« NIP/TUCK S5-#19 マニー・スカーリット | Main | HUSTLE S3-#2「ひまつぶし」 »

January 11, 2010

BBCスコットランドの罠

 タガートの25周年記念番組やトレイラー等で、今までミスチャンが表記してた「ジョン・ミッチー」ではなく実は「ミキー」だということが判明した、にもかかわらずついミッチーと呼びたくなってしまうJohn Michieですが(笑)
 先日BBCスコットランドのニュースキャスターが彼のことを

「タガートのスター、ジョン・ミッヒー

と言っていた……工工エエェェ( ̄∀ ̄;)ェェエエ工工

もう、わけがわからん!!!!!!!

 おそらく「Loch」を「ロッホ」と読むか「ロック」と読むかの違いと同じだと思いますが…。ちなみに日本のスコットランドガイド本などは「ロッホ」って読みがなになってて、たとえばネス湖はロッホ・ネスだけど、マクベス巡査の村Loch Dubhは「ロックドゥ」って言ってたよね(たまにロッコドゥとも聞こえたが)
 いっそご本人が自己紹介してくれればすべて解決するのになー^^;

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

|

« NIP/TUCK S5-#19 マニー・スカーリット | Main | HUSTLE S3-#2「ひまつぶし」 »

Comments

Ayanoさん  こんにちは

名前の読み方、難しいですね。僕も「ミッチーが似合う」なんて勝手に思ってますけど。

本人が「私はXXXXXです」といってくれれば正解が出るのですが、それでも改まらない場合も有ります。
「水上勉」さんご本人は「みずかみです」とおっしゃっていても「みなかみつとむ」とルビをふったものがありますし。

本国でも難しいのに、外国ではもっと難しいことになりますね。「ディエル」---「ダルジール」は記憶に新しいです。
MotoGPに、ハンガリーの「Gabor Talmacsi」選手がいます。日本語のページや放送では「ガボール・タルマキシ(タルマクシ)」と呼ばれています。しかし本当は「タルマーチ・ガーボル」だと思うんです。ハンガリーからの日本語ニュースでは「タルマーチ」と書いてますし、僕の知人のハンガリーの「Gabor 」さんは全員「ガーボル」さんです。
ハンガリーの名前は日本と同じ順ですから、したがって「タルマーチ・ガーボル」さんだと。

やっぱり、名前は難しい。

Posted by: 通行人ムール | January 11, 2010 at 08:41 AM

通行人ムールさん、こんにちは。
慣れとは恐ろしいもので、ついついミッチーと呼びたくなってしまいます^^;

BBCスコットランドってグラスゴーのクライド川沿いにビルがあって、まさしくタガートの地元。そのキャスターがミッヒーって言ったのは衝撃でした……。
ただ今回はタガート特番のナレーションが「ミキー」だったので、これが本当の呼び方というか通称だと受け入れることにしています(さすがにご本人も確認されるでしょうし^^;)
たしかにLochがロッホならMichieもミッヒーで正解なわけですよね。きっとミキーとミヒーの中間がスコットランドらしい発音なんだと思いますが、そのへんは人によって若干の違いもあるでしょうし、イングランドだと完全にミキーになるのかも。
で、そういう微妙な発音をカタカタに直そうとするから余計にやっかいなことになるわけで……このへんはもう、日本の名前をアルファベットにしてもほとんど正しく読んでもらえないのと同じことなのでしょうね^^;
もちろん日本人の名前なのにふりがなが間違ってるというのは問題外ですが(苦笑)
余談ですが日本の女性によくある「○○子」という名前は、欧米では男性名とよく間違えられたそうですね〜(さすがに最近はそんなこともほとんど無いと思いますが^^;) 女優の石田えり子さんがイギリス(アイルランドだったかも)に留学した際、あちらのスタッフがEriko→Erikという男性名と勘違いして、現地に着いたら男子寮の部屋を用意されていた…という話を聞いたことがあります(笑)

>ハンガリーの名前は日本と同じ順
えーーーーーそうなんですかっっ!!
全然知りませんでした!
あちらで自己紹介するときは日本と同じでいいのですね^^

Posted by: Ayano | January 12, 2010 at 04:15 AM

おはようございます。 寒いですねえ。 東京も一部は雪模様らしい。

名前の話をもうひとつ。
自転車のプロロード選手に「Thomas VOECKLER 」という人がいます。活躍を初めて数年間は日本の放送等では「ヴォエックラー」さんと呼ばれていました。ところがある時を境に「ヴォクレール」さんになりました。こちらが本当だったらしいのですが、数年間も誰も確認しなかったのかい? というような出来事でした。

ハンガリーの習慣は日本にとても良く似ています。家に入る時は靴を脱ぐ家が多いです。几帳面で時間に正確です。
伝説?としては「蒙古斑」が有ると言われています。
言語の構造も日本語と共通点が有るようです。
ブタペストをはじめハンガリーの各街の居心地は非常によいです。

えり子さん、、男性と思われる場合も有りますね。うちの奥さんもXX子なんですが、通称では最後の「KO」を「KA」にしています。えり子さんの場合でしたら「エリカ」になるわけですね。

ではでは

Posted by: 通行人ムール | January 12, 2010 at 07:42 AM

通行人ムールさん、こんにちは。

そういえばジュリー・レスコーのヴェロニック・ジュネストさんも最初は違う表記をされてましたねぇ。
ミッチーじゃなくてミキーらしいよ…と言いたくても番組の放送自体がないので発言の機会もありません(苦笑)

ハンガリーの生活習慣、興味深いですね。
最近タイのドラマを見ているのですが、タイでも家の中では靴を脱ぐということを初めて知りました(たまに靴のまま入っちゃってることもありますが^^;)
車は左側通行だしファミリーマートもあるし(これはあまり関係ないですが。笑)意外と似てる部分が多いんだな〜と思いながら見ています。
俳優さんの名前は難解でまったく覚えられませんが^^;
外国の人からみれば日本人の名前も難しいのでしょうね。私もAyanoって言うと必ず「は?」って聞き返されるので(苦笑)海外ではAyaで通しちゃってます。

Posted by: Ayano | January 13, 2010 at 01:22 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91761/47233577

Listed below are links to weblogs that reference BBCスコットランドの罠:

« NIP/TUCK S5-#19 マニー・スカーリット | Main | HUSTLE S3-#2「ひまつぶし」 »