無料ブログはココログ

« 「Sharpe's Peril」のザフ♪ | Main | 処刑の方程式(Place of Execution) 前編・後編 »

April 20, 2011

「炎の英雄シャープ」記念紅茶

 そういうお茶セットが発売されているわけではありません(笑)
 高校時代のバイトから紅茶に縁があって、以来いろんなお茶を飲み倒してきましたが、今回は「炎の英雄シャープ」最終章まで見終えた記念にシャープ・シリーズにまつわるお茶をセレクトしてみました。

Dscf2747

 左から、Taylors of Harrogateのヨークシャーティー&ヨークシャーゴールド、東インド会社のセイロン茶、TWININGSのアイリッシュ・ブレックファストです。
 シャープをご覧になっていた方でしたら、どのへんが“シャープ・シリーズにまつわる”なのか何となくおわかりいただけるかと^^

写真が多くて重くなるので以下隠します〜。

とりあえず飲んだ順にご紹介していきます。

まずはTWININGSのアイリッシュ・ブレックファストから。
(写真はクリックで拡大します)
Dscf2757

 シャープの相棒であり親友でもあるハーパーがアイルランド人ということで、このお茶をチョイス。もっともハーパーはお茶より酒って感じの人ですが(笑)
 ティーバッグがなかったので缶入りを購入しました。

100円のガラスポット登場〜。
Dscf2775

使うのはもちろんこのカップ。
Dscf2783
大西洋を渡ってどうする(笑)
しかもティーコージーのかわりにタオルww
お茶なんてかしこまって飲むものじゃないんだからこれでじゅうぶんという考え方(←基本的にドライです^^;)

 味の方は、CTC茶なので香りは少ないけどコクがあってまろやか。ミルクをいっぱい入れて煮出すのも良いかも。ハムのサンドイッチなど肉系のしっかりした食事に合いそうです。

 お次は東インド会社のセイロンティー。シャープの「新たなる挑戦」に“東インド会社軍”が登場したことからこれを選んでみました。
 しかしインドなのにスリランカのお茶とはこれいかに(笑) すいません、ダージリンが好きじゃないのであえてこちらを選んだ次第です。
箱の絵や中の個包装デザインがとっても素敵!^^
Dscf2759_2 Dscf2799

 まずはストレートで飲んでみました。セイロン茶特有の香りは控えめで、やさしい味わいの後にすっきりした心地よい渋みが残ります。非常にお茶らしいお茶、という感じ。ミルクを入れてもさっぱり飲めるので、甘いケーキやお菓子と一緒にいただくのがおすすめ。私はファミマのストロベリーダックワーズと一緒にいただきました♪
 ちなみに歴史の教科書にも出てきた当時の東インド会社はとっくの昔になくなってて、現在このお茶を販売しているのは紋章院の許可を得て設立された会社なのだそうです。(wiki

 さて最後はシャープの出身地であるヨークシャーの名が付いたお茶、ヨークシャーティーとヨークシャーゴールド。

ポット用ティーバッグを購入しました。
Dscf2794 Dscf2807

まずは赤い箱のヨークシャーティーをいただきましょう。
濃いめが好きなのでティーバッグ1個(3g)で1杯いれてみました。

コーヒーみたいな色だ…(右はミルク入り)
Dscf2821 Dscf2825

 お茶本来のほのかな甘みと、広がりのある渋みのバランスが絶妙です。これは美味しい!(゚∀゚)
軽めの味わいが好きな方ならティーバッグ1個で2杯分でもいいかも。
そうするとこのくらいの濃さ。ちょうどいい感じ♪
Dscf2827 Dscf2828

ヨークシャーゴールドの方は硬水でも美味しく飲めるそうです。
せっかくなので硬水でいれてみましょう。
Dscf2771

待て。
 さすがにその超硬水はどうかと心の声が止め(笑)、コントレックスと水道水を半々にしてみました。
 ヨークシャーティーにくらべるとさっぱりめ。不思議と水道水だけでいれるより硬水を使った方が味わいがまろやかな感じがしました(気のせいかもしれないけど) 硬水だとポットの底にミネラルの結晶みたいなのがびっしり残るのにはビックリしましたが^^; こちらもとっても美味しいです。これは久々のヒット♪ それもそのはず、英国紅茶協会から何度も受賞し絶賛されているお茶なのだそうです。
Taylors of Harrogateのオンラインストアで購入できます。
ポイントが貯まるとマグやポットと交換できますよ^^

プレゼント用バッグやサンプルのリーフティー3種類が付いてきました。
Dscf2811
こういう心遣いって嬉しいですね♪

 ティーバッグで美味しくお茶を入れるコツはリーフティーと同じ。適温のお湯で(96〜97℃)、ポットやカップにフタをしてしっかり蒸らす。抽出時間はだいたいパッケージに書いてあるけど、リーフのジャンピングが終わるのと同様、ティーバッグがポットの底に落ちるのがベストのタイミングです。ただしお湯の温度が高すぎたり低かったりするとこうならないので注意。ようするにお湯の温度さえ守ってればだいたいオッケーと(←相変わらずテキトーです^^;) お湯が沸騰したら火を止めて数秒待ってから注ぐくらいがちょうどいいですよん。

 今回はお茶ですが、ドクター・クインにハマった頃はドラマの中に出てくるお料理を真似して作ったりもしました(笑) ドラマがきっかけでこういう別の楽しみが広がっていくのも良いものですね^^

海外ドラマランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ

« 「Sharpe's Peril」のザフ♪ | Main | 処刑の方程式(Place of Execution) 前編・後編 »

Comments

Ayanoさん、こんにちは。
記事を拝読して、こんな時間なのにお茶したくなりました~。

ヨークシャーティーとヨークシャーゴールド、そんな違いがあったのですね。勉強になりました。
実はこちらお友達のオススメで買うようになったのですが、違いがわからず単にゴールドのほうが高品質なのかなと思い込み飲んでいました。(箱の注意書きを全く読んでいなかった) 次回からこだわって飲んでみます。^^

さんたさん、こんにちは。
こんな時間でもお茶してます(笑)

ヨークシャーティー有名ですよね。ホテルの部屋に置いてあったりしますし。
あまり好みを問わないというか、クセが無く何にでも合わせやすいので重宝しそうです^^
シャープとハーパーの友情に思いを馳せながら味わいました〜。

お茶といえば、先日見たドラマで「ここ数日はテトレーと改名しようかと思うほどお茶を飲み過ぎた」というセリフが個人的にツボでした(笑)

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91761/51432577

Listed below are links to weblogs that reference 「炎の英雄シャープ」記念紅茶:

« 「Sharpe's Peril」のザフ♪ | Main | 処刑の方程式(Place of Execution) 前編・後編 »

参加してます

Twitterはこちら

コミュニティ

メールはこちら