« デミが突然… | Main | 雑談(年末〜来年の視聴予定など) »

December 22, 2010

Spooks(MI-5) S4-#7「シリアの亡霊」

 6ヶ月前、フィオナはシリアにいた頃の知人ジュマナとロンドンで偶然再会した。若い頃アラブ文学を学んでいたフィオナはシリアの諜報員ファルークと結婚し、改宗してアマルと名を変えシリアで暮らしていた。ジュマナはフィオナがイギリスに帰国した後、ある男がフィオナを捜して彼女の元を訪れ、男にひどい暴行を受けたことを打ち明ける。

 シリアとの外交の膠着状態が続く中、いくつかの派閥がイギリス政府と手を組むための交渉したがっているという情報がMI6から届く。そのうちのひとり、 シリア外相バルザリがシリア文化会館の開館式のためロンドンに来ることになっており、フィオナはアダムの反対を押し切ってこの件の対応にあたることになる。当時の知り合いと遭遇することを警戒するフィオナはルースにシリアからの入国者の監視を頼み、マルコムから銃と小型の追跡装置を受け取ってセーフハウスに移ることにする。
 カメラとマイクを身に付けたザファーとジョーがウェイター役で開館式に潜入し、フィオナが広告業者になりすましてバルザリに接触。その後バルザリから交 渉の申し入れがあり、フィオナはアシスタント役のジョーとともにシリア大使館へ出向く。会合は和やかにすすみ、バルザリと翌日のランチの約束をするが、その帰りにフィオナの様子がおかしいことに気付いたジョーは、フィオナのシリアでの過去について知ることになる。
 ファルークとの間に子供ができず1年で結婚生活が破綻していたフィオナ。その頃テルアビブで爆弾テロがあり、ファルークを寝返らせようとシリアに潜入していたアダムと出会った。しかしファルークがテロの黒幕だったことがわかり、彼らに捕まったアダムは殺されかけたが、その後アダムはファルークをモサドのスパイに見せかけ彼を罠にはめる。捕えられたファルークは本当にモサドのスパイだったことが判明し、シリア政府によって処刑されたのだった。

 翌日、ランチの席でバルザリの料理に薬を盛り、ウィルス性の胃炎に見せかけてバルザリを入院させる。自動販売機に仕掛けをして睡眠薬入りのコー ヒーで護衛のアリを眠らせ、その間にアダムがバルザリに接触。シリアがイラクのようになることを懸念しているバルザリは、現政府打倒のために情報部のトップを暗殺してほしいとMI5に依頼してくる。暗殺がイギリスの仕業とわかれば現地の捜査員にも危険が及ぶと言ってアダムは反対するが、最終的に武器の密輸ルートの解明を条件にバルザリの依頼を受け入れることになる。

 開館式の映像をチェックしていたルースは、フィオナの姿を見たシリア大使館職員のバシールが誰かに電話をしていることに気付く。彼はファルークの従兄弟であり、「姿を消した人物がここにいる」と話していたことがわかる。
 その頃、フィオナとジョーは退院してホテルに戻ったバルザリに会いに行っていた。しかしフィオナはジョーにロビーで待ち、何かあれば応援を要請するよう言う。フィオナは開館式の時バシールにわざと自分の存在を気付かせていたのだった。イスラエルのスパイとして処刑されたはずのファルークは、実はシリア側の二重スパイだった。彼の処刑は実際には無かったことをジュマナから聞いていたフィオナは、これ以上ファルークの影に怯えて生きずにすむよう決着を付けるつもりだった。

 BS11時代にこのエピを見たときはまだフィオナに全然馴染みがなくて、撃たれちゃってもそれほどのショックはなかったんですけど(ごめんね!^^;) やはりS3で初めて登場してからダニーと捕まったときのこととか見てくると、ショックがでかいです。
 あらためて思い出してみると、親になったことは自分勝手だったんじゃないかっていう言葉とか(ウェズの身の安全という点で)、ダマスカスのスークで手に入れた誕生日プレゼントのブローチがいかに思い出の詰まったものか(きっとここで密会してたんだろうな)、しみじみと感じさせられますねぇ……。
 で、結局情報部トップの暗殺依頼は白紙に戻されたってことでよいのかな? バルザリ殺されちゃったわけだし。しかし、新たな独裁者が生まれてもイギリス寄りの独裁者ならそれでよし…というジュリエットの割り切った思考が相変わらずすごいわ〜^^;

海外ドラマランキング
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

|

« デミが突然… | Main | 雑談(年末〜来年の視聴予定など) »

Comments

フィオナにこんな過去があったのかとビックリしているうちにどんどん雲行きが怪しくなり、衝撃的なラスト。
そんなに辛すぎる展開にしなくても…これって俳優さんの都合?とかものすごく気になってしまいました。みんな死にすぎです。
夫婦で同じ職場ってドラマではあまり例がないのでアダムとフィオナを新鮮な思いで観ていたのですが…アダム、これからが辛いですね。

Posted by: garoto | December 23, 2010 at 12:15 AM

Garotoさん、こんばんは。
Spooksは容赦なくレギュラーを殺しちゃうので、毎回胃が痛くなる思いです(苦笑)
たとえ死ななくても「え〜そんなー」的な去り方もありますし…。
トムやゾーイは本当に幸せな辞め方でした。
ダニーが身代わりになってくれた時のことを思うと、フィオナの死は余計に辛いですね。
何といっても残されたウェズが一番かわいそうです。
アダムはこの先ひたすらウザウザになってしまうのですが……愛あるツッコミをお待ちしてます^^;

Posted by: Ayano | December 23, 2010 at 11:05 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91761/50369559

Listed below are links to weblogs that reference Spooks(MI-5) S4-#7「シリアの亡霊」:

« デミが突然… | Main | 雑談(年末〜来年の視聴予定など) »