« Place of Execution | Main | パフューム 〜ベン君の映画のことではなく〜 »

January 22, 2011

ホテル・バビロン S4-#3「エメラルドの謎」

 その前に…
 スカパー冊子に入ってたLaLaのチラシにBBCプレミアシアターのラインナップが出てました。
 とりあえず楽しみなのはクランフォード(既見、面白いです)と、9月に放送のAll the Small Things(←LaLaが付けてる副題「Heart & Soul」はオーストラリアでのタイトルです^^;)くらいかなぁ。なんとなくGlee人気を意識しての放送って気がするけど(笑) 脚本がCutting ItやTrue Dare Kissのデビー・ホースフィールドなんだよね。ってことはやっぱりマンチェスターが舞台なのかしらん。てか、どうせならCutting It放送してくれればいいのに! ミストレスのサラ・パリッシュが主役だし、ベン様のムフフなシーンも満載だし(爆)

 では本題。
 '73年、泥棒のハロルド・ケリーが盗んだエメラルドを逮捕直前にホテルバビロンのどこかに隠した。のちに獄中で死んだ彼が書き残した自伝が出版され、そこにエメラルドの隠し場所のヒントが書かれていたことでバビロンには客が押し寄せ、スタッフたちも仕事そっちのけで宝探しに夢中になる。
 サムはヒントの言葉から、現在は使われなくなった古いドアに秘密が隠されていることに気付く。それを聞いていたアンナは一足早くその場所を突き止め、ダレンに壁に穴を空けさせて、その奥に隠された古い倉庫を発見する。
 しかしベンがうっかり口を滑らせたことでそれが皆に知られてしまい、スタッフたちは躍起になって宝石を探し始める。だけどヒントをもとに探し当てたのはやっぱりアンナ。湖の絵の裏に宝石が隠されているのを見つけたけれど、お宝を目の前にして突然産気づいてしまう。宝石を独り占めしたいアンナは皆を追い払おうとするが、アンナを心配して誰もその場を離れようとしない。
 そこに突然、バビロンを去りニューヨークにいるはずのチャーリーが現れる。アンナのお腹の子の父親がチャーリーだと知ったトニーが、アンナに内緒で彼に連絡をしていたのだった。

 アンナ、良かった!^^
 父親はチャーリーだろうなと思ってはいたけど、まさか戻ってくるとは意外でした。アンナはずっとチャーリーのことが好きで彼を追いかけてバビロンに来て、結局別れることになっちゃったけど、どんな形でもいいから彼女には幸せになってほしいと思ってたのでほっとしました。お幸せに♪
 こうしてアンナはチャーリーと生まれた娘とともにバビロンを去っていきました。しかしアンナのいないバビロンなんておとなし過ぎちゃいませんか(笑) 大親友のベンは本当に寂しくなっちゃうだろうな〜。ハッピーエンドの立役者トニーはエメラルドの分け前を残してもらえただけ良かったけどさ(笑)

海外ドラマランキング
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

|

« Place of Execution | Main | パフューム 〜ベン君の映画のことではなく〜 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91761/50649680

Listed below are links to weblogs that reference ホテル・バビロン S4-#3「エメラルドの謎」:

« Place of Execution | Main | パフューム 〜ベン君の映画のことではなく〜 »