« HUSTLE S3-#5「王室スキャンダル」 | Main | ボーイ・ジョージの少年時代を描いたドラマ »

February 06, 2010

マリナ S1-#24,#25(たまにはテレノベラも掘り下げて語ってみる)

フリオ復活!ψ(`∇´)ψ

 いきなり10年が経っちゃいました。なのに誰も老けてない…(笑)
 マスクの男→フリオはどうやら刑務所にいたようです。モンテロ家に出稼ぎに行ってたんじゃなかったんだ(爆)
 出所したフリオは路頭に迷っていたサラと出会い、彼女に売春をさせ自分は窃盗で生計を立てていた。しかしサラが売春はもう嫌だと言うとフリオは怒って家を出て行ってしまう。捨てられたサラは(っていうかフリオ戻ってくると思うけど^^;)ふたたびリカルドを脅迫して大金を手に入れることを思い付く。
 この二人はいつか手を組んでアラルコン家に殴り込みをするだろうなと予想していたけど、まさかこんな出会い方をするとは思いませんでした。しかもサラって自分を助けてくれたフリオに対して義理堅い面があったり、彼のこと本気で愛してたりと、こんな普通っぽい部分もあったんだなぁ。アラルコン家にいた時はとんでもないウザウザ女だったけど、ちょっと同情してきちゃった。まあ因果応報といえばそうなのかもしれませんが^^;

 16才になったチュイは家計を助けるため学校を辞めて必死で働いている。幼なじみの悪友に泥棒を手伝えばもっと金が手に入るとそそのかされても、母親のルペが許さないと断固として拒否します。貧乏で家賃はおろかその日の食費にも事欠く生活だけど、近所の人たちの助け合いやルペの惜しみない愛情があってチュイはとても素直ないい子に成長しました。
 一方パティは車を買ってくれとか貧乏人をバカにしたりするタカビーな生意気ティーンに。サラが世話をしてた頃はあんなに良い子だったのに、いつの間にかOCに出てきそうな娘になっちゃいました。
 チュイを見ていて、この子はルペが育てたからこそ素晴らしい子になったんだとつくづく思ってましたが、マリナとリカルドが育てると(っていうかアラルコン家で育つと)やっぱりパティみたいなワガママ娘に成長してしまうわけですか!┐(´д`)┌ヤレヤレ
 だけどパティも幼い頃にマリナがあまり一緒にいてくれなかったことで寂しい思いをしていたようです。
 ピアノのコンサートに出かけたマリナは外で宝くじを売っていたチュイと会う。でもパティは彼に失礼な態度を取り、リカルドも素っ気ない。あげく泥棒に入った少年が殺されたというニュースに「泥棒に同情なんてしない」と言ったり、「あの少年(チュイ)もあのあと泥棒に行ったに違いない」とか、街の治安が悪化しているとかいって銃まで買ってきちゃうし。

リカルドって最低……

「見た目はいいけど最低な男」(←たしかに!笑)と言われるように誰が見ても悪党なフリオと違って、リカルドは一見人当たりの良い優しいおぼっちゃまだけど知れば知るほど最低っぷりが露見してくるタイプで、こっちの方が非常にタチが悪い。さすがのマリナも貧乏人=犯罪者と決めつけるリカルドとパティに「二人とも最低」発言をしてしまったほどだもん(苦笑) 家族を守るためなら何でもする、っていうなら銃を買うよりまずアナタ自身が常識を身に付けてください。しっかり者のエリアスと本当に兄弟なのが(しかも兄なのが!)嘘みたい。

 サラのこともそうなんだけど、きっとこの国では悪事の底に“絶望的なまでの貧困”っていうのが原因にあって、テレノベラでは悪役はあくまで単に性格が悪いってだけの場合が多いんだけど、今回はその原因まで踏み込んで描いてるのが珍しいなって思いました。もちろんルペのように貧乏でも正しく生きなきゃいけないっていう人もいるわけだけど、彼らの言うように世の中っていうのは本当に不公平で、ルペのような強い信条を貫きたくてもそうできない状況っていうのが出てきちゃうわけだよね。実際チュイもルペの薬代が払えずどうしようもない状況だし…(涙)
 マリナはそういうのを理解して「息子が飢えで苦しんでるかもしれないのに自分はこんな贅沢をして、こんなの全然幸せじゃない」と言える人間なんだけど、あっさり「泥棒には同情しない」の一言ですませるリカルドは、自分がどれほど恵まれた人生を送っているかなんて全然気付いてないんでしょうね。こういう人に世の中の何がわかるんですかと言ってやりたいです。

 それにしてもみんな首尾範囲が近所すぎますよね!(爆) フリオもチュイ(当時はリカルディト)をもっと遠くに捨てればよかったのに、こんなに何度も偶然会っちゃうほど近くに捨てたのはテレノベラの神様の思し召しかも(笑)
 そしてヘルトルディスは音沙汰なしだけど、あのまま10年昏睡状態が続いてるんでしょうか?^^;

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

|

« HUSTLE S3-#5「王室スキャンダル」 | Main | ボーイ・ジョージの少年時代を描いたドラマ »

Comments

素晴らしいブログを読ませていただきありがとうございます。
これからも更新頑張ってください。

Posted by: 出会いだった | February 06, 2010 at 04:10 PM

ご来訪ありがとうございます。
マイペースでやってるブログですが、これからも細々と地道にやっていきたいと思います^^

Posted by: Ayano | February 07, 2010 at 01:42 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91761/47488177

Listed below are links to weblogs that reference マリナ S1-#24,#25(たまにはテレノベラも掘り下げて語ってみる):

« HUSTLE S3-#5「王室スキャンダル」 | Main | ボーイ・ジョージの少年時代を描いたドラマ »