« 「ホワイトチャペル2」が撮影開始♪ | Main | 「タガート」に見るスコットランド独立とUKドラマ事情 »

バーナビー警部 #37「愛憎の終幕」

あはははははは!!!!!!;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

「キッチン・コンフィデンシャル」のおバカ副料理長スティーヴンがレガッタ選手ヘンリー役で登場しましたーー!!!!(爆笑)

 それはさておきまず本題。
 ミッドサマーで開催されたレガッタ大会のレースの最中、ボートクラブの会長ガイ・スイートマンが川から水死体で発見された。彼の女性遍歴は昔から有名で、同じボートクラブのトレントの娘ヘティやクラブの会計係クレアともかつて愛人関係だったが、現在はサンドラという女性と真面目に交際していて婚約もしたらしい。
 しかしクラブのバーマンのリントンによると、ガイはここ2ヶ月ほど週末にトレントの船アラベラ号でトレント、パークウェイとともに会議をしていたらしい。彼は金曜の夜にガイたちが船で口論していたのを聞いたと言い、女性関係よりもクラブのメンバーが怪しいと話す。
 トレントは別れた妻への慰謝料と娘ヘティの浪費癖、教師のパークウェイは昔成人映画に出演したことを知った教え子から脅迫され、二人とも金に困っていたらしい。
 アラベラ号を見張っていたスコットは、前科のある宝石商のホーキンスが船に出入りしているのを目撃。借金を抱えるトレントとパークウェイがホーキンスと手を組んで保険金詐欺を計画しているのではと考える。
 事件の前からずっと外出していたサンドラがミッドサマーに戻ってきた。ガイが殺されたことを聞いた彼女は「ボートクラブの人たちは品行が悪く利己的だ」と話す。彼女は強盗を装った保険金詐欺の計画を知り、中止するようガイを説得していた。実行の直前で仲間から抜けたパークウェイも、船で口論になったのはガイが計画を中止すると言い出したことが原因だったと認める。
 その後、サンドラがバイクのヘルメットを被った人物に自宅で襲われる。バーマンのリントンがサンドラの元夫だったことを知ったバーナビーは彼が怪しいと考えるが…。

* * * * * * *

 このドラマにしてはめずらしく、お金と嫉妬が動機という比較的まともな(←?)事件でした。
 またジョイスのおねだりが炸裂! 結婚式をもう一度やれ、家を買え、アフリカ旅行に連れて行け、そして今度は船を買えときた。いくら夫婦とはいえ一体どこまで貢がせるつもりですか^^; さすがにカリーも今回はちょっとパパに同情的な顔をしてましたね。
 スコットいわく「机のきれいな男は信用できない」そうです。じゃあ彼にとってはモンクさんや騎馬警官フレイザーも信用できないのだろーか^^;

 さてさて、冒頭の爆笑の続き。今回のエピには「キッチン・コンフィデンシャル」のスティーヴンことOwain Yeomanがゲスト出演♪ オリンピック選考委員からも注目されている有望レガッタ選手で、生意気娘ヘティとボートクラブの会計係(兼コーチ)のクレアと二股をかけてる女好きのヘンリー・チャールトン役です。
 とにかくノリータでのおバカっぷりが頭に焼き付いちゃってるので、もう顔を見たとたん大爆笑! バーナビーにゲスト出演してるのは知ってたけど、このエピだったんですねぇ^^
(ちなみにサラ・コナークロニクルズの初代クロマティもこの人)
 かつてLOSTのデズさんも女好きのお金持ちの役で登場しましたが、最初の15分で殺されちゃったデズさんと違って、ヘンリーは最後まで二人の女性といちゃついておりました(笑)
 ヘンリーにとってヘティとの付き合いは、クレアと親しくなりすぎたことによるお遊び。でもその後レガッタ大会で見事に優勝し、イタリアでの合宿に参加するからと言ってクレアにあっさりお別れを言っちゃうし。今までずっとコーチをしてきたクレアは裏切られたって感じてるのに、「でもここを離れたくないんでしょ?」とヘンリーまったく悪気なし。それどころかクレアが怒ってる理由も全然わかってない呑気なKY君ぶり^^; 女好きで意味なく自信過剰でちょっと天然なところまでスティーヴンにそっくりです。しかも最後にクレアとのお別れディナーと言ってエプロン姿でロブスター料理してるシーンは完全にそのまんま、キッチン・コンフィデンシャルにハマった私としては爆笑もの! おかげでいつも以上にこのドラマを楽しませてもらえました♪
 と思ったら今度スパドラで始まる「The Mentalist」にも出てるのか……こっちも最初のうちは絶対笑っちゃうんだろうなぁ(爆)

海外ドラマランキング
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

« 「ホワイトチャペル2」が撮影開始♪ | Main | 「タガート」に見るスコットランド独立とUKドラマ事情 »

Comments

Ayanoさん,こんにちは。
>モンクさんや騎馬警官フレイザーも信用できないのだろーか
笑!二人の机のキレイぶりは半端じゃないですものね~。きっと大いに信用ならない奴でしょう!
今回の事件、女性をとっかえひっかえするガイが全然魅力的ではなくて、どーしてあんなにモテるのか不思議でした。
ヘンリー、エプロン姿がかわいかったです。激怒したクレアはあの後ロブスターを食べたのでしょうか。(笑)

ボートに出没したねずみちゃん、気持ち悪いというよりかわいかったです。(笑)

さんたさん、こんにちは。
同じきれいな机でも、鉛筆を長さ順に並べるフレイザーに対し、モンクさんは鉛筆をすべて同じ長さに揃えるという違いがあるところが面白いです(笑)
タレントネズミちゃん、かわいかったですね♪

ガイはたしかにどこがいいのかわかりませんね。
そんなに性格がいいわけでもなさそうだったし…(苦笑)
ヘンリーって図体はデカいけどちょっとトボケたキャラで愛嬌ありましたよね〜^^
彼が二代目トロイを演じてたら結構似合ってたかも!と今さらながら思いました。
今はすっかり出世してお忙しそうですが、ジョンハナさんやカーライル様みたいにイギリスドラマにもまた戻ってきてくれたら嬉しいな♪

キッチン・コンフィデンシャル知らないので、損した気がします。
>このドラマにしてはめずらしく、お金と嫉妬が動機という比較的まともな
今回特に出てくる人みんな怪しくて、それなのにこんな正当な理由だと、逆に拍子抜けしてしまいますね(笑)。
ボートのねずみちゃんもかわいいですが、ねずみちゃんに感謝の言葉を述べる警部もかわいかったです。

カクテキさん、こんにちは。
今回はお約束の「壊れた感」がありませんでしたね〜(笑)
いつもと違う意味で意表をつかれたかも^^;
ネズミちゃんを見てたら着ぐるみジーン・ハントを思い出しちゃいました^^

ヘンリー、キッチン・コンフィデンシャルでは新人(BONESのスイーツ)のお尻をバーナーで焼いたりしてたんですよ(爆)
かなりバカドラマでしたが毎回楽しく笑わせてもらいました。
スパドラで始まるThe Mentalistでの再会がちょっと楽しみです♪

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91761/47611495

Listed below are links to weblogs that reference バーナビー警部 #37「愛憎の終幕」:

« 「ホワイトチャペル2」が撮影開始♪ | Main | 「タガート」に見るスコットランド独立とUKドラマ事情 »

参加してます

コミュニティ

メールはこちら


無料ブログはココログ