« バーナビー警部 #44「真相の眠る屋敷」 | Main | 「Shameless」を米Showtimeがリメイクするそうな »

April 12, 2010

「ニューヨーク1973」と「レバレッジ」

 NY1973すっかり見る気なくなってきました。まったく引き込まれないんだもん…(小声) ジーンが車に落書きされてたし。どうやらお得意の決め台詞を忘れたようですね。

"Anything happens to this motor and I come over your houses and stamp on all your toys, GOT IT!?"
(車を傷つけたらおもちゃを全部ぶっ壊す)

また愚痴です(ごめんなさいね)

 もはやLife on Marsのタイトルで呼ぶことすらためらわれるNY1973gawk 一度ひととおり見てしまったというせいもあって、ミスチャンの放送はもういいかなって思ってます。ライアンサム父が再登場する最終回だけはまた見るつもりだけど。放送終了後たぶん貞子がひどい暴言吐くと思いますがお許しください。てか、その時はきっと皆さんご理解くださることと思います…(以下自粛)

 さてレバレッジはとりあえず1話、2話と見てみましたが、これはいくらなんでも…(苦笑) 見る前からHUSTLEのパクリっぽい設定だなと思ってはいたけど、いざ見てみたら設定どころかストーリー構成からカメラワークから音楽までHUSTLEを意識しまくりなのがバレバレ。最後にタネ明かしするところまで同じ(しかもわざわざ明かすほどのタネじゃない) これをパクリと言わずして何なのか^^; HUSTLEを知らなければ普通に楽しめたと思うけど、あの華麗さを知ってしまった今となっては、申し訳ないけど“ガサツなHUSTLE”という印象しか感じられませんでしたm(_ _)m
 リタイアしそうだけど、HUSTLEのパクリ(←決めつけ)というレッテルからの脱却を願ってもうしばらく観察予定。

 LOMもHUSTLEもキュードスのドラマ。1シリーズあたりのエピソード数が少ないイギリスのドラマはたいていそうなんだけど、キュードスの作品は特にシリーズ通して計算し尽くされた完成度の高さが見どころ。だから下手にいじってエピソード数を増やせば質が下がるのは目に見えてるわけですよね。だけどエピソード数が多いアメリカだからこそ、背景をじっくり掘り下げていけるというプラス面があるはず! ネタが切れたからといって安易にリメイク&パクリにはしらず、アメリカならではの素晴らしいドラマをじっくり作ってもらえると嬉しいんだけどなぁ……ていうか、あっても日本では一般ウケしないということで入ってきてないだけなのかも?

海外ドラマランキング
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

|

« バーナビー警部 #44「真相の眠る屋敷」 | Main | 「Shameless」を米Showtimeがリメイクするそうな »

Comments

Ayanoさん こんにちは
桜の花が開花してからの低温続きで異常に長持ちしていますね。柳の緑が今年は遅れていたので、今頃になって新緑とピンクが見事になってきています。

NY1973についてですけど、AXNミステリーに聞いてみました。権利を掌握しているところに問い合わせてくれました。結果は、、、
**本国での放送順はimdbなどのデータベースのとおり
**権利者からAXNミステリーにわたっているのはAXNミステリーの放送順のとおり
**したがってそれぞれの放送順は異なっている
**理由については言及されていません
以前にも書きましたけど、第8話以降の放送順がバラバラなのが不思議です。微妙な話のつながりなどまったく無いということなんでしょうかねえ。いかに1話完結の原則で作られてるとはいえ、これほどバラバラでそれぞれが感動的なシリーズ物になるとは、到底思えません。なんとなくNY1973の迷走具合を象徴しているように思えます。

レバレッジ、ご指摘の通りですね。でも、多分見続けます。僕、ティモシー・ハットンのファンなんです。あっと言わせる展開になってくれることを願ってます。(無理??かなあ)
ではでは〜〜〜

Posted by: 通行人ムール | April 12, 2010 at 08:58 AM

通行人ムールさん、こんにちは。
情報ありがとうございます。
やはり放送順が違っていたのですね。
事件そのものは一話で解決するけど、サムが今いる場所で頑張りつつ現代に戻る方法を模索する…という部分はつながってるわけですから、その過程がごちゃごちゃにされたらサムの心情の微妙な変化が視聴者に伝わるはずないですよね!
結果、単なる73年の刑事ドラマになってしまっていると…^^;
やっぱり、最初からリメイク版よりも要望の多かった続編Ashes to Ashesを放送するべきだったんですよ〜。これからも地道にリクエストに励みたいと思います(笑)

レバレッジはHUSTLEをものすごく大雑把に作ったという感じのドラマですよね^^;
私は大根役者のソフィーの女優さんがわりと馴染みがあるので、もうしばらく見てみようと思ってます。
ティモシー・ハットンは、ネロウルフの助手の人ですよね?^^
Lie to Meも一応心理もののわりには軽すぎて見応えがないし、FOXの新作で気に入ったのは今のところキャッスルだけです。ミステリとしてはいまいちですが、キャッスル親子がかわいくて♪ こういう関係っていいなぁ〜と思いながら見ています^^

Posted by: Ayano | April 13, 2010 at 01:56 AM

NY1973はやっぱり放送順が違っていたんですね。
IMDbでチェックして見ているものと順番が違うので悩んでいました。
これでも意味が通じてしまうってことなんですね。
私は73年以前?の音楽が好きなのでそれだけで楽しんでいます。今週はRingo StarrとMoody Bluesだったし。リンゴの曲がドラマにかかるなんて普通ありえませんから(苦笑)
レバレッジはかなり微妙。知り合いが多数出てるので見てるって感じかな(笑)

Posted by: garoto | April 14, 2010 at 08:33 PM

garotoさん、こんにちは。
iTunesのダウンロードではたしかAXNミステリーと同じ順番だったような気がするので、どこでどうやって入れ替えされることになったのか不思議ですね^^;
当時の音楽はあまり詳しくないのですが、それでもどこかで聴いたことのある曲が多いです。そう考えると70年代って名曲が数多く生み出された時代だったんだなーと感じます^^

レバレッジはもうちょっと独自性がほしいかな?
HUSTLEではカモの前ではお互い知らぬふりが鉄則だったけど、こっちではパーティー会場で仲間とこそこそ密談したりしてて、誰かに見られたらバレちゃうんじゃないかって心配になりました^^;

Posted by: Ayano | April 15, 2010 at 03:00 AM

こんにちは♪
オリジナルなLOMを楽しんで観ちゃったら(最終回は録画失敗してたことに今頃気がついて涙ですが)
NY1973は物足りなく感じました。
やっぱりオリジナルなハントさんがいないと。ハントさんが犯人かもって回は、オヤジド全開で滅茶苦茶、楽しかったです。
それでもライアンが~なので観てますが、バラバラだったんですね!

レバレッジは、華麗なるペテン師たちと比べちゃうとハイテクすぎて、もっとペテン師の本来の技でうならせて欲しいなとは感じます。

Posted by: ぽっこ | April 15, 2010 at 11:17 AM

ぽっこさん、こんにちは。
私もライアン以外にNY1973を見る理由がないので(苦笑)しばらくお休みしてもいいかなって思ってます。
こっちのジーンはリスの着ぐるみとか着てくれないし(爆)
最終回、録画失敗してしまったのですかーー! それはつらいですよねぇcrying
オリジナルは涙と拍手喝采の素晴らしいエンディングでしたので、AXNミステリーで再放送してくれるようリクエストしましょう〜〜♪

レバレッジのお金をかけたハイテクよりも、アッシュの手作り感覚のハイテクの方が見てて楽しいですよね。BNのマイケルもそうですけど、こんな物をこんなふうに使うのか〜!って毎回感心しちゃいます。

Posted by: Ayano | April 16, 2010 at 12:42 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91761/48063261

Listed below are links to weblogs that reference 「ニューヨーク1973」と「レバレッジ」:

« バーナビー警部 #44「真相の眠る屋敷」 | Main | 「Shameless」を米Showtimeがリメイクするそうな »