無料ブログはココログ

« ラテン版「Life on Mars」をご存知ですか | Main | 「ホワイトチャペル」とブロードウェイミュージカルのコラボ動画 »

April 25, 2010

孤高の警部 ジョージ・ジェントリー #1「再挑戦の始まり」

 いきなりツボにはまりすぎ!!!!!!
 舞台はノーサンバーランドのダラム、無理矢理ジョーディー弁モドキのリチャード・アーミテージ、そして店で頼むビールはもちろんニューカッスル・ブラウンエール!
 私のために作ってくれたドラマですか?(爆)
 ちなみに実際のロケ地は北東部ではなくダブリンです…。

 1964年のロンドン。警察内部の汚職について調べ始めていたジョージ・ジェントリー警部の妻イザベラが車で轢き殺されてしまう。
 失意で退職をも考えたジェントリーだったが、警視庁高官の買収に関わりイザベラを殺した疑いもあるギャングのウェブスターが、ノーサンバーランドで事故死したバイク青年ビリーの葬儀に参列した後に姿を消したことを知り、現地へ赴きダラム警察の若い刑事ジョン・バッカスと共に捜査を開始する。
 死んだビリーは“ダラム防衛隊”というバイクグループに入っており、現場に残されたタイヤ痕からビリーがバイクで追いつめられて事故を起こしたことがわかる。彼の仲間のひとりローリーの服と靴に血痕がついていたことと、現場から持ち去られたスカーフが彼のガレージから見つかったことでバッカスはローリーを尋問する。防衛隊がたまり場にしているカフェ“ダイス”でビリーがローリーのガールフレンドといちゃついていたことをバッカスは理由に挙げるが、ビリーが好きな相手は防衛隊のリーダー、リッキーだった。
 現場にあったスカーフがリッキーのもので、ビリーがダイスでリッキーとももめていたことを知ったバッカスは、ローリーを釈放しリッキーを連行する。しかしその後、釈放されたローリーが海岸の崖下にバイクで転落して死んでいるのが見つかる。彼の顔や身体には拷問された痕があった。
 バッカスが一度調べたというビリーの部屋をジェントリーが再び調べると、床板の下から覚せい剤が見つかった。彼の母親ヴァレリーは16才で彼を出産し、父親は船の機関士だったがビリーが幼い頃に船の事故で死に、以来遺族年金で暮らしてきたと言う。
 ヴァレリーの暮らしぶりの良さに疑問を抱いたジェントリーはバッカスに彼女の過去を調べさせる。船の事故の記録がないという事実をヴァレリーに突きつけると、彼女はロンドンで出会ったウェブスターにレイプされて妊娠し、それを恥じた両親が地元の男に頼み込んで彼女を結婚させたが相手は行方不明になり、その後ウェブスターから金が届くようになったと打ち明ける。ビリーはウェブスターの息子だったのだ。

「ホワイトチャペル」のマイルズことフィル・デイヴィスと、クレア・ラッシュブルックがまた一緒に出てる!ヽ(´▽`)/
 リッキーことリチャード・アーミテージ、バイカー姿が似合ってたわ♪ ビリーにチュウされて怒り出すところもかわいかった(爆) おまけにマイルズウェブスターに拷問されてるし。彼のこういう姿はこの先Spooksで嫌というほど拝むことになるのかな♪(←喜んでいるらしい)
 マーティン・ショウはもう文句なしの格好良さ!(≧∇≦) ちなみにビリーの葬儀が行われたヘキサムはロブソン・グリーンが生まれ育った町! 良かったね〜〜憧れのマーティン・ショウが来てくれて!!(違)
 そして出世目当てでジェントリー警部にゴマをする部長刑事バッカスはサム・タイラーのお父ちゃん。こうして見ると結構可愛いです^^ しかし容疑者を殴るわ、法廷で証拠の捏造をするわ、ホモ野郎が嫌いで「早くいい治療法を確立すべき」と言うわ、

おまえはジーン・ハントか!

 と突っ込みたくなりました(笑)
 バッカスは田舎よりも都会で働くことを望んでヤードに配属を希望するけど、結局ジェントリー警部がこちらに残ることに。というのも彼はかつて若い警官を教育した時、結局うまくいかずその警官は最低のダメ刑事になってしまって、バッカスにはそうなってもらいたくないという思いがあったんですね。なるほど、教育に失敗したその最低刑事の方がジーンだったのか(爆)

海外ドラマランキング
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

« ラテン版「Life on Mars」をご存知ですか | Main | 「ホワイトチャペル」とブロードウェイミュージカルのコラボ動画 »

Comments

Ayanoさん、こんにちは
マーティン・ショウ、素敵でしたね。外国の俳優はきれいに年を取りますね。
AXNミステリもこようなドラマを選んでくれることでミステリチャンネルの路線を捨ててないことが分かって嬉しいです。「愛」が復活しました。
フィル・デイヴィスはLaLaTVで見たドラマでもすごい悪人面で印象に残っていたのですがプライベートなフィルムでは紳士で驚き!俳優ってすごいですね。

ミセス・テリィさん、こんにちは。
見応えのある作品が入ってきてくれて嬉しいです。
マーティン・ショウ、「紅はこべ」の時にうわぁ〜〜なんて素敵な人なんだろうと思って、これがあのドイルだと知った時はびっくり仰天でしたが、今回さらに渋さが増してて良かったです〜!
最近お気に入りのリチャード・アーミテージにも思いがけず遭遇できたし^^
フィル・デイヴィスもいろんな作品で様々な役柄を演じてらっしゃいますよね〜。個人的にお気に入りなのはもちろん「ホワイトチャペル」のマイルズです♪
この先バッカスの成長ぶりも楽しみながら見ていきたいと思います。

「紅はこべ」はAboutな見方をしてたのでマーティン・ショウに気がつきませんでした。再放送を探して絶対見るつもりです。

ミセス・テリィさん
紅はこべは私もお話はほとんど覚えてないんですが^^;
とにかくマーティン・ショウが素敵だったのだけは覚えてます♪
フィル・デイヴィスは今日のモースにも登場しましたね。昔は金髪だったんですねぇ〜〜^^

Ayanoさん、こんにちは。
ジョージ・ジェントリー放送しているんですか! すごーい。
マーティン・ショウさん、私はJudge John Deedで見て「素敵!」と思っていました。どのドラマでも素敵な人なんですね。heart01

以前ダルグリッシュ警部の役をマーティン・ショウがやるという話を読んだ気がします。原作者が一番お気に入りと聞いて?と思ったのですがジョージ・ジェントリーの彼を見て納得です。でもこれは実現しなかったんですね。

皆さん こんにちは

見応えが有って、面白いですね。

ミセス・テリィ さん こんにちは

よく知らないのですが、たぶん実現したのではないでしょうか?
Martin Shawさんの出演作品リストにこういう記述が有ります。
*The Murder Room (2004) (TV) .... Adam Dalgliesh
*Death in Holy Orders (2003) (TV) .... Commander Adam Dalgliesh

ではでは〜〜

yokoさん、こんにちは。
ジョージ・ジェントリー、まだ1話だけですが面白いです。
しょっぱなから知ってる俳優さんが多かったのも嬉しかったし^^
Judge John Deedも見たいと思ってた作品です。
法廷ものは難しいのでいまだに挑戦してないのですが…^^;
マーティン・ショウ、若い頃もかっこよかったけど、今は渋くて落ち着いてる役が本当にお似合いの素敵な俳優さんだなって思います♪

ミセス・テリィさん、こんにちは。
マーティン・ショウのダルグリッシュ、ありますよ〜。英版DVDも出ています♪
視聴者の間でも評判良かったみたいです。
ミスチャンでも以前何度かリクエストがありましたが、日本には未上陸なんですよね〜。
ぜひAXNミステリーで放送してもらいたいですね!

通行人ムールさん、こんにちは。
じっくりと楽しめる作品がまたひとつ増えて嬉しいです。
おかげでずっと購入を考えていたDVDも買わずにすんだし…(笑)
ぜひ今度はマーティン・ショウのダルグリッシュも放送してほしいです。
みんなでリクエストしましょう〜〜^^

Ayanoさん、こんにちは。
"ニューカッスル"とセリフで出てきたとき、Ayanoさんを思い浮かべました。^^
#1、面白かったですね~。バッカス、真犯人に対して、双子話を作り上げた部分、なかなか骨があるなと気に入りました。

>教育に失敗したその最低刑事の方がジーンだったのか
笑! 私はディッシャーを思い浮かべました。(←国違うって)

上記ですがディッシャーは時代も違いましたね。
ダメ刑事=ディッシャーとなっているのでつい・・・^^;

動かぬ証拠を突きつけるのではなく、話が浮かび上がる過程がよかったです。
これは見続けていこうかなと思いますが、2時間枠が週に3本(+フロスト、バーナビー)はきつくなりそうです…(笑)。
バッカスの双子話、半分信じてしまいましたよ。
推理好きなところ、警部に評価してもらえるでしょうか。

マーティン・ショウのダルグリッシュはあるんですね!
是非見たいです。ジョージ・ジェントリーつながりで放映してほしいですね。

さんたさん、こんにちは。
ディッシャーはダメ刑事といっても腐ってはいませんから、あれでも一応まっとうな道を歩んでいるといえるかもしれませんね(笑)
バッカスがこれからジェントリー警部の元で成長していくのを見守っていきましょう。

ニューカッスルはあの辺で一番大きな街なので、これからもちょくちょくネタが出てくるかなと楽しみにしています。
思いっきり北東部訛りで話すリチャード・アーミテージがいつもと違って新鮮でした♪

カクテキさん、こんにちは。
バッカスはルール違反をする反面、ハッタリをうまく使う機転の良さも持ってて、その能力をジェントリー警部が良い方向に導いていってくれそうですね。
私も2時間ものの新作3本はきついです〜〜。
おまけにSVUとデクスターも事実上2時間ものみたいなもんだし!^^;
ジュリー・レスコー以外は録画なしで見れるのがせめてもの救いです。

ミセス・テリィさん、こんにちは。
ダルグリッシュはもちろん、彼のJudge John Deedもぜひ放送してほしいです。
彼は本当に良い作品に出演してらっしゃいますよね。
これを機にミスチャンの顔になってくれたら嬉しいなぁ^^

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91761/48175000

Listed below are links to weblogs that reference 孤高の警部 ジョージ・ジェントリー #1「再挑戦の始まり」:

« ラテン版「Life on Mars」をご存知ですか | Main | 「ホワイトチャペル」とブロードウェイミュージカルのコラボ動画 »

参加してます

Twitterはこちら

コミュニティ

メールはこちら