« ホテル・バビロン S4-#3「エメラルドの謎」 | Main | Spooks(MI-5) S5-#3「アルカイダに潜入せよ」 »

January 23, 2011

パフューム 〜ベン君の映画のことではなく〜

香水大好き〜♪(・∀・)
年末年始のセールにつられて、つい色々買ってしまいました^^;

Dscf2660

 一番左はボディショップのタバコフラワー。(ちなみに私はタバコ吸いません)
 これは以前買ったボディローションがすごく気に入って、セールになったのを機にトワレも購入。ついでにローションも買った途端に半額になってたので、悔しいからもう一本買いました(笑) 香りは温かみのあるウッディ・フローラル。カートン箱に入った外国のタバコ(煙ではなくタバコそのもの)のような渋甘さに、少しスパイシーさが加わった香り。イメージとしては、グレイス・ハナダルコの匂い!って感じ。いわゆる「モテ香水」とは正反対路線で、十代のガキんちょなどには到底使いこなすのは無理(苦笑) 当然人によって好きか嫌いかはっきり好みが分かれると思います。レディース香水だけど男性にもぜひ使ってほしい香り。El Clonのサイードがこの匂いだったら私は気絶します(爆)
 左から2番目は同じくボディショップのホワイトガーデニア。夏にモアーっと漂うクチナシの香りが好きなので購入。でもこちらは日本のクチナシよりもっと優しい感じ。ボディショのフラワー系フレグランスに時々ある南アジア臭が私はちょっと苦手なんだけど、ホワイトガーデニアは大丈夫でした^^ ただ香水ではなくボディミストなので最初はアルコール臭がちょっとキツいです。
 ボディショはあれこれ使ったけど、今までで一番気に入ったのはアナーニャ。香水よりボディローションの方がスパイシーで好きだった。復活してほしい…。

 ニューヨークに行くとよくバスクリンみたいな香りのする女性に遭遇して、一体これは何の香水なのかとあちこち探して見つけたのがCLEAN。写真の右2本は今回セールで購入したフレッシュランドリーとウォームコットンです。
 フレッシュランドリーはまさに洗濯物っていうか、アメリカのホテルのリネンを思い出す香りで、とってもリラックスできます。この香りが苦手な人ってあんまりいないんじゃないかな。夜寝る前につけるとホテルにいるような気分で眠れます^^
 そして究極のバスクリン臭を求めて辿り着いたのが右のウォームコットン。もうこれは本当に好き!(≧∇≦) これぞ湯上がりの香り!(←つまりバスクリン。笑) ほとんど依存症状態で匂いを嗅ぎまくってしまいます(爆) 職場の女子高生にも「いい匂い〜」って言われました^^
 CLEANって結構高くて、通常だと30mlで5800円とかするんだけど、今回はセールでなんと税込1990円!!!!! これは買わねばっ!ということでウォームコットンは2本買いしてしまいました(笑)

↓CLEANは他におためしで買ってみたものもあります。

Dscf2672

 左はアルティメイト。究極のクリーンってことですが…レモンそのもの! でもレモンを少しツンと青臭くしたような、むしろ沈丁花に似てる。そのせいか人によってはトイレの消臭剤の匂いに感じるかもしれません(苦笑) 今思い出したんですが「トイレの消臭元」の「心透き通るウォータリーハーブの香り」に似てるかも(爆) 甘さは一切無し、とてもスッキリしゃっきりした香りです。
 右はシャワーフレッシュ。これはシャワーというよりも'80年代の車の芳香剤みたいな香りで、実際昔父の車がこんな匂いで子供の私は酔いまくりました(苦笑) アルティメイトと違ってCLEANの中でも甘めに入ると思います。ただし、これ私は寝る前にしかつけたことがないので、日中使ってみた方が時間が経つにつれ変化していく香りを楽しむことができるんだろうな。

 世間で人気の「モテ香水」の類はどうしても苦手なものが多くて、自分の好みに合った香水を探すのも一苦労です。大好きなCaswell-Masseyのハニーサックルはもう日本では手に入らなくなっちゃったしさ…今は日本撤退前に買いだめしたのをちびちび使ってます(泣)
 あれこれ試して気付いたんだけど、ヨーロッパにくらべてアメリカってトイレの芳香剤とか殺虫剤みたいな匂いの香水が人気なのかと(爆) 香りの奥深さよりシンプルさを好むというか。いかにもアメリカンなハニーサックルもトップはまさに殺虫剤だし(それが時間とともに体温であたたまって甘い香りになっていくのが好き♪) あの「嗅いだら死ぬ」禁断の匂いが人を惹き付けるのかな(笑)
 機会があればまたいろいろ試してみたいと思います^^

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

|

« ホテル・バビロン S4-#3「エメラルドの謎」 | Main | Spooks(MI-5) S5-#3「アルカイダに潜入せよ」 »

Comments

Ayanoさん こんばんは。

いろんな香りを使い分けてらっしゃるのですね!
私はエスティ・ローダーの初代ホワイトリネンを20年近く使ってまして、まったく冒険心がありません。
日本では販売をやめているので、必死で海外から取り寄せてます。
でも、仰るとおり気に入った香水とめぐり合うのって大変なんですよね。
くさいけど我慢してつけるなんて絶対出来ませんからねぇ。

アメリカのホテルの香りってなんか分かります!
部屋に入った瞬間に「あ~、アメリカに来た~」って思います!

Posted by: Uco | January 25, 2011 at 10:08 PM

Ucoさん、こんにちは。

>エスティ・ローダーの初代ホワイトリネン
わ〜〜上品な大人の香りですね♪
気に入ったものを長く使い続けるのが一番いいですよね^^
私はどうしてもあれこれ目移りしちゃって、まともに1本使い切れたためしがありません^^;
CLEANのフレッシュランドリー、ほんとアメリカのホテルのバスルームに置いてあるタオルみたいな香りです。ダウニーとかの柔軟剤とはちょっと違う高級な洗濯物の匂いという感じですよ〜^^

今日はボディショップで来月発売される新しいフレグランスのサンプルをもってきました♪
さわやかなミカン系アクアの香りで、なかなか良かったです^^

Posted by: Ayano | January 26, 2011 at 05:51 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91761/50661491

Listed below are links to weblogs that reference パフューム 〜ベン君の映画のことではなく〜:

« ホテル・バビロン S4-#3「エメラルドの謎」 | Main | Spooks(MI-5) S5-#3「アルカイダに潜入せよ」 »