« June 2011 | Main | August 2011 »

July 21, 2011

Spooks(MI-5) S7-#6「和平交渉の闇」

 先週分はちょっと忙しかったため感想をサボってしまいました…(反省)

 ロンドンでの中東和平サミットを目前に、機密兵器であるはずの電子銃がネットオークションに出品されているのをマルコムが発見。MI-5は危険人物の手に渡る前にこれを落札し、回収のためルーカスが出品者の少年ディーンに会いに行く。しかしディーンが何者かに命を狙われていることがわかり、ルーカスはディーンと彼の母親を自宅から連れ出す。
 ディーンは兵器は拾ったものだと話すが、何かをおそれて隠している様子の彼をルーカスが問いつめると、彼は数日前に団地で見知らぬ男がその銃でバイクの男を狙って交通事故を起こしたところを目撃したと打ち明ける。ディーンに気付いた男は彼を追ってきたが、途中で車に衝突し、ディーンはその時に男が落としたリュックを持ち去ったのだった。ルーカスたちは追っ手を振り切り、ショッピングセンターでジョーが用意した車に乗り換え隠れ家へと向かう。
 兵器は調査班から許可を得て持ち出されたものだったことがわかる。持ち出したのは3年前にシリアの砂漠で失踪したMI-6情報員マイケル・サンズで、ショッピングセンターでディーンたちを追っていた男もかつてサンズと同じMI-6の暗殺班にいた人物だった。
 ジョーとマルコムは団地での交通事故で死んだカメラマン、フィッツモリスの遺品バッグを調べ、その中にあったディスクに今回のサミットでの国連の交渉担当者デニゼットの写真を見つける。セレブを追うパパラッチのフィッツモリスの狙いは同じ日にそのホテルに宿泊していた女優だったが、その際隣室のデニゼットに気付いたらしい。
 ディーンは拾った武器を売ろうとしたが、武器の入っていたリュックは空だったため捨てていた。サンズたちの狙いがそのリュックだと気付いたルーカスは、ディーンとともにリュックを捨てた場所へ。政府支給のリュックにはUSBメモリが隠されており、暗号を解読してみると、フィッツモリスが撮影したとみられるデニゼットの写真に、サンズと外相も同席している姿が写っていた。
 そして同じ頃、ディーンの母親がサンズの手下によって拉致されてしまう。

以下ネタバレ&感想

Continue reading "Spooks(MI-5) S7-#6「和平交渉の闇」"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 15, 2011

ヴィーナス〜時空を超えた愛 最終話

 ノベラっていつも、最初はうわ〜〜こんなに長いの!って思うけど、終わってみるとあっという間なんだよね。
 サンドラ・エチェベリアから「楽しんでね!」とメッセージをいただいたのが放送開始前の去年9月。それから毎日楽しみに見ていた「ヴィーナス」もいよいよ最終回を迎えてしまいました。
 Spooksでアダムが話すアラビア語の意味がわかるようになったのが嬉しかったり(笑)

以下ネタバレ感想

Continue reading "ヴィーナス〜時空を超えた愛 最終話"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 07, 2011

Spooks(MI-5) S7-#4「危険な結託」

 ルーカスはアルカイダに人脈のある情報源アラムを駅に迎えに行っていた。しかし彼を狙っていた暗殺者に刺されてしまったアラムは、数々のテロに関与したアルカイダ幹部でアメリカで指名手配中のムハメド・コダードがMI5と話したがっていると言い、携帯のSIMカードをルーカスに渡す。
 電話でコダードはハリーに情報を提供したいと言い、そのさい人権派弁護士のスティーヴンスの立ち会いを求めてくる。ハリーはテロリストとの交渉に反対する内相を説得し、ロス、スティーヴンスとともにコダードに指示されたロンドン中心街の密会場所へ向かう。
 コダードはまずMI5と信頼関係を築きたいと言って、その日の午後3時にロンドンで軍事演習を行うと話す。ただしテロの標的となる場所は、アメリカによって不法に勾留され拷問されたタジンとハニミの2名を英国内では罪に問わないという内相の声明と引き換えにウェブサイトに掲示するという。その声明を出すことはアメリカが嘘つきだと言うのに等しく、両国間の決定的な亀裂になる。やむを得ず内相が発表した声明は「タジンとハニミの訴追はしないが、新たな証拠が出てくれば再捜査をする」というものだった。
 しかしコダードはその声明に対し「約束が違う」と言って、テロの標的を教えることを拒否。やむを得ずハリーはコダードを拘束するため尾行していたベンの元に特殊部隊を送るが、到着直前に別の組織に連れ去られてしまった。

 アラムを殺害した暗殺者オセティックについてFSBの関与を探っていたルーカス。エリザベータによればオセティックを雇ったのはアルカイダ幹部で、アラムは死んでおらず、FSBへの自白と引き換えに国外逃亡したらしい。FSBはテロの時間が予告よりも10分早まったという情報を得ており、それをあえてエリザベータとルーカスに漏らすことで二人の信頼を試そうとしていた。もしルーカスがMI5にそれを話してテロが阻止されれば、二人はFSBの裏切り者として殺されることになる。

 シュガーホースの情報漏れの件について調査していたバーナードからハリーに連絡が来る。ハリーが当初疑っていた上司ドルビーは潔白だった。しかしシュガーホースを知っていた人物の一人で死んだヒューゴが、かつてコニーと一緒に働いていたことがわかる。

以下ネタバレ&感想

Continue reading "Spooks(MI-5) S7-#4「危険な結託」"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 05, 2011

9月のWOWOWプレミアドラマ

Kidnap and Ransom

だそーです。

またまたトレヴァー・イヴ祭ですかっ?(笑)
あ、ジョンハナさんも出てますよ〜^^

WOWOWの番組ページはこちら

 それはさておき、今年1月にITVで放送されたこのドラマ、結構評判いいんですよね。いつも英アマにすすめられてたので気になっていた作品でした。
 それにしてもWOWOWは話題の新作ドラマ(それも私好みの^^)をどんどん持ってきてくれて、本当に嬉しい♪ このぶんだとExileやジェイソンさんのCase Historiesあたりも近いうちに放送してくれそうな予感(*^-^)

海外ドラマランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 02, 2011

7月の視聴予定(勝手にラテンドラマ強化月間)

ニュースその1。
 ブチキレ刑事ジョン・ルーサーが帰ってくる!(爆)
 来年AXNミステリーでシリーズ2放送だそうです。でもたぶんもう見ないと思う…^^;

ニュースその2。
 「大聖堂」続編がいよいよ撮影スタート。Spooksのハリーことピーター・ファースがいるっ!!!!!! あ、それとMad Dogsで頭を吹き飛ばされた哀れなアルボも一緒。イアン・マクシェーンがもう出ないんじゃね…と思ってたけど、これなら楽しみだ!\(^o^)/

それでは7月の視聴予定。

CSI: 科学捜査班 10
#14 「散り際の美学」 23日(土) 22:00
ラスカル・フラッツがゲスト出演!!!!!
待ってました〜〜〜〜(*^ω^*)
3人の吹替えがどんな感じなのかもワクワク。
フラッツのライヴとジェイのフザケた演技を是非お楽しみくださいませ♪

以下、長くなるので隠します〜。

Continue reading "7月の視聴予定(勝手にラテンドラマ強化月間)"

| | Comments (6) | TrackBack (0)

« June 2011 | Main | August 2011 »