無料ブログはココログ

« バーナビー警部 #47「消せないセピア色」 | Main | フィリップ大将&シムさん再共演のお知らせ »

May 02, 2010

孤高の警部 ジョージ・ジェントリー #2「裏切りの末路」

 10年前に行方不明になったというジーン・ハントのお兄さんをノーサンバーランドで発見しました(爆)

 頭部に銃弾を受けて焼かれた死体が発見される。身元を特定する唯一の証拠品は、胃の内容物から発見された指輪だった。ジェントリー警部はその指輪に刻まれたワンダ・レーンという女性が経営するカフェを訪ね、指輪の持ち主はアイルランド人のルーリ・オコネルだと判明する。
 同じ頃、アイリッシュ・クラブで働くカーメル・オショーネシーという女性が、父親の行方がわからないと警察署にやって来る。オショーネシーはRAFの売店で働いており、同僚にルーリ・オコネルとは兄弟同然だと話していた。彼が武器庫の鍵を持っていたことを知り、ジェントリーが調べようとすると、武器庫はもぬけの殻だった。
 アイリッシュパブに出入りしている写真家から、ルーリの名前がオコネルではなくマクリーシュという筋金入りのIRA戦士だと聞いたジェントリーは、IRAへの武器横流しが事件に絡んでいると考える。
 事件の捜査開始と同時に、公安課のエンプトン警視長がノーサンバーランドを訪れていた。彼がかなりの悪徳警官だという噂を耳にしていたジェントリーはバッカスに彼を見張るよう言う。バッカスはエンプトンからルーリは英国行きの船にいるという話を聞くが、エンプトンが地方警察の若い警官に情報を漏らすはずがなく、自分たちへの嫌がらせに来ているだけだとジェントリーは言う。

 前回もそうだったんだけど、後半(というか終盤)になってバッカスが「経緯はこうです」(←だから違うってば^^;)と話す内容がややこしくて、しっかり聞いてないと真相のポイントが掴めないまま終わっちゃう^^; ジェントリー警部ならもっと簡潔にわかりやすく説明してくれるんだろうけど(笑) バッカスのひらめきとか勘の鋭さとか推理力はなかなかのものだと感じさせてくれるシーンでもありますよね。ジェントリー警部とのやりとりがなにげに漫才入ってきて楽しいです^^

 さて、今回エンプトン警視長役でゲスト出演のロバート兄さん。相変わらずかっこいいなぁ!o(*^▽^*)o スーツをびしっと着てる姿はSpooksの内務大臣に近かったけど、中身はジーン・ハントでした! ジーンのお兄さん、ヤク中になったあげく行方不明って言ってたけど、こんなところにいましたよ(爆) でもロバート兄さんといえば、やっぱり「フロスト警部」のリード部長刑事が一番好きだなぁ^^
 公安課といえばSSとの関わりも深く(Spooksではいつも対立してますが^^;)今回の事件の裏に隠された真相もなにげにSpooksちっくでありました。ジェントリー警部は「国家の安全のためなら彼女たちの人生はどうでもいいのか」って言ってたけど、こんなことSpooksではしょっちゅうですので………^^;
「男ってやつは、まったく!」っていうワンダは「True Dare Kiss」でポール・マッガンさんの妻ニータだったプーキー・クェズネルさん。ニータはビジネスウーマンということでしっかり標準語喋ってましたが、今回は微妙な北部訛り(北東部訛りではない)で喋っておられました。
 余談だけどTrue Dare KissもLaLaあたりで放送してくれないかなぁ……LOM以上に思いっきりマンチェスター臭くて面白いんだけど(笑)

海外ドラマランキング
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

« バーナビー警部 #47「消せないセピア色」 | Main | フィリップ大将&シムさん再共演のお知らせ »

Comments

Ayanoさん こんばんは。

第1話を見逃したのですが・・・
これは面白いを超えて、カッコよすぎのドラマですねsign01
男性陣はもちろんですが、ワンダもよかったです。
しかもジーンのお兄さん&サムのお父さんheart

普段ならおじさまに惹かれるのですが、バッカスが気になりますcoldsweats01
この先どんな天然さで、あの重い空気を和ませて
くれるんでしょうか。

チリさん、こんにちは。
本当にかっこいいドラマですよね〜!
1話にはリチャード・アーミテージとフィル・デイヴィスが登場して、これまたかっこ良かったです♪
ジェントリー警部とバッカスのコンビ、なんとなくバーナビー警部とトロイみたいな雰囲気で気に入りました^^
トロイよりはバッカスの方が勘が鋭いみたいですが(笑)
この先もじっくり楽しんでいきたいと思います♪

ロバート兄さんはペテン師のアッシュみたいな役も味があっていいけど、スーツ姿のお堅い役柄だと本当に素敵ですね(*^.^*)

Ayanoさん、こんにちは。
バッカスとジェントリー警部、漫才入ってきていますよねー。クラブで働く女性のことを車内で語る場面では爆笑してしまいました。「警部には若過ぎる」とバッカスにツッコまれてナニゲにムっとしている警部に大ウケです。

さんたさん、こんにちは。
なんとなくバーナビー警部とトロイのコンビを彷彿とさせるものがあって、妙に嬉しいです(笑)
事件捜査の方も見応えがありますよね。しっかり見てないと「あの時のあれは何だったっけ?」と真相がよくわからないまま終わってしまいそうです^^;

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91761/48238260

Listed below are links to weblogs that reference 孤高の警部 ジョージ・ジェントリー #2「裏切りの末路」:

« バーナビー警部 #47「消せないセピア色」 | Main | フィリップ大将&シムさん再共演のお知らせ »

参加してます

Twitterはこちら

コミュニティ

メールはこちら