無料ブログはココログ

« El Clon / ヴィーナス〜時空を超えた愛 | Main | ホテル・バビロン S2-#8「ホテル王の襲撃」 »

October 21, 2010

ルイス警部 #3「同窓生の裏切り」

 その前に嬉しいニュース!
 見たいと思っていたクライムドラマ「Luther」が来年早々AXNミステリーで放送されるそうです。うおーーすんごい楽しみ!!!!! (*゚∀゚)=3 ムッハー!!

 では本題。今回はオックスフォードなのにジョーディーネタが炸裂でした(爆)

 かつて情報局からも目を付けられていた元ハッカーで作家のニッキー・ターンブルが、出演するラジオ番組で殺害予告を受け、ルイスとハサウェイが彼の警護を担当することになる。
 彼はオックスフォードの学生たちに講演を依頼されていた。しかし講演を終えた翌朝、彼が滞在するホテルの隣室で、招へい委員の一人ジョーが殺されているのが見つかる。学生新聞の記者だった彼女は、カレッジの講師に関する暴露記事を書いていたらしい。

 ニッキー・ターンブルはタインサイドの出身ということで、おールイスと一緒じゃん!と思ったらやっぱり出てきましたジョーディーネタ。警視がルイスに「同郷でしょ、シアラー選手の話題で盛り上がったら?」と言ってました(笑) あ、ちなみに俳優さんはジョーディーではありません(ルイスは本物のジョーディー)
 ルイスはターンブルのことがどうしても気にくわず、彼を「気取ったタインサイド男」と呼びます。ここセリフでは "Professional Geordie" って言ってました。ターンブルは自書の話題のために自分がバイカーの出身だと偽り、ジョーディーであることを「誇り」ではなく金儲けのための「売り」にしてるという、ルイスなりの皮肉が込められてるんですね。じゃあAnt & Decもルイスにとっては……^^;

 ハサウェイは相変わらずロボットっぽい(笑) だけどなんか「A.I.」のジュード・ロウみたいな、無機質な中に妙ななまめかしさがある感じ。ギターを奏でる姿の美しいこと!((w´ω`w)) なのにその帰り道には歩きタバコ…という対照的な面が絶妙。たまに笑った顔を見るとすごく得したような気分になるから不思議です(笑)
 学生時代、音楽と神学のどちらに進むか迷った彼のあだ名はW・C(ウォルフガング・クライスト) そして迷った挙げ句の妥協点が刑事だったそうな………なぜそこで刑事なのかは謎(笑)
 彼が教会で演奏していた“中世音楽とジャズのコラボ”音楽、なかなかいい感じで、もっと聴いてみたいって思いました。最後にルイスとiPodで一緒に曲を聴くシーンが何だかかわいかったです♪

 ところで、番組冒頭に出てきた「一部不適切な表現がありますが云々……」の表示、不適切な表現っていうのはルイスの「タインサイドは何の思い入れも無い土地」というセリフのことですよね?(爆)

海外ドラマランキング
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

« El Clon / ヴィーナス〜時空を超えた愛 | Main | ホテル・バビロン S2-#8「ホテル王の襲撃」 »

Comments

Ayanoさん、こんにちは。
「Luther」情報ありがとうございます。俳優陣が豪華なので楽しみです~。

ご紹介くださっているルイス警部残念ながらウチでは見ることができません。AXNミステリに横流ししてくれないかしら~と淡い期待をしています。(T_T)

すっ、すみません、↑ の名無しのごんべは私です。

さんたさん、こんばんは。
久々に日本のテレビでポール・マッガンさんを拝めるので楽しみにしています。
Collisionもいつか放送されるといいなぁ。

ルイスは噂に違わず面白いです。もともと私がモースよりルイスの方が好きだったということもありますが(笑)
LutherはIdentity同様AXN好みな感じがしますが、もともと旧ミスチャン路線が好きだった視聴者は銀河で放送しているルイスやNew Tricksのような作品を望んでいると思うので、横流ししてくれることを願っています。

こんにちは~。
Luther、意外な早さで上陸ですね。楽しみです♪

ルイス警部、ほんとおもしろいですよね!
だんだんキャラにはまってきてます。
情に厚くてやさしいルイスと、
一見冷たくて怒ってる?関心ないの?な感じに見えて結構やさしいハサウェイ。
彼のさりげなく励ましたり、気を使ったり。そんなギャップにもはまります(笑)。
ルイスはその優しさでモテモテですね(笑)。
でも納得です。
(彼としては複雑でしょうけど)
事件もいかにも大学生の街らしいですし。
来週は撮影の裏側までやってくれますね!
撮影の様子とか見るのも好きなので楽しみです♪

はるはるさん、こんばんは。
海外ドラマが日本に入ってくるペースって本当に早くなりましたよね^^
Lutherはお馴染みの俳優さん揃いなので楽しみです。一番はポール・マッガンさんですが、AXNミステリーだとプリズナーNo.6で既出のルース・ウィルソンで推してくるかも(笑)

ルイスとハサウェイのコンビ、私もすっかりハマってます♪
特にハサウェイのキャラは今までの刑事ドラマにはないタイプで面白い!
次回のメイキング番組で二人がどんな素顔を見せてくれるのか楽しみですね^^

お久しぶりでございます。もう、ルイス警部にはまっております。二人のコンビ最高。掛け合いが楽しい! ハサウェイのキャラすごく好き。なにげに披露する知識に一人喜んでおります。ロンドンにいた頃、オックスブリッジ出身の仲間が多かったので、学生達の会話や英語はもろツボ。
ローレンス・フォックスってジェームズ・フォックスの息子なんですってね。『Performance』やってもよさそう。あのひょうひょうとした雰囲気は発見でした。って、実は"Becoming Jane"見てから気になってました。

maxiさん、こんにちは。
もともとルイスが好きだったので見始めたドラマですが、私も今ではハサウェイのキャラが大好きになっちゃいました〜^^ なんというかいろんなところでギャップがあるところも魅力なんですよね。司祭を目指してたから真面目な性格なのかと思ったら、タバコはポイ捨てしてたりとか^^;
Becoming Janeは見てないので知らなかったのですが、彼にはマープルの「シタフォードの謎」でお目にかかってました。酒浸りの青年だったような…(うろおぼえで残念^^;)
ルイスとのコンビも味が出てきましたね。先日イノセントに「一緒になってふざけてどうするの」って言われてるのが可笑しかったです(笑)
あっという間に終わっちゃうのが寂しいですね〜。ぜひ続きも放送してほしいですね♪

ルイスファンとハサウェイファンが多くてうれしいです。元々私もルイスが好きでしたので、このドラマを知ったときに「イギリス人万歳!」と思ってしまいました。長く続くといいな。

ルイスが普通の人だから、新たな相棒をどんなキャラクターにするかは相当練られたのでしょうね。モース時代からのイメージを壊さないことも重要ですし。
結果、コンビとして、モースの続編として、素晴らしい作品になったと思います。
イギリスでも長く支持される番組になりそうだし、ぜひチャンネル銀河でも続きを放送してほしいですね^^

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91761/49801630

Listed below are links to weblogs that reference ルイス警部 #3「同窓生の裏切り」:

« El Clon / ヴィーナス〜時空を超えた愛 | Main | ホテル・バビロン S2-#8「ホテル王の襲撃」 »

参加してます

Twitterはこちら

コミュニティ

メールはこちら