« Spooks(MI-5)再放送してます | Main | 3月の視聴予定 »

February 26, 2010

バーナビー警部 #38「死を招く魔性の花」

 ミッドサマーの蘭の品評会に参加していた女性マデリン・ビリアーズが自宅で死んでいるのを、出入りしていた便利屋のハリー・ローズが発見する。彼女は万が一不治の病になった時のためにと用意していたドクニンジンを飲まされていた。部屋の様子から彼女はスイスへ行って結婚する予定だったらしい。金庫にはラテン語で書かれた日記と帳簿が入っており、バーナビーは地元のロバート修道士にその翻訳を依頼する。
 帳簿にはマデリンが珍しい蘭を高額で売っていたことが記録されていた。なかでも希少種のイエロー・ロスという蘭は、H.Pという人物に15万ポンドで売られていたことがわかる。
 H.Pは品評会で3位だったヘンリー・プラマーのことと思われたが、翌朝彼が自宅で首を吊って死んでいるのを妻のデボラが見付ける。彼の家の蘭が何者かによって荒らされており、そのショックで自殺したのではとデボラは話すが、のちに彼は自殺に見せかけて殺されていたことがわかる。
 マデリンが利用していた旅行会社の記録によると、彼女はジミー・フォンという人物と一緒に何度かペルーやボルネオに行っていたらしい。またフォンはマデリンの遺言執行人で遺産相続人でもあり、スイスの銀行口座も共同名義になっていた。二人は蘭の密輸入をしていて、マデリンはプラマーにイエロー・ロスを売ったが、プラマーがなかなか全額支払わなかったためハリーにイエロー・ロスを取り返しに行かせていた。しかしハリーがプラマーの家に行った時はすでに蘭が荒らされていたという。

以下ネタバレ感想

* * * * *

 今回は犯人よりも、殺された人たちの方が壊れてました。犯人の目的は希少種の保護よりあくまで金だったし。
 バーナビー警部の言う通り私も「たかが蘭だ」って思うけど、彼らにとっては特別なものなんですね。だからといって後ろからピッチフォークでグサリとやられて死ぬのは嫌だshock
 プラマーは家計が破綻しそうなほど熱中して妻の逆鱗に触れてました。死んでるのを発見された時の彼の靴下に穴が開いてたのは、新しい靴下を買うお金すら惜しんでそのぶん蘭に金をつぎ込んでた何よりの証拠かも^^;
 マデリンの部屋の金庫の鍵が見つからず、どうやって開けるのかと思ったらスコットが斧を持ち出してびっくり。警察ドラマは山ほど見てきたけど、この開け方は新たな手法だ!(爆)

 今回登場した植物学のウィンスタンレー教授ことハリエット・ウォルターは、最近ではL&O:UKのボス役で顔なじみ。そういえばリトル・ドリットにも出てますね。彼女って2009年のトニー賞にもノミネートされてたんだ!
 そしてハリー・ローズはよく見たらフロスト警部が息子のようにかわいがっていたバーナード君ではないですか。あまりの変化に一瞬わからなかった………時の流れは無情だなぁ\(;゚∇゚)/

海外ドラマランキング
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

|

« Spooks(MI-5)再放送してます | Main | 3月の視聴予定 »

Comments

Ayanoさん  おはようございます

ネロ・ウルフのCMのあとにこの作品。意図的な筈はないけど、、蘭つながり。

そうそう、ミスチャンの掲示板でもayanoさんにレスの形で投稿させていただきましたけど、ハリー・ローズ役のMatt Bardockさん、ちょっとわかりませんよね。
「歳とったなあ」って。
一緒に見ていたうちの奥さんに「フロストのクライブだよ」って言っても、「まさか」と言って信用してくれませんでした。
うまく役柄を表現したらこうなったとも言えるかもしれませんけど。
でも僅か数年で・・・歳とったなあ〜〜〜

Posted by: 通行人ムール | February 27, 2010 at 08:19 AM

通行人ムールさん、こんにちは。
バーナード君の変貌ぶりは役作りだと思いたいです^^;
しかし彼の姿を見て、じゃあもっと年長のフロスト警部やバーナビーが引退するのも時期的には当然なんだなぁ〜〜と思えてきました。
寂しいですが、同時に若い俳優さんたちの成長や活躍もまた楽しみですね。

ネロウルフのCMと今回のエピソードのつながりかたは可笑しかったです。
ネロウルフはよく知らないのですが、なんだか美味しそうなのでちょっと楽しみにしてます(笑)

Posted by: Ayano | February 28, 2010 at 01:42 AM

ハリー・ローズは、バーナードでしたか。
すぐ後に、ちょうどバーナードに調査を頼む回のフロスト警部を見たのに全く気がつきませんでした。
スコットの斬新な捜査は、警部でなくてもびっくりですね。
カリーが、旅行会社の顧客情報を一緒に見てしまったのはスコットに馴染んでしまったからでしょうか。
捜査ドラマ見すぎなので、「カリー、ページを表示したら席を立つのだ!」とアドバイスしたくなりました(笑)。

Posted by: カクテキ | March 03, 2010 at 02:15 PM

カクテキさん、こんにちは。
ハリー・ローズ=バーナード、私はパッと見で彼かなって思いつつ、見れば見るほど逆に「本当に彼か?」と思ってしまうくらいの変貌でした^^;
もっともウィリアム王子も今ではあんなことになっているし…(以下自粛)
カリーがまさかスコットと一緒に会社の情報を見ちゃうとは思いませんでした。
あそこは黙って立ち去って「スコットが覗き見した」ことにするのが捜査ドラマの常識なのに! 見事にそれをくつがえされたエピでした(笑)

Posted by: Ayano | March 03, 2010 at 07:39 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91761/47670761

Listed below are links to weblogs that reference バーナビー警部 #38「死を招く魔性の花」:

« Spooks(MI-5)再放送してます | Main | 3月の視聴予定 »