無料ブログはココログ

« BBC見本市 2011 | Main | Mad Dogs »

March 14, 2011

ルイス&ハサウェイ考、反撃のレスキュー後日談、Red Riding 1974

 ちょっと気持ちも落ち着いてきたので、書きたかったことをまとめてアップします。内容はタイトルのまんまですが(笑) ルイス警部、反撃のレスキュー・ミッション、それと先日見たイギリスドラマ「Red Riding 1974」について順番に。ちょっと長いですがお付き合いください^^;

 チャンネル銀河での放送が一段落して、ますますルイスとハサウェイへの想いが募る今日この頃。
 特に、ハサウェイがルイスの妻をひき逃げした犯人を突き止めた「シェークスピア殺人事件」の、あのセリフが頭から離れません。犯人がわかってもそれをすぐルイスに話さなかった理由を「話せば警部は彼を殴るでしょう。自分ならそうします」と言うハサウェイに、ルイスが「そんな事は起こりえない。なぜならその前に君が止める!」のやり取り。このルイスのセリフが本当にドンピシャ! 二人の信頼関係を表すのにこれほど完璧なセリフは無いって思えちゃう。
 ハサウェイは絶対ルイスを止めるはずです。もしルイスが殴ってしまったらそれは警官として大きな問題になるわけだから。止めるふりをしてそれとなくルイスに殴らせるのはもっと最悪。これだと傍目には止めに入ったハサウェイは正しくてルイスだけが悪いってことになっちゃうからね。
 これが他のドラマだったら、止めるふりをして殴らせるっていうのもありでしょう。でも「ルイス警部」はそういうドラマじゃない。現実がいかに厳しく、不可思議でありながら時として驚くほど平凡で単純だということが描かれるドラマなんです。ルイスの妻の死に何の理由もなかったように。
 もしルイスが殴ってしまったとしたら、たとえば今後ルイスが捜査を担当したすべての事件の裁判で、弁護士は彼が妻をひき逃げした犯人を殴った事を引き合いに出し「そのような刑事の捜査は信頼できない」とネチネチと言ってくるようになり(←弁護士や検事はそういうものだということをCriminal Justiceで嫌というほど学びました) ルイスに事件の捜査をさせる=裁判で不利になる、そうなればイノセントだってルイスを閑職に回さざるを得なくなるし、ハサウェイはルイスを止めなかった自分を許せず警官辞めて出家しちゃうかもしれません(笑)
 だからこの場合、ハサウェイは“ルイスを殴ってでも”止めるはずなのです。
 もちろん、後々のことまで考えて行動するベテランのルイスが犯人を殴るなんてことするはずがないし、実際そうしなかった。ハサウェイはタバコはポイ捨てするし、「自分だったら相手を殴る」かもしれないけど、それと同じことを絶対にルイスにはさせない。それをルイスはちゃんとわかってるのに、ハサウェイ本人が気付いてない。彼はルイスにどれほど信頼されているのか常に不安に思ってる。だから「君は私のことだけじゃなく自分のこともわかってない」っていう言葉が出てきたわけで、それは犯人をすぐ教えなかったハサウェイを責めているのではなく「信頼されていることに気付け」っていう意味だってことがわかる。ハサウェイもここでようやく不安がぬぐい去れたのかも。次のエピソードで二人の関係に安定感があったのがその証拠じゃないのかな。
 もちろん、これはあくまで私の解釈にすぎないわけだけど。セリフひとつでもこうしてじっくり考えてみると実に奥深くて面白いですね。

 さて次は「反撃のレスキュー・ミッション」その後。といってもS2情報ではありません^^;
 リチャード・アーミテージが目当てで楽しみにいていたこのドラマですが、ハマっちゃったのは彼が演じるポーターよりアンドリュー・リンカーンのコリンソンの方(←よくあることです) 彼はイギリスの俳優さんだけどThe Walking Deadでしかまともに見たことなかった。それもそのはず、私好みのクライム系作品には出てないんだよね。そういえば前にLaLaで放送してた「嵐が丘」で見かけたなぁ…あの時初めて「ああ、イギリスの俳優さんなんだっけ」と実感した(笑) でもダンスの練習してるシーンだけ見て寝ちゃった…最後まで見たかったけどすでに真夜中だったんで^^;
 で、コリンソンにハマったのでゾンビドラマの再放送をつい見てしまったんだけど、なぜか全然ときめかなかった……リックってステイブラーの南部男版みたいで結構好きなキャラのはずなんだけどなぁ。もっともゾンビの内臓を体に巻き付けてる姿にときめく方が無理か(苦笑) やっぱり私はコリンソンが好きなんだとわかりました(←俳優さんよりキャラクターに惚れる典型) 自分のしてしまったことを誰にも打ち明けられず一人で抱えこんでしまう人……あ、ルイス&ハサウェイとおんなじじゃん。なんかすごく納得(爆)

 最後に、先日見たドラマ「The Red Riding」の感想を。イギリスChannel4で放送されたクライム・スリラー作品で、1974年、80年、83年が舞台の三部作。とりあえず1974だけ見てみました。「Life on Mars悪版」みたいな代名詞をつけられてたんですが…………これは……暗い……(T T)
 事業のために悪どいことをしてきた実業家、買収されて言いなりの腐敗した警察、それを暴こうとする記者への容赦ない制裁。見ていてまるで自分がサム・タイラーになったかのような気分でした。LOMよりむしろこちらの方が、あの時代をリアルに描いてるといえるでしょうね。
 話もすごいんですが、もっとすごいのがヨークシャー訛り。ショーン・ビーンもウォーレン・クラークも、シャープやおデブ警視の時よりさらに強烈な訛りで話してるし、特に編集長の喋ってることなんかほとんど理解不能(しかも英語字幕なし) WITBやタガートも最初の頃はキツかったけど、正直ここまで訛りで苦労したドラマは初めてです。もちろん、そこがこのドラマによりリアリティを持たせてるわけで、これはやはりChannel4だからこそできたっていう感じ。最初から幅広いマーケットを視野に入れてるBBCだったら、あの強烈な訛りは絶対上からダメ出しされると思う^^;
 ショーン・ビーンのお腹がおデブ警視と大差ないのがショックでした……シャープのイメージが完全に崩壊。もちろん役作りだとは思うけど\(;゚∇゚)/

海外ドラマランキング
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

« BBC見本市 2011 | Main | Mad Dogs »

Comments

Ayanoさん、こんにちは。我々の生活がいかに原発に頼っているかを痛感しています。。。30年以上来る来ると言われてまだ来ない東南海地震が本当に来たら。。。
RedRidingは米盤が出るのを待って買いました、英語字幕無しではぜーったいわからないと思って(苦笑)向こうでも評価が高く、年末のTimeの『今年の収穫』の一つに上がってましたっけ。
確かショーン・ビーン出てたはず、でもいない?!ひょとしてあのぴちぴち白セーターの小太りオジサン?大ショックでした。
本当に暗いけど、現実はああなのでしょうね。最初は意気揚々としていた&野心満々の若きジャーナリストが、スクープをものにするどころか人生まで破壊される。権力者たちは市井の人々の営みなんてへとも思ってない。
クリミナルジャスティスもRedRidingも、作り手が逃げないのがすごい。日本の若手映画監督の作る『意欲作』はどこか逃げている。現実を最後まで直視せず(できず)、寓話世界に逃げてしまう。そこが私は大不満です。興行的な問題なのか、メンタリティの問題なのか、計りかねますが。

Ayanoさん こんばんは。

銀河で放送してたのですね!
イギリスの刑事ものは面白いので見てみたいです。
そのうちミスチャンでやらないかなぁ(笑)

ルイス&ハサウェイ考、同感です!!!
二人の関係をさりげなく、捜査の過程に、ちりばめてあるのが、すばらしいです。
視聴者にじっくり考えさせることができる程よく練られた脚本ってことですよね
早く次のシリーズを放送して欲しいです。
犯罪捜査そのものより、二人のやり取りに関心が移っている私です...
ていうより、ハサウェイ君に完全にひっかりました
(^o^)

atsumiさん、こんばんは。
こちらでは計画停電が実施予定でしたが、今のところ回避されています。
ちょっとした節電でも、みんながやれば大きな協力になるんだなぁと思いました。

さてRed Riding、そうか米版買うって手がありましたよね!
ていうかスターチャンネルにはほんとにやられました………字幕無しで必死に見た私の苦労は何だったのかと(苦笑)
月末に一挙放送があるので、これはもう契約するしかないっ!というわけで即決。たった今契約してきました(早業)
ショーン・ビーン、この前後の作品では普段通り(?)の体型ですし、Red Ridingだけの役作りですよねきっと。そう信じたい…^^;
日本の作品はあまり見ないのですが(嫌いなのではなく時間がないので…^^;)寓話世界に逃げてるというのはなんとなくわかります。そもそも日本人自体が映画に対して「泣ける」ことに重きを置くところがあるから仕方ないのでしょうか。
それに作り手側も、描写を過激にさえすればそれで「何かを伝えてる」んだと勘違いしてる部分があるような気がします。Criminal JusticeやRed Ridingは彼らにこそ見てもらいたい作品ですね。

Ucoさん、こんばんは。
そうなんです、ルイス警部はチャンネル銀河だったんですよ〜。
仕事で疲れて途中で寝ちゃったエピもいくつかあるので、ぜひ再放送してほしいです。
とにかくセリフのひとつひとつが丁寧なドラマなので、英語字幕目当てにBOXセットも買ってしまいました^^;
ミスチャンでも非常にリクエストが多いですよね。
素晴らしい作品なのでぜひミスチャンでも放送実現してもらって、多くの方と語り合いたいです^^

flicfreakさん、こんばんは。
ルイスとハサウェイに関しては語り始めるとキリがないです〜^^;
そして知れば知るほど好きになります。
もともとルイスファンだった私も、今ではハサウェイのキャラに夢中です♪
人気のあるモースの後に登場させということもあって、製作側が相当考えて生み出されたキャラクターだと思います。だから惹き付けられて当然なのでしょうね^^
二人の関係と捜査部分と、メインがどちらかに偏らず絶妙のバランスで描かれているところも素晴らしい。
5月に最新シリーズ5のDVDが出るので、日本への続編(4以降)上陸はその後、早ければ夏くらいでしょうか。楽しみですね♪

Ayanoさん、こんにちは
まだまだ、ルイスとハサウェイについて語りたい私ですheart04
思えば、二人のケミストリーは、ハサウェイが取りに行くべきフレンジックレポートを忘れていて、イノセントに怒られたときに、ルイスが庇ったところから始まっていると思ってます。
シリーズ物って、そういう細かい出来事を積み重ねていっておもしろくなるんですよね~
Mad Dogsも豪華メンバーですが、私が観られるのはいつになるやらcatface
ひたすら待ちます

flicfreakさん、こんばんは。

>イノセントに怒られたときに、ルイスが庇ったところから
そうですね!^^
部下に対しても小さな気配りをするルイスだからこそ、ハサウェイも尊敬するんだろうなぁと思います。
しかもお互いにそれを絶対口に出さないところが憎い!(笑)
そんな二人を見守るイノセントやホブソンも良いですよね〜^^

Mad Dogsはそれにくらべたらもうただ楽しいだけのドラマですが(笑)
ミスチャンにリクエストしてみようと思います♪
日本に上陸するといいな〜(*^-^)

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91761/51114047

Listed below are links to weblogs that reference ルイス&ハサウェイ考、反撃のレスキュー後日談、Red Riding 1974:

« BBC見本市 2011 | Main | Mad Dogs »

参加してます

Twitterはこちら

コミュニティ

メールはこちら