無料ブログはココログ

« 海外ドラマファンも必見の第44回スーパーボウル | Main | HUSTLE S3-#6「怪盗ゴースト」 »

February 09, 2010

ニューヨーク1973 Life on Mars #1

 せっかくなので感想を書いてみましょう。
 最終話まで見た後でもう一度最初から見てみると、いろいろと伏線が隠されていたことに気が付くものです。オリジナルでもオズの魔法使いとか、アニーの"Stay"って言葉とかあったよね。今回ももちろんセリフの中にそれがあって(どのへんが伏線なのかは言わないでおくけど)これってつまりあの結末は最初から決まっていたことなのか……と考えるとちょっと切なかったりして^^;
 オリジナルをご覧になった方には大変既視感のある第1話だったと思います。サムが車にひかれるシーンはNYの方がリアルですね(笑) ただ目を覚ますまでの「間」はもうちょっとあった方がよかったかも。
 でもニューヨークでBaba O'Rileyは完璧。若き日のマックがどこかに隠れてるかもしれません(爆)

 ジーンは別人ですね。ハーヴェイ・カイテルなら本家ジーンのような圧倒的な存在感を出せるはずなのに、彼を無駄遣いしちゃってる感じで勿体ない。
 個人的にはOZがらみの人たちが登場するのが嬉しいんですが、せっかくビーチャーいるしNYだし、だったら少年時代のケラー(じゃなくてステイブラー)とサムを遭遇させてみたかったなぁ……と想像の中で楽しんでみます(笑)

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

« 海外ドラマファンも必見の第44回スーパーボウル | Main | HUSTLE S3-#6「怪盗ゴースト」 »

Comments

Ayanoさん、こんにちは。
オリジナルに忠実なせいか、第一話は結構楽しめました。世界貿易センタービルの映像は胸が痛かったです。

クリスやレイがこんなに似ているとは!ウケました。

おっしゃるとおりジーンは別人ですね。フィリップさんのジーンが頭にこびりついているので、なかなか受け入れるのが大変かもしれません。いちおうもう少し視聴を続けてみます。

さんたさん、こんにちは。
屋上のシーンが無いことを除けば、ほぼオリジナルそのまんまで見やすかったのではと思います。
NYは大好きな街なので、当時の様子が見られるのは嬉しいです^^

レイとクリスはなかなかいい感じですよね。
ただ全員オリジナルほどの強烈な個性が伝わってこないのがちょっと残念です。
それにハーヴェイ・カイテルならフィリップさんのジーン並に視聴者を圧倒できるはずだと思うんですけど、ちょっと抑えてる感じがしません?
ジーンならやっぱりもっとプンプン体臭まき散らさないと!(爆)
もっとも完全に別人として見ちゃえばそれほど違和感は無いのですが^^;

次回はビーチャーが現れますよ〜♪

早速ビーチャーなんですね。きゃぁ!どうしよう。
イギリスドラマに疎いもので、アメリカドラマではこの知ってる人と再会が楽しみで、だから本家とは違う!とブツブツ言いつつも新たな楽しみを見出せるのではと思っています。
マックやステーブラーとの出会いがあっても確かに面白いですよね。
キャストは名前は同じでも別人と開き直って観ていこうと思います。早速サム・タイラーのイメージ壊れましたから…ジーンも別物と考えて期待しています。

Garotoさん、こんにちは。
俳優さんの演じ方や製作陣の解釈の違いなんかもリメイク版の楽しみですよね。
製作会社と放送局が同じだったら子供時代のマックと遭遇!もあったかな?
サムに現代の科学捜査を教わってその道を目指すことになるとか(笑)

こっちのサムはいつも悩ましげな表情をしていたシムさんとは全然違うので、完全に別人として見ています。しかもジーンより強そうだし!^^;

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91761/47526149

Listed below are links to weblogs that reference ニューヨーク1973 Life on Mars #1:

« 海外ドラマファンも必見の第44回スーパーボウル | Main | HUSTLE S3-#6「怪盗ゴースト」 »

参加してます

Twitterはこちら

コミュニティ

メールはこちら