無料ブログはココログ

« Identity #5「偽りの果てに」 | Main | 孤高の警部 ジョージ・ジェントリー #6「憎しみの残影」 »

May 28, 2010

バーナビー警部 #51「呼ばれた殺人者」

 バーナビーが捜査を担当した殺人事件の初公判が始まる。しかし被害者の娘の「彼女は犯人じゃない」という一言がきっかけで、バーナビーはふたたび当時の証言を洗い直すのだが…。

 今回はめずらしく法廷を中心に話が進んでいきます。変態さん不足でいまいちだったかなぁ^^;
 でも事件の証人ビバリーおばあちゃんのキャラが良かった♪ 真犯人が自分を殺しにくるかもと知ると、じゃあ警部が部屋に隠れてて現行犯で捕まえればいいじゃない…とサラッと言っちゃうところとか(笑)
 そして「でもタンスの中のジョーンズ巡査には部屋の様子が見えません」というバーナビー警部。あー結局オレがやるのかよ的なジョーンズの表情が可笑しかったです。ジョーンズ部分だけしっかりコメディになってる(笑) 巡査部長に昇進おめでとう!

 ジョイスはお母さんが骨折しちゃって家事を手伝うために留守中。警部とカリーのためにシチューを作っておいてくれたけど、二人はそれを隣の家の犬に食わせて自分たちは出前を取りました。そこまで不味いんですか?!(爆) ワンコも災難だな…好物って言ってたけど^^;

海外ドラマランキング
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

« Identity #5「偽りの果てに」 | Main | 孤高の警部 ジョージ・ジェントリー #6「憎しみの残影」 »

Comments

>あー結局オレがやるのかよ的なジョーンズの表情
おばあちゃんは警部を指差して「あなたが入っていれば」と言ったのに(笑)。
ジョーンズの表情は、なかなか多くを語っていて好感が持てますね。
ジョイスの「例のシチュー」とは…
料理教室に通っても、いままで培ったものはなかなか変わらないということでしょうか。
でも警部も犬に食べさせちゃいけませんね。

カクテキさん、こんにちは。
粗忽な言動で笑わせるトロイと違い、
ジョーンズは目でものを語りますよね(笑)

「例の」シチューって何だったんでしょうね。
味付けを調整しなおすことすら不可能なほど強烈なシロモノなんでしょうか(爆)
ワンコにあげるというのはさすがに冗談だと思いますが、
あそこまで敬遠されるとかえって怖いもの見たさで食べてみたくなります(笑)

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91761/48481055

Listed below are links to weblogs that reference バーナビー警部 #51「呼ばれた殺人者」:

« Identity #5「偽りの果てに」 | Main | 孤高の警部 ジョージ・ジェントリー #6「憎しみの残影」 »

参加してます

Twitterはこちら

コミュニティ

メールはこちら