« AXNで「Identity」放送するんじゃん!!!!! | Main | 5月の視聴予定 »

ジュリー・レスコー #80「誘拐の構図」

 も〜〜ロランとジルに完全にハマってます!(爆)

 ジュリーたちが大捕物を終えて署に戻ると、娘が行方不明になったと騒いでいる男がいた。パン職人のジャン・デュモンは、14才の娘ルイーズと自宅で昼食の約束をしていたが、時間を過ぎても娘は学校から戻らず携帯もつながらないと話す。
 学校付近へ向かったジュリーたちは、すぐ近くの排水溝に落ちていたルイーズのペンダントを発見。付近の監視カメラには現場に止まったシルバーのバンとともにルイーズが姿を消したのが映っていた。
 ジュリーはルイーズの両親に会いにいく。母親のカロリーヌはジャンの店の経営面を担当しヨーロッパ中に支店を増やした実業家で、ジャンはニューヨーク出店にあたり1年間そちらで暮らす予定になっていた。ルイーズが裕福な家の娘であることから身代金目当ての誘拐の可能性が高い。しかし自分でチラシを作って娘を探そうと必死の父親に対し、母親の冷静さにジュリーは疑問を持つ。
 学校の保護者たちの目撃証言から、校門付近で写真を撮っていた男がいたことがわかる。ジュリーは近くに住み少女誘拐の前科を持つブリクールの自宅へ向かうが、地下室にいた彼が銃を持っていると見間違えたジルが彼に発砲。幸い弾は外れるが、連行されたブリクールは事件への関与を否定。週5回精神科の病院で治療を受けており、学校はその通り道で写真はただの趣味だと主張する。決定的な証拠がないため本部長からは勾留延長が無理だと言われ、ジュリーはやむなくブリクールを釈放する。
 ブリクールの家にあった靴についていた泥に特殊な石灰岩が含まれていて、その土壌の地域を特定したジュリーとロランは、その場所にあるアトリエを調べる。そこには学校の前で少女たちを撮影した写真があり、ルイーズがバンに乗る姿と運転手の顔も写っていた。しかしその後ブリクールが自宅で殺されているのが発見される。
 バンを運転していたのは麻薬密売で服役し1年前に釈放されたポール・ジェルベール。彼が出所後通っていた更生施設ヒバリ・センターの所長イザベルは、彼はしばらく前からセンターへは来ていないと話す。
 ルイーズの両親の元に20万ユーロの身代金を要求する手紙が届き、ジュリーたちはポールを追跡しルイーズ救出に乗り出す。

以下ネタバレ感想(ロラン&ジルがメイン。笑)

 少女の誘拐にペンダントに、最初はWITBのアンバーアラートかと思っちゃいましたよ。でもWITBの悲しすぎる真実と違って、こちらはアカプルコで展開中の子供争奪戦(「マリナ」のこと)に近かった(笑) つっても養子じゃなくて代理出産がらみだったけど。

 大手弁護士事務所で働くことになったサラはさっそく壁にぶつかる。同僚から「どうせコネのくせに」と嫌みを言われ、弁護を担当することになった男からは「刑事の娘に事実を話したがるやつなんていない。民事に転向した方が賢明」と担当を外されることになってしまう。母親の七光りと言われたくなくて父親の姓に変更することまで考えるけど、モタに力を貸してもらって自分の実力を証明。だけどモタに頼ることは母親のコネを利用してるのと同じって気もするんですが……^^;

 さて今週のロランとジル。
 ジルは離婚のための費用で3000ユーロの借金を抱え、カードも凍結される危機に。おかげでろくに眠ることもできず薬に頼り、その結果判断を誤って丸腰の相手(ブリクール)に発砲してしまいました。ロランは弾と薬莢を隠して証拠隠滅しようとするけど、上司のジュリーには報告の義務がある。だけど監察局が動き出してもジュリーは「何もなかった」と貫き、もし発砲があったとしたらそれは自分がやったこととジルをかばいます。だけどそれは甘さからじゃなくて、ジルの心労を理解してあげているからこそなんですよね。
 ロランはますます軽口に拍車がかかっています(笑) モタのことを「ジュリーの忠犬」とか言ってたし^^; 少女趣味のブリクールが野放しになっていると「ああいう奴は薬で眠らせるべきだ。そう思うよな、ジル」って、薬を飲んでるジルに皮肉っぽく言うところも面白いし。しかもブリクールは病院で性欲を抑制する薬を投与されてたわけで、ロランの「薬を飲ませる」っていうのがまんま当たってたところがある意味すごい(笑)
 それにしても彼は前科者の情報に詳しいですね。ああ見えて実はなにげに有能な刑事ってところがまた素敵。ロビー・ロス2号認定です(爆)
 ジルは最初の捕り物で現場から押収された大金に手をつけようとしてしまいます。それを見たロランが「そんな顔で出て行ったら不審に思われるぞ」って止めるところが好き♪ でもジルはお金に手をつけていませんでした。娘のことを考えたら軽はずみなことはできない……真面目な性格なんですよね。
 しかしフランスでは離婚の手続きがムチャクチャ面倒だから、あえて結婚せずに家庭を築く人が増えていると聞いたことがあるけど、くたびれ果てたジルを見ていると本当にそうなんだなぁって感じます^^;(そういえばSPIRALのピエールも大変そうだったっけ) ロランも700ユーロまでならなんとか貸してあげると言ってくれてるし、ジュリーも休暇をくれたことだし、疫病嫁とさっさと縁が切れるよう頑張れジル!

海外ドラマランキング
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

« AXNで「Identity」放送するんじゃん!!!!! | Main | 5月の視聴予定 »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91761/48192310

Listed below are links to weblogs that reference ジュリー・レスコー #80「誘拐の構図」:

« AXNで「Identity」放送するんじゃん!!!!! | Main | 5月の視聴予定 »

参加してます

コミュニティ

メールはこちら


無料ブログはココログ