無料ブログはココログ

« 「Sex and the City 2」報告 | Main | 孤高の警部 ジョージ・ジェントリー #7「新たなる挑戦」 »

June 05, 2010

デクスターS4-#11 をイギリスドラマ目線で見る

 今回のエピソードの監督は、Life on Mars(もちろん本家!)の後半部分やホワイトチャペルなど、イギリスの人気ドラマを手がけてきたSJクラークソンでした!ヽ(゚ω゚ )ノ ぅぉぉぉー
 光の使い方や色使いが非常に特徴的で、「ダークなのに鮮明」な独特の映像を生み出す監督さんですよね。ホワイトチャペルの時もかなり色彩にこだわった映像作りをしたと話してました。このエピソードもそんな彼女の感性がすごくよく出ていたと思います。光と影の具合でキャラクターの心を描き出すのが実に上手い。尋問のシーンなんか特にそれっぽくて、クリスティンの目がすげーー気持ち悪いです(゚д゚lll)
 それと、捜査本部に貼ってある殺害現場の写真をババっと映していくところなんかはホワイトチャペルっぽかったな。
 こういう演出面に注目してみると、あちこちにLOMとの共通点を見付けられてより面白いと思います。ぜひ一度、すでに見た方ももう一度、ご覧になってみてくださいませ♪

海外ドラマランキング
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

« 「Sex and the City 2」報告 | Main | 孤高の警部 ジョージ・ジェントリー #7「新たなる挑戦」 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91761/48545169

Listed below are links to weblogs that reference デクスターS4-#11 をイギリスドラマ目線で見る:

« 「Sex and the City 2」報告 | Main | 孤高の警部 ジョージ・ジェントリー #7「新たなる挑戦」 »

参加してます

Twitterはこちら

コミュニティ

メールはこちら