« Burn Notice シーズン4に向けて | Main | BNとSVUのブログパーツを貼ってみた♪ »

March 05, 2010

バーナビー警部 #39「闇に下る鉄槌」

 コーストンの競馬で優勝した馬バントリングボーイを50万ポンドの高値で買いたいという人物が現れる。バントリングボーイは地元の旧家バントリング家と付き合いのある4人の“シンジケート”による共同所有だったが、馬を売るかどうかで意見が分裂。なかでも絶対に売らないと言って譲らなかったブルース・ハートリーが、その夜厩舎でハンマーで殴られて殺され、馬のトレーナーだったジェイクが姿を消した。
 馬の体調が悪くなり、オーナーたちはそれが噂になって値が下がるのを懸念する。不審者を見たというブルースの妻マリアナは、以前馬のドーピングが噂されたジェイクが来て薬を盛ったのではと言い、スコットが厩舎に張り込んで夜中に現れたジェイクを捕まえる。しかしジェイクはずっと面倒を見ていたバントリングボーイが自分の顔を見ないと寂しがるからと、馬に会いに来ていただけだった。
 その後、ブルースと同じく売却に反対していた医師のオズグッドが殺される。頭を殴られていたのは同じだが、彼は死後口にさるぐつわをされていた。シンジケートでは誰かが死んだら他のメンバーで所有権を分配することになっていて、反対派の二人が死んだことで植木屋のトビーと訪問看護師ジョアンナの取り分が増えることになった。
 しかしこの二人も相次いで同じ方法で殺されたことで金が動機である可能性は低くなり、バーナビーはさるぐつわの布と凶器のハンマーという点から、家紋に三角旗とハンマーが描かれているバントリング家の血筋にまつわる事件ではないかと推理する。

以下ネタバレ感想

* * * * * *

 あー怖かった。
 だから子供にゲームばっかやらせちゃダメなんですよ。(;-ω-)ノ

 さて、いまだ女優の道をあきらめずオーディションにチャレンジしているカリーですが、今回も残念ながら役にはありつけず、人生を無駄遣いしてるんじゃないかと思い始めてます。そこでバーナビーパパは引退した競走馬が暮らす“安息の地”へ彼女を連れて行って、そこで手伝いをしたらどうかとすすめます。とりあえず次のオーディションまでね、、、とカリーは半ば渋々承諾するけれど、意外と今後そこでやりがいを見出したりして。
 カリーは9才の頃ターミネーターに夢中だったそうで、なんかものすごい親近感を覚えました!(笑)

 車椅子だけど実は歩けないように見せかけて障害者年金をだまし取ってる植木屋のトレバーは「検死医マッカラム」で大好きだったボビーでした。お久しぶり!(*゚▽゚)ノ
 だいぶ年をとりましたが元々オヤジなので前回のバーナード君→ハリーほどのショックは無かったです(^-^;

 スコットの叔父さんってブックメーカーだったんですね。何となく納得(笑)
 ネズミをハンマーで叩き殺したのは残酷…(。>0<。) バーナビー警部にとっては幸運のネズミちゃんなのに〜(船にいたのと同じネズミちゃんに見えました。笑)

海外ドラマランキング
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

|

« Burn Notice シーズン4に向けて | Main | BNとSVUのブログパーツを貼ってみた♪ »

Comments

Ayanoさん

こんにちは。ujyoです。
拙いブログに来ていただき有難うございました。
WIDGETも気に入っていただけて良かったです。

ところで、アメドラ以外のドラマもたくさん観られているんですね。羨ましいです。
私の大好きなHUSTLEの記事もあってついつい見入ってしまいました。あとバーナビー警部…渋いですねぇ(笑)

かなり私の好きなドラマ満載なので、また拝見しにきます♪
記事楽しみにしていま~すo(*^▽^*)o

Posted by: ujyo | March 06, 2010 at 12:46 AM

ujyoさん、こんにちは。
ご来訪ありがとうございます。
楽しいウィジェットのご紹介、ありがとうございました^^
自分で何度も見て楽しんでます(笑)

ujyoさん、HUSTLEがお好きなのですね!
スカッと爽快で楽しいドラマですよね〜。
夏に放送されるS4も楽しみです^^

最近は更新もちょっとサボり気味なのですが(汗)是非またいらしてくださいませ♪

Posted by: Ayano | March 06, 2010 at 11:25 PM

2回も録画に失敗してしまい、焦りました。
ようやく見られたのに、子どもの心の闇という後味悪い話で複雑です(笑)。
最初のほうで、シンジケートの理由がほのめかされていたので、単純な売る売らないの話ではないと察しはつきますが。
ところで、訪問看護師は誰の訪問看護をしていたのか説明ありました?
当の本人に襲われてピーターを授かってしまったのだとしたら、看護の必要ないのでは?という思いが拭えません(笑)。

Posted by: カクテキ | March 10, 2010 at 10:51 AM

カクテキさん、こんにちは。
ジョアンナはアンジェラの夫の看護師って言ってませんでしたっけ。やってることを考えると訪問看護とは名ばかりだったのかもしれません(笑)
「頭の弱い弟」はピーターの叔父さんなんですねぇ! ピーターが彼を「大好きな叔父さん」というより「私物化」している感じだったので、こういう子供は危険だぞと思ってはいましたが…お〜怖い。。。
馬の名前と中世の言葉を繋げてタイトルにもしてるのが上手くて、邦題だとこういう部分がなかなか伝わらないのがちょっと残念に思います^^;

Posted by: Ayano | March 12, 2010 at 01:11 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91761/47733721

Listed below are links to weblogs that reference バーナビー警部 #39「闇に下る鉄槌」:

« Burn Notice シーズン4に向けて | Main | BNとSVUのブログパーツを貼ってみた♪ »