« 米CBSがWire in the Bloodをリメイクするという噂 | Main | 「第一容疑者」の伝説を継ぐのはジュリアン・ムーア!? »

February 12, 2010

バーナビー警部 #36「止まらない凶行」

 フレッチャーズ・クロスの“心霊協会”で開かれた降霊会で、霊媒師のロゼッタが「誰かに不幸なことが起こる」と告げる。
 同じ頃、葬儀社を経営するパトリック・ペニマンが自宅1階の霊安室で両手首を切って死んでいるのを、妻のジャネットが発見する。
 パトリックは自殺ではなく、後頭部を鈍器で殴打されて殺されていた。バーナビーは関係者の話を聞いていくうちに、パトリックがケチな人物で、遺族に内緒で棺桶の使い回しをしていたことやバイトへの給料が未払いだったことを知る。
 ジョイスは冷やかしで降霊会に参加した友人エリザベスに誘われ、興味本位でその日の降霊会に顔を出すことにする。しかしロゼッタに馮衣したヴィクトリア朝時代の少女シャーロットの霊が「復讐の天使がいる」と告げたことで、ジョイスはそれが事件の捜査をするバーナビーの妻である自分のことだと思って怯える。
 エリザベスはバーナビー同様、ロゼッタの霊能力を詐欺だと信じていた。自分の母が彼女の降霊会の後ショックを受けて亡くなったこともあり、ロゼッタの正体を暴くために降霊会に通い続けていたのだった。また彼女は、その母の遺言で棺桶に納めたはずのブローチが、数日後アンティークショップで売られていたことをジョイスに話す。
 その翌朝、エリザベスが玄関先でパトリックと同じ方法で殺されているのが見つかった。

 久しぶりのバーナビー、存分に楽しませてもらいました!
 ロゼッタが言った「復讐の天使」はジョイスではなくエリザベスだったのですねぇ。
 さてさて、霊媒師といえば真っ先に思い浮かぶのが「セカンド・チャンス」のガエタナ!(笑) ロゼッタの助手イヴが演出のための小細工も必要だと打ち明けてたけど、ガエタナの降霊会でもそうだったよね^^; もっともガエタナは一応ペドロに関しては本当の霊媒師だったし、情報を提供してもらってたことが判明したロゼッタもシャーロットの霊と交信してた部分は嘘じゃなかったみたい。そりゃ、不思議部分をすべてを否定しちゃったらやっぱり面白くないもんね。
 棺桶の使い回しは「マクベス巡査」でも出てきたネタ。つってもあの時はもっと堂々と掘り返したうえに、宇宙人の仕業にしてましたが(笑)

 しかし今回もやっぱり壊れた人たちの犯行でした。イギリスのドラマって本当に変態が多いよね^^;
 フレッチャーズ・クロス駅の再開イベントは、いかにもこのドラマらしい場面。こういうイギリス南部ののんびりした雰囲気に対する、残酷な事件&壊れた人のギャップがこのドラマの面白さでもあります。
 スコットは今回特に存在が薄かったなぁ〜〜^^; WITBでアレックスの代理でヒル先生とコンビ組んだ時はなかなかかっこ良かったんだけどね。個人的にはスコットもわりと気に入ってるんだけど、ここぞという時のトロイの粗忽な一言が無いのはやっぱりちょっと寂しいかな。

海外ドラマランキング
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

|

« 米CBSがWire in the Bloodをリメイクするという噂 | Main | 「第一容疑者」の伝説を継ぐのはジュリアン・ムーア!? »

Comments

色濃い緑と陰鬱な事件のギャップが好きだったりしますが(笑)。
棺桶の使い回しや装飾品泥棒の話はよく出て来ますよね。
防腐剤の触れた服を古着屋で買って着て中毒死、なんて話も見た事が在ります。
それにしてもジョイスはどうして事件に関わってしまうのでしょう?
そろそろ誰か怪しまないと(笑)。

Posted by: カクテキ | February 20, 2010 at 10:58 AM

カクテキさん、こんにちは。
美しい森や花咲く庭先に血まみれの死体…
というシチュエーションもすっかり慣れてきました(笑)
ジョイスはよせばいいのに事件と関係のあるイベントに首を突っ込みますよね。
普通なら舞台で仲間が死んだ時で懲りると思うんですが^^;
まあそれだけ娯楽が限られた小さな街ってことなんでしょうか(それにしては人が死にすぎ)
この人の行く先々で殺人事件が…という土ワイや火サスの黄金パターンも、このドラマだとなぜか許せてしまいます(笑)

>防腐剤の触れた服を古着屋で買って着て中毒死
それは怖い!
てか、着る前に洗わないんですかねぇ?^^;(←新品でも洗ってから着る人)

Posted by: Ayano | February 22, 2010 at 02:50 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91761/47550297

Listed below are links to weblogs that reference バーナビー警部 #36「止まらない凶行」:

« 米CBSがWire in the Bloodをリメイクするという噂 | Main | 「第一容疑者」の伝説を継ぐのはジュリアン・ムーア!? »