になってて、新聞とかでも取り上げられてるみたいですね〜。
残念なことではありますが、放送局による打ち切りではなく製作会社側が決定したことだそうなので、きっとファンが納得できるフィナーレを用意してくれることでしょう。
復帰キャラのことなど情報が入ったらまたお知らせできればと思います^^

追伸です
bs313様のブログにお邪魔したのですが、画像認証がうまくできずコメント投稿できませんでした^^;
でも、めげずにまた時々寄らせていただきますね♪

Posted by: Ayano | August 26, 2011 at 03:17 PM

コメント投稿できなかったそうで、すみません。お手数おかけしました。Spooksのお仲間にはなかなか出会えないので懲りずにまた是非いらしてください。ブログの内容はかなり偏った不公平な内容かと思いますが(笑)。
Kudosの発表だとハリーとルースの関係がどういう形か分かりませんが決着が着いたので、ここで終わらせるのが一番だということみたいですね。私もそう思いますが、やはり寂しい。
ザフはセクションDで一番優しい男ですね。特に女性に対しては無条件に(笑)。好きなキャラというとコリンとマルコムのコンビ好きでした。コリンの好きな本が「銀河ヒッチハイクガイド」というのに大笑い。似合いすぎます。ジュリエットとテッサというハリーもたじろぐおばちゃん達も好きす。惚れたのは歴代の男前主役達のトムでもアダムでもルーカスでもなくハリー! 本国ではハリーの人気けっこうあるんですよね。日本にはまずいないと思いますが・・・。
S10で復帰するキャラはマルコム希望! マルコムがハリーとルースのキューピッドになると信じたい(笑)。

Posted by: bs313 | August 26, 2011 at 07:23 PM

bs313さん、こんばんは。
お返事が遅くなりましてすみません(土下座)
私もS10で復帰するのはマルコムじゃないかな〜って思ってます^^
コリンとのコンビ、私も好きでした。
日本ではやっぱりアダムが一番人気かもしれませんね。なんせ最初に放送されたのがS4からでしたし^^;
Spooksは(というかイギリスドラマ全般にいえることですが)女性の方が結構怖いキャラが多いですね。ジュリエットがその後どうしてるのか気になります。意外とS10復帰キャラは彼女だったりして?? テッサと揃って戻ってきたりしたら凄いことになりそうですね(笑)

ブログにコメントできず残念でしたが、最近ブラウザを更新したので、もしかしたらそのせいかもしれません(汗)
今度また別のブラウザでお邪魔してみようと思います〜^^

Posted by: Ayano | September 02, 2011 at 09:45 PM

S10でジュリエットが戻ってきたら三角関係で大揉めに揉めそうです。ルースとジュリエットはハリーの事で密かに火花散らしてましたし(笑)。そこにテッサが加わったらもう収拾がつきません。どうか戻って来るのはマルコムでありますように。
イギリスのドラマって確かに女性がタフで冷静なキャラが多いですね。史上最強キャラはロスだと思います。人が目の前で殺されてもポリグラフに反応がないんですから(笑)。顔に血しぶき浴びても溜息一つで済ませますし。最強です。
アダム役のルパートは日本人受けする可愛い子ちゃんですよね。ルパートはSpooksのアダムよりWhitechapleの方が好きです。清潔好きでゲイに勘違いされるところが最高。
ブラウザの更新すると色々と面倒な事がありますね。また私のブログにもいらしてくださいませ。

Posted by: bs313 | September 04, 2011 at 10:12 PM

bs313さん、こんばんは。
ロスは本当に怖いですよね^^;
あのポリグラフの時は本当にぎょっとしました。
ジュリエットもテッサも今どこで何をしているのか不明なので、どちらが戻ってきても不思議はないですね〜。
でも、最後はやっぱりマルコムの顔を見たいなぁ^^

私もアダムよりホワイトチャペルのジョーの方が好きです♪
シリーズ3も順調に撮影が進んでいるようで、放送される日が待ち遠しいですね^^

Posted by: Ayano | September 10, 2011 at 11:09 PM

多忙を極めている時にしつこくコメントしてしまいまして、重荷になってしまったかと・・・。失礼しました。

ブログ再開されたらまたお邪魔します。
それでは~。

Posted by: bs313 | September 14, 2011 at 12:39 AM

bs313さま、お久しぶりです。

重荷だなんて、とんでもないです〜〜
同じSpooksファンの方とお話できて、どんなに嬉しかったか。
こちらの方こそ、お返事がことごとく遅くなって失礼をしてしまいました。
本当は10月から再開の予定だったのですが、同居していた祖母が9月末に亡くなり、バタバタと忙しくしてまして今に至ってしまったという次第です。

今月は試写会もあるし、BBCのSilkの放送など楽しみもいっぱいあるので、また頑張って更新していきたいと思っています。
よろしければお付き合いいただければ嬉しいです^^

Posted by: Ayano | November 02, 2011 at 11:55 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91761/52385105

Listed below are links to weblogs that reference Spooks(MI-5) S7-#8「核の恐怖」(シリーズ最終話):

« Spooks(MI-5) S7-#6「和平交渉の闇」 | Main | ブログ休止のお知らせ »