« February 2010 | Main | April 2010 »

March 31, 2010

絶対に見逃せない!海外ドラマBEST100

 出版物だけが頼りだった昔と違って今はネットでいくらでも情報が検索できるので、海外ドラマのムック本ともここ数年はすっかり縁遠くなっていました。「海外ドラマ」と銘打っておきながら実際は「アメリカドラマだけ」っていうのも納得できなかったし^^;
 しかしいつもお世話になっているGarotoさんがSVUの記事が載っていると紹介されていたので、私もさっそく購入してみました。SVUメンバーの写真がドーンと掲載されてて嬉しい^^ そしてすっかり売れっ子のBNドノヴァンさんもしっかり出てますよ〜♪
 だけど一番驚いたのはなんと!

Life on Marsが紹介されています!
ぅぉぉぉーヽ(゚ω゚ )ノヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノぅぉぉぉー

 それも1ページまるまると!(笑)
 いつものお約束で本家より米版を大きく扱われてたら嫌だなっていう不安があったんですが、しっかり本家がメインでしたhappy02 個人的にはLOMだけでムック本3冊くらい出せちゃいそうな素晴らしいドラマだと思ってますが(笑) たった1ページとはいえ、イギリスのドラマはスルーされてしまうことが多い中で、1ページそのまんま使って掲載してもらえるのはなかなか無いことなので大きな喜びです。これだけ大きく扱ってもらえるのって今まではせいぜいホームズくらいでしたからねぇ…。ま、それだけLOMは傑作ってことですよね(きっぱり)
 バーナビーも1ページ使って紹介されてます。これは現在放送中ということもあるんでしょう。そして嬉しいのがWire in the Blood。まさか載ってるとは思いませんでした(←無視されるのが当然という状態が長く続くとこうなる^^;) いや〜〜嬉しいですね。ゴーレンの隣っていうのは何か意味があるのか?(笑)
 それと、小さいスペースながら大好きなジュリーやペテン師もしっかり出てました♪
 そんな中でSpooksが無いのはなぜ?って気がしますが……今さらSATCにページを割くならSpooksも紹介してほしかった。Spooksって巻頭特集になってもおかしくないほどの高い評判があるのに、FOXさんがいまいち本気出してない感があるっていうか^^; 見た人はほとんどが「面白い!」と言ってくれるので、FOXさんがBNやデクスターなみに力を入れて視聴者数が伸びれば確実に人気が出ると思うんですけどね〜。
 SPIRALは重すぎるから載ってなくても仕方ありません(苦笑)
 おまけのDVDは個人的にはいらないけど、これからいろいろ見てみようという人にはお試し版ということで便利かも。

 さすがに「BEST100」となると北米ドラマだけでは数が足りなかったのか^^; それでもこれをきっかけにもっとイギリスのドラマにも感心を持ってもらえたらいいな。旧ミスチャン系ドラマを愛する少数派(今となっては)の私にも嬉しいムック本でした。
 次はタガートがBEST100に入るよう、地道に頑張ろうと思います(笑)

海外ドラマランキング
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 29, 2010

Ahses to Ashes S3 Trailer

いよいよファイナルシリーズの放送が始まります。
ついに真実が明らかに? そしてそこにはサム・タイラーの資料が!

* * * * * *

放送開始&日本でお目にかかれる日まで、こちらの特別編でお楽しみください♪
シャズのゴルフウェアが可愛い^^

タイガー・ウッズの名付け親はジーンだったのね!(爆)

海外ドラマランキング
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 28, 2010

バーナビー警部 #42「斜陽の喧騒」

 ピリ辛ソースで有名な地元のプラマー社は、1851年の創業以来ずっと家族経営を続けてきた。しかし時代とともにいつしか経営難に陥り、大手のフィールドウェイ社から買収話を持ちかけられていた。年次総会では、会社を売って経営難を切り抜けようというキャロラインとアンセルムに対し、長男のレイフと母アメリアが反対したため売却案は否決される。
 その翌朝、工場のビンの消毒機で全裸の男性が死んでいるのを、出勤してきた社員が発見する。遺体は消毒用の高音スチームで全身に火傷を負っていたが、直接の死因は何かに身体を挟まれたことによる圧迫死だった。しかし監視カメラは経費削減のため録画しておらず、給料をカットされアルバイトをせざるをえない警備員も睡眠不足で事件当時居眠りをしていたのが明らかだった。しかし彼は、二度の見回りの際アンセルムが金庫を開けているのは見たが、他に変わった様子はなかったと話す。
 前日に行われた工場見学の訪問者名簿の中にいかにも偽名なジョン・スミスという名前があり、被害者の衣服や所持品を捜索したところ、焼却炉の中からデクスター・ロックウッドという名前のカードが発見される。身元を調べてみると、彼はプラマー社に買収の話を持ちかけていたフィールドウェイ社の社員だった。
 デクスターの祖父スタンリーはかつてプラマー社の社員だったが、瓶詰めの機械化など会社に貢献したにもかかわらず解雇されて自殺に追い込まれ、以来家族はプラマー社を恨んでいたらしい。

以下ネタバレ感想

Continue reading "バーナビー警部 #42「斜陽の喧騒」"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 25, 2010

ジェーン・シーモアが登場!!!! ミス・マープル「無実はさいなむ」

 私は「謎解き」よりも人間心理がテーマの犯罪ドラマが好きなので、最後に関係者全員集めて「経緯はこうです」(←それはモンクさんだ)みたいな展開になるアガサ・クリスティの作品は正直そんなに好きではないのですが(汗)それでも2時間枠のエピソードはゲスト出演の俳優さんが何気に豪華だったりするので見逃せません。

 今回BS2で放送されたマープル「無実はさいなむ(Ordeal by Innocence)」は、その点で特に楽しみにしていたエピソード。なんといっても大好きな「ドクター・クイン」のマイク先生ことジェーン・シーモアがイギリスのドラマに登場するというのが本当に嬉しくて!happy01
 今ではアメリカの市民権も得て、Smallville(ヤング・スーパーマンだっけ?)やら先日のSVUやらとアメリカのテレビ界を主な活躍の場としてますが、もともとはボンドガールも演じたイギリスの女優さん。だから今回みたいなのが本来の姿なんですね。そういえばLOMでもクリスが「ボンドガールですよ。ジェーン・シーモア、いいよねぇ〜」みたいなこと言ってたよね(笑) お国言葉で演じる彼女を見たのは考えてみたらこれが初めてかも!

 なのに……………

Continue reading "ジェーン・シーモアが登場!!!! ミス・マープル「無実はさいなむ」"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 23, 2010

Castle #2「殺されたベビーシッター」

 私にとって"Castle"の読みは「カッスル」なんですが、それはまあおいといて(笑)
 主役がいかにもありがちなコンビにも関わらず気に入ったのは、二人の掛け合いがなんとなくハウス先生とカディに似てるからだと気付きました。もちろんあそこまで毒々しくはないけど(笑)

 ベケットと捜査に同行することになったキャッスルは、同行中に何かあっても訴えない、死んでも遺族は訴えない…という契約を警察から提示されるが、「弁護士が読んだら反対される」とその場で嬉々としてサインし、さっそくベケットとともに事件現場へ向かう。
 あるマンションの洗濯室の乾燥機の中に女性の遺体があり、12階に住むハワードとクローディアのピーターソン夫妻の家でベビーシッターをしているサラだとわかる。彼女の携帯が無くなっていて、頭には殴られた痕があったが、直接の死因はテーブルに頭をぶつけたことによる事故死だった。また彼女には死ぬ前に性交渉をした形跡があったがレイプではなく、彼女にしつこく電話をしていた元ボーイフレンドのブレントを疑うが、彼は事件のときは職場にいて完全なアリバイがあった。
 サラは夫人が留守のときだけ残業をしていて、夫のハワードと不倫関係かと思われたが、ハワードの浮気相手は会社の同僚で、サラには夕食の支度を頼んでいただけだった。
 エレベーターの監視カメラ映像を見たキャッスルは、サラが最初に地下に下りた時より二度目の方がエレベーターの時間が5秒ほど長くかかっていることに気付き、彼女が死ぬ前に15階の住人と会っていた可能性を指摘する。そこにはサラの友人クロエがベビーシッターをしているハリス夫妻の部屋があり、キャッスルがサラの携帯に電話をかけてみると寝室から着信音が聞こえてきた。

 一番ベタなのはベビーシッターと浮気した夫か、それにキレた妻が犯人ってパターンなんだけど、それじゃあ面白くないでしょ!っていうのが“キャッスル”流なんだよね(笑) それこそページをパラパラとめくるように話が次から次へと展開していって面白いです。最後のベケットの説得シーンはちょっとオリビア・ベンソンっぽかった^^
 それとキャッスルと娘のアレクシスの関係がすごくいい感じ。Sharkや今度始まるLie to Meみたいに、娘をほったらかしだけど一緒の時間が持てないことを気にはかけていて、ボーイフレンドが現れると露骨にイヤミを言う…っていう父親が多い中で、キャッスルは全然違うタイプ。ちゃんと自分で子育てしたし、その理由が「どうせなら自分の手で悪い子にしたかった」ってところがいいじゃないですか。しかもたぶん本気だし(笑)
 警察でも「これじゃ面白くない」っていう理由だけで事件を追っていくキャッスルに、言われるがままに指揮をとるボスもちょっと可笑しかったりします。

 今回死んだサラの親友クロエはエバーウッドのハンナでした。クリスティン・ベルがデッドウッドに出た時に演技が上手な子だな〜と思ったけど、ハンナ→クロエもしっかり演じ分けてて上手いなぁと思いました。

海外ドラマランキング
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 19, 2010

バーナビー警部 #41「蔵の中」

 サンドフォード・ハウスの住人で弁護士のニコラス・ターナーが屋上から転落死した。ニコラスは階下に住む銀行家のジャックが持ちかけた投資によって大きな損失を出し、以来二人は仲違いをしていたという。
 ニコラスは義理の両親の医療費のため銀行から限度額ぎりぎりまで借り入れをしており、両親が残したコーストンの家だけが彼の資産だった。また彼には顧客の金を着服したという噂もあった。
 その夜、ジャックの妻アントニアが、ジャックが時間になっても帰宅せず事務所の職員も行き先を知らないと言い、バーナビーとスコットはジャックの行きつけのパブのクイズ大会へ向かう。しかしそこにもジャックの姿は無い。ジャックのクイズチーム仲間のスパイサーとベナムは地元の有名人だが、横柄な態度で他の参加者たちからの評判は悪かった。またベナムはニコラスの横領の噂を流した張本人でもあった。
 翌朝になってもジャックは家に戻らない。引っ越してきた当初家の地下にワイン蔵があるという話を聞いたジャックは必死になってそれを探していたが、数ヶ月前に突然探すのをやめたらしい。アントニアはジャックがそこに閉じ込められているのではないかと言う。

以下ネタバレ感想

* * * * * *

 庭師と地主とか、マナーハウスとコテージとか、いかにも怪しげな人物設定なのにほとんどが無関係とは…^^;
 このドラマはいつも斧で頭を割るとか、鈍器で何度も殴るといった単純な殺害方法が多いけど、今回は手が込んでましたね。ベナムは地面に貼付けられたうえ投石機でワインボトルをぶつけられて殺され、スパイサーはブラウン管テレビの箱(箱っていうのかな?)を被せられて水責めならぬワイン責め! 犯人には創意工夫100点満点をあげましょう。
 犯人がベナムの妻バーニーに夫が殺されるところを見せたのは、ベナムによって人生を台無しにされたという共通点があって、バーニーを喜ばせたかったからですよね。実際バーニーも犯人に角度調節を指示してたし(爆)
 クイズチームの3人が組んで詐欺を働いているという時点で、最初に死んだのはニコラスではなくジャックだろうと気付いてしまいました。ジャックがニコラスに会わせたピーターも詐欺師側が仕込んだニセモノ。スコットがタブロイド紙に依頼して見付けた写真が本物のピーターだよね。
 蓋を開けてみれば全然華麗じゃないペテン師たちの話。やっぱりこういう場合、華麗なペテン師たちに仕返しを依頼するべきなんですよ(笑) だけどニコラスとフェリシティはこれで刑務所行きとはいえ、悪人どもに自分たちの手で仕返ししてやったわけだから気分はスッキリしてるでしょうね^^;

 ジョイスはディナーパーティーに行く予定だったのに、警部がワイン蔵に閉じ込められたせいで1人で出席する羽目に。だけどそれで機嫌を損ねるどころか、パーティーをしっかり楽しんでる。長年刑事の妻をやってきたことによる慣れなのか、それとも元々が天然なのか(たぶん天然です) いずれにしても彼女の楽天的でおおらかな部分は私もぜひ見習いたいものです(笑)

海外ドラマランキング
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

| | Comments (8) | TrackBack (0)

March 17, 2010

みんなのわんこ

「みんなのわんこ」に登録してみました♪

 右下(かなり下^^;)にブログパーツとして貼ってみました。犬好きの皆さんとの交流をはじめ、フォトコンテストなどにも参加できるみたいです。「きょうのわんこ」も見ることができますよ!
 わんこプロフにはうちのデミとマルクも載っています♪ みなさんも自慢のワンちゃんを紹介してみてはいかがですか?^^

にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 14, 2010

Spooks(MI-5)シリーズ3が5月3日スタート

 FOX CRIMEでのS3放送がようやく正式に発表されましたね♪→こちら

 いや〜〜待ってました。しかも字幕放送なのが非常に嬉しい! やっとアダムにも会えるし。てかアダム、“MI-6の鉄砲玉”って…(爆)
 最終話でのザフ初登場も非常に楽しみ(*^.^*) アダムとザフはそれぞれ「ホワイトチャペル」のジョー、「ミストレス」のハリーとして日本でも顔を覚えてもらえたことだし、皆さんもすんなり受け入れられるんじゃないかなと思います♪
 そういえばザフ、SATC2にちょこっと出演してるそうなんだけど、どんな役どころなのかな? サマンサの遊び相手とかかしらん(笑) かといってわざわざ劇場に見に行くのもなぁ……近所のシネコンでも上映するんだけど。どうしよう^^;
 それと、先日テレビをつけたままパソコンいじってたら聞き覚えのある声が……WOWOWで放送してた「フロスト×ニクソン」にトムが出てたんですねぇ。実はトムはあまり好きなキャラじゃなかったんだけど、リトル・ドリットでの彼はかわいくて好印象でした♪ アダムにはイライラするけどジョーやグリマニ公は好きっていうのと同じですね^^;

 Spooksは今年秋にBBCでシリーズ9の放送がすでに予定されてますが、いよいよこれが最終シリーズになるという噂も。(ソースはこちら
 個人的にはキリのいい10くらいで終わらせていいんじゃないかと思ってたので、次のシリーズで終了というのは時期的に妥当かもしれません。相変わらず高い人気と視聴率を誇ってるとはいえ、ひとつのドラマを終わらせて新たな作品を生み出すことも必要だと思うし、また違った素晴らしい作品と出会えるのはドラマファンとして大歓迎なのです。もちろんSpooksとのお別れは寂しいけどねweep

海外ドラマランキング
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

| | Comments (4) | TrackBack (0)

March 12, 2010

バーナビー警部 #40「千里眼の系譜」

 ミッドサマー・ミアで、パブを追い出された青年ジョン・ランサムが男たちと喧嘩をしている最中に死亡。彼の頭には電極を取り付けられたような傷があり、脳には血栓ができていた。ジョンを追い出したパブの店主ジミー・カービーはその夜ジョンの様子が変で、外でもみ合いになったのは喧嘩ではなく、暴れるジョンを皆で取り押さえようとしたのだと話す。
 元精神病院だったローワーミア・ハウスの博士である父親は、ジョンにあまり愛情を感じていないようだった。ジョンは未来を予知する千里眼の持ち主で、マッド・マックスと呼ばれている兄のマックスはジョンや村人たちを被験者として予知能力の研究をしていたらしい。
 ジョンの姉エマはジミーのいとこであるベンと夫婦で、信心深い二人は娘のクリスティンに洗礼を受けさせる予定だった。地元教会のクバツキ牧師はかつてバーミンガムで信者を増やした実績が認められてミッドサマー・ミアに赴任され、信仰よりも迷信や霊能力を信じる住民たちに信仰を広めようと意気込んでいた。

以下ネタバレ感想

* * * * * *

 サイキックは遺伝するのが新常識? 「デッドゾーン」でも実は遺伝だったしね^^;
 マルは予知能力の持ち主なのに、警察が訪ねてくることはわからなかったのかな?と思ったけど、実は20年前にすでに予知の中でバーナビーのことを見てたのはびっくり。自分の死まで見てしまった能力に抵抗するために、予知ではなく科学で気象を読むことに必死でしがみついてたマル。だけど結局は死ななかったんだし、これからはジョニー・スミスのようにその能力を良い方向に活かしていくのもよろしいかと。
(日本の警察でも実際にこうした能力のある人に捜査協力してもらうことがあるそうですよ)

 博士が「ジョンの正体に気付いてからは愛情に限りがある」って言ったのは、ジョンが千里眼を持ってるからじゃなくて、実の息子じゃないと知ったからだったんですねぇ…。
 またしても不本意な血縁が絡んでたけど、結局そこは事件とは無関係。そもそもあの牧師の布教活動に対する意気込みは見るからに怪しかった(笑) 布教の妨げになるからサイキックを殺したに違いない!!……と思ったら、本当の動機はそれ以上にバカバカしい。しかも最初のジョン殺害に関しては、彼の予知したことにキレたってだけだったし。
 サイキックより牧師の脳に電極を取り付けた方がいいんじゃないかって気がしました(爆)

海外ドラマランキング
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Life on Mars/Ashes to Ashes いよいよ最終章!

 Life on Marsから続く様々な謎がついに解き明かされる時が来ました。ジーン・ハント伝説最終章となるAshes to Ashesシリーズ3がこの春BBC1で放送開始です!

プレスリリースはこちら

 今度の舞台は1983年。プレスリリースの見出し「1983年といえば:ブリンクス・マット強盗事件、A-Team、マイケル・ジャクソンのBeat It、そしてハントの年!」っていうのがいいねぇ(*^∇゚)bグッ!
 アレックスとサム・タイラーを繋ぐものは? そして二人にとってジーン・ハントは一体何者なのか? 気になることがたくさんあって今からドキドキしています。非正規の無料ネット視聴というのはあまりしたくないので(これが横行するとプロダクションは製作費の回収ができず、作品の質の低下や最悪打ち切りの原因につながりかねないそうなので、ドラマファンとしては余程の理由が無い限り自粛してます)地道にDVD発売を待つつもり。夏頃には見ることができるかな♪
 泣いても笑ってもこれで本当に最後。ジーン・ハントと仲間たちの大暴れをじっくり楽しみたいと思います!
 日本でも早くS2以降を放送してくださーーい!!!!!!!(-人-;)

 余談ですがフィリップ大将、先月から撮影が始まった新作「Bel Ami」ではユマ・サーマンのダンナ役を演じるそうですね。こちらも楽しみです♪( ^ω^ )

海外ドラマランキング
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 07, 2010

CSI 最新エピソードにRascal Flattsが登場!!!!

 本国で放送されたCSI最新エピソード"Unshockable"(シーズン10第14話)にRascal Flattsがゲスト出演しましたー!!!!!!
キタ━*・゜゚・*:.。..。.:*・゜\(゚∀゚)/゚・*:.。.       .。.:*・゜゚・*━!!!!!

オフィシャルビデオがアップされたので貼っておきます♪

↓こちらはCBSのビハインドザシーン(最初にCMが入ります)

 演技が下手なのは大目に見てやってください、俳優さんじゃないので^^;

 さて、彼らがどんな事件に巻き込まれるかというと。
 ラスベガスでのライヴ中、ジェイがステージ上で感電して倒れ病院に運ばれてしまいます。彼の火傷の痕を見たキャサリンは、これは事故ではなく誰かが故意にジェイを感電させた事件だと判断。実はその前夜メンバーが今後の活動(ジェイ個人のプロジェクト)に関する意見のすれ違いから殴り合いの喧嘩になったことがわかります(だから全員顔にアザがあったのね^^;) それに彼のベースが細工されていたことから、ツアースタッフを含めた身内による犯行ではないかってことに……。

 ジェイが感電するシーンは笑っちゃった。絶対楽しんでやってるだろーー!って感じ。やっぱりこういうキャラはジェイの役目なんだ!(^Д^)
 病院に運ばれたジェイは隣のベッド(指を切断した男の子)の様子をそ〜っと覗いたり、様子を見に来たキャサリンの美しさにうっとりしたり…「手を見せて」と言われて「仰せのままに」って感じでしたよ(笑) 感電のショックで一時的に記憶を無くしてしまってメンバーの顔を見てもわからず(こういう韓ドラなみのベタベタ部分もジェイなら許せる)そのうえ「カントリーミュージックは嫌いだ」とか言うし!\(;゚∇゚)/
 翌日元気になって復帰すると「病院で新しい曲を作ったよ」と言ってラップを披露し会場はドン引き(爆) でもそんなアナタが好き。(*^ω^*)ノ
 ちなみにこのエピで披露されている曲は"Unstoppable"。エピソードのタイトルがこの曲をもとにつけられたのがわかりますね〜^^

 WOWOWではこの春からシーズン9が放送開始ってことで、日本でこのエピソードが見れるのは早くても来年になるでしょうね。それまでにせっせとRascal Flattsの宣伝活動に励まなくては!
 しかしローレンス・フィッシュバーンはかっこいいけど、サラと並ぶと見事にすきっ歯コンビなんだよね(笑)
 日本でお目にかかれる日が今から楽しみです♪

海外ドラマランキング
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

BNとSVUのブログパーツを貼ってみた♪

 ブログ村のリンクから訪問したujyoさんのブログで海外ドラマファンにうってつけの楽しいブログパーツが紹介されていたので、さっそく私もBurn NoticeとLaw & Order: SVUのウィジェットを貼ってみました♪ ドノヴァンさんがスパイ式危機回避法を指南してくれるのが楽しいです(笑)
(LOMとAshesもあったけどイマイチだったの^^;)

 重くなって表示が遅くなるのも何なので、他のブログパーツをいくつか引っ込めました。
 マイコーとステイブラーがブログにやって来た!と自己満足ではしゃいでおります(*^ω^*)ノ

| | Comments (4) | TrackBack (0)

March 05, 2010

バーナビー警部 #39「闇に下る鉄槌」

 コーストンの競馬で優勝した馬バントリングボーイを50万ポンドの高値で買いたいという人物が現れる。バントリングボーイは地元の旧家バントリング家と付き合いのある4人の“シンジケート”による共同所有だったが、馬を売るかどうかで意見が分裂。なかでも絶対に売らないと言って譲らなかったブルース・ハートリーが、その夜厩舎でハンマーで殴られて殺され、馬のトレーナーだったジェイクが姿を消した。
 馬の体調が悪くなり、オーナーたちはそれが噂になって値が下がるのを懸念する。不審者を見たというブルースの妻マリアナは、以前馬のドーピングが噂されたジェイクが来て薬を盛ったのではと言い、スコットが厩舎に張り込んで夜中に現れたジェイクを捕まえる。しかしジェイクはずっと面倒を見ていたバントリングボーイが自分の顔を見ないと寂しがるからと、馬に会いに来ていただけだった。
 その後、ブルースと同じく売却に反対していた医師のオズグッドが殺される。頭を殴られていたのは同じだが、彼は死後口にさるぐつわをされていた。シンジケートでは誰かが死んだら他のメンバーで所有権を分配することになっていて、反対派の二人が死んだことで植木屋のトビーと訪問看護師ジョアンナの取り分が増えることになった。
 しかしこの二人も相次いで同じ方法で殺されたことで金が動機である可能性は低くなり、バーナビーはさるぐつわの布と凶器のハンマーという点から、家紋に三角旗とハンマーが描かれているバントリング家の血筋にまつわる事件ではないかと推理する。

以下ネタバレ感想

* * * * * *

 あー怖かった。
 だから子供にゲームばっかやらせちゃダメなんですよ。(;-ω-)ノ

 さて、いまだ女優の道をあきらめずオーディションにチャレンジしているカリーですが、今回も残念ながら役にはありつけず、人生を無駄遣いしてるんじゃないかと思い始めてます。そこでバーナビーパパは引退した競走馬が暮らす“安息の地”へ彼女を連れて行って、そこで手伝いをしたらどうかとすすめます。とりあえず次のオーディションまでね、、、とカリーは半ば渋々承諾するけれど、意外と今後そこでやりがいを見出したりして。
 カリーは9才の頃ターミネーターに夢中だったそうで、なんかものすごい親近感を覚えました!(笑)

 車椅子だけど実は歩けないように見せかけて障害者年金をだまし取ってる植木屋のトレバーは「検死医マッカラム」で大好きだったボビーでした。お久しぶり!(*゚▽゚)ノ
 だいぶ年をとりましたが元々オヤジなので前回のバーナード君→ハリーほどのショックは無かったです(^-^;

 スコットの叔父さんってブックメーカーだったんですね。何となく納得(笑)
 ネズミをハンマーで叩き殺したのは残酷…(。>0<。) バーナビー警部にとっては幸運のネズミちゃんなのに〜(船にいたのと同じネズミちゃんに見えました。笑)

海外ドラマランキング
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

| | Comments (4) | TrackBack (0)

March 03, 2010

Burn Notice シーズン4に向けて

 バンクーバーオリンピックを楽しまれた後はニューヨークへと、あちこち飛び回ってお忙しそうなドノヴァンさん、いよいよBNシーズン4撮影のためマイアミ入りだそうです。日本でも順調に続きを放送してもらえるといいな^^

 そういえば北米トヨタのリコール問題がニュースになってますが、ドノヴァンさんの愛車は大丈夫なんでしょうか……たしかレクサスと並んでカムリもリコール対象になっていたはず。
 自分は車乗らないから無関係と思っていたけど、ひょっとしたらドノヴァンさんが事故に遭ってたかも…って考えるとやっぱり人ごとじゃないよね。

海外ドラマランキング
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« February 2010 | Main | April 2010 »