« 可愛すぎる警察犬 | Main | グラスゴーのクリスマス »

December 22, 2009

Amas de casa desesperadas

 FOX lifeで始まった「デスパレートな妻たち〜ラテン版」を見てみました。本家はリタイアしちゃったのでこちらも最初は興味なかったんだけど、lifeのCM見てたら「ベティ」絡みの人がちらほらいたので、これは見なくては!という気になりました(笑)
 デス妻の第1話を見たのはもうかなり昔なのでだいぶ忘れてましたが、ラテン版の方もほとんど同じ内容だったと思います。舞台はコロンビアじゃなくてアルゼンチンのブエノスアイレスのようです。
 夫が秘書と逃げ、女手一つで娘を育てているスサーナを演じているのは、本家ブサイクベティでお馴染みのアナ・マリア・オロスコ! あのブサイクベティの中身が実はめちゃくちゃ綺麗な女優さんだと知ったときの衝撃は今でも忘れられませんcoldsweats01 こちらでも相変わらずきれいだしキュートです。前髪貼り付いてないし(爆)
 彼女と恋敵になるベロニカはベティの続編「エコモダ」のガブリエラ。そして子だくさんのお父さんがタカビーなデザイナーのウーゴ! あのウーゴが女と結婚してる!(爆) とっても子煩悩でサッカーボールで遊んで「ゴール!」とか、ウーゴだったら絶対ありえないので非常に違和感が…^^;
 本家はあのおばさんたちにどうしてもついていけないのと、うるさいガキどもにウンザリして見るのをやめちゃいましたが、こちらはゲストも含めて顔ぶれに期待してるので今後も続けて見ていけそう。イギリス、フランスに続きラテンドラマもすっかり顔なじみが増えて嬉しいです♪

 lifeの番組ページはこちら。右から2番目が本家ベティことスサーナ。一番左が知的なガブリエラだったベロニカ。

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

|

« 可愛すぎる警察犬 | Main | グラスゴーのクリスマス »

Comments

デス妻ラテン版、べティな人たちがたくさん出ていたんですね。舞台はアルゼンチンと言いながらコロンビアがネタが多いのであれ?と思っていたんですが、コロンビアのドラマだったんですか。
知っている人が多いとまた違った面白さがあるかもしれませんが、オリジナルを熟知してしまうと、ストーリー展開が全く一緒だし(リメイクというより完全コピーだったのに唖然としました。違ったのは食べ物ぐらい?)オヤジ度にイマイチ濃さが足りない気がしたし(ラテンだからと期待しすぎました)青年レベルだとラテン版の方がイケメンに思えたけど(笑)
全くの復習ドラマになってしまうので今回はパス決定してしまいましたが、こんなリメイクもあるのだなというのは貴重な体験ができました。

Posted by: Garoto | December 23, 2009 at 12:03 AM

Garotoさん、こんにちは。
だいぶ記憶が薄れてたんですけど、やっぱりコピーですよね。
ベティのときもそうでしたけど、コロンビアのドラマっていまいち濃さが足りないですね。ベネズエラの方がもうちょっと濃いかも(笑)
オリジナルをほとんど見ていないので、新鮮な気持ちで見られるといいなと思ってます。途中で飽きなければの話ですが(苦笑)
復習ドラマといえばアメリカLOMも最初のうちはほとんど復習ドラマです…^^;

Posted by: Ayano | December 23, 2009 at 06:28 PM

はじめましてこんにちは。
視聴レビューを探すうちおじゃましました。

けっこうおもしろいですよね。見続けようと思っています。「ラテ版(デスパ妻ら)」と呼べそうなのは、何と四つもあって、これ(コロ=RCN版)、アルゼンチン版、米国=メキシコ版、ブラジル版だそうです。米墨版には「ベティ」のパトリシアがでてます(子育て一段落か?)。アルゼンチン版がおもしろそうです。

Posted by: keikei | January 02, 2010 at 09:19 AM

keikeiさん、こんにちは。初めまして。
ご来訪ありがとうございます♪
実はオリジナル版はどうしても苦手で早いうちにリタイアしちゃったんですが(吹替えのせいもあるかも^^;)
こちらはなぜか全然平気なんですよ〜。やっぱりベティ関連の俳優さんのおかげでしょうか。
いまだにウーゴがオネエMANに見えちゃいますが(笑)

おおお〜〜ラテン版は4つもあるのですか!!
興味深い情報をありがとうございます。
それは、すべて比べてみたくなりますね(笑)
あの毛染め女がどんな役なのかも気になります。
(ちなみにパティは一番好きなキャラクターでした^^)
YouTubeとかでちらっと出てないか探してみようと思います。
また楽しいお話がありましたらぜひお聞かせくださいませ♪ いつでも大歓迎です〜^^

Posted by: Ayano | January 03, 2010 at 01:16 AM

こんにちは。
ほんとチラリとですが、、、
/watch?v=zM_MRyu1wDA#t=32s
「ベティ」のあと結婚して三人 (?) 産んで育てたそうですけど、あんまかわってませんよね。
パトさんはわたしもいちばん好きな、というか憎めないキャラでした。

Posted by: keikei | January 03, 2010 at 09:42 AM

keikeiさん、こんにちは。
リンクのご紹介をありがとうございます〜^^
本当にちらっとですが、お変わりのない姿を見ることができて嬉しかったです♪
子供を抱っこしてるところをみると、元キャリアのお母さん役(本家のリネット)かな?
他のプロモも見てみましたが、彼女のいる米メキシコ版が一番美女揃いみたいですね〜。
パティは最初すんごい嫌な女だったのに、どんどんお笑いキャラになっていくのが面白かったです^^ 吹替えの人も上手かったですよね(笑)

Posted by: Ayano | January 04, 2010 at 12:50 AM

こんにちは。どういたしましてです。
ふつうに考えて「何でこんなに?」ですよね、脚本独占で買わないの?と。
でも広いから共存でだいじょうぶなんでしょうね。
というか北中南米の一年で制作される本数ははんぱじゃないそうですから。
パトさんは海外(欧米)のほうではヒロインの仇役なのに主役をしのぐぐらいに人気あったんですよね。
素人芸のものまねもしやすいし。
わたしもその背景をかんがえたことがありました。
パトさんの悪癖の虚栄と自尊は一直線につながっていて、
もちろん嘘はいけませんけど、といって「嘘言」と「強い思い込み」の境界はあいまいでひろい。
「いえいえ、わたしにはそんな」と後ずさりしながらも影でちゃっかり捕るというのが日本式ですが、
これは偽善屋として(本音と建前で態度と行動をかえる)
欧米的なストレートな社会ではときに嫌われますよね。
でも日本ではというか東洋では美しい作法とされる。
パトさんの虚栄とその裏の自己嫌や絶望への見方は広い世界でちょっとちがうでしょうか。
おっしゃるとおり「ラテ版デスパ妻」は悪夢の中で(2話?3話?)ベティが突然でてきましたね。
同じ制作局だからできる芸当でした。

Posted by: keikei | January 05, 2010 at 10:42 AM

keikeiさん、こんにちは。
同じスペイン語圏といっても、それぞれ別の国だからあまり関係なさそうですね。
パティは欧米でも人気があったのですね^^
たしかにkeikeiさんのおっしゃるようにお国柄の違いというのもあるかもしれませんね。
私なんかは謙遜するのもされるのもあまり好きではないので^^;
(褒めてあげたら「いえいえそんな〜〜」より素直に「ありがとう」と言ってくれた方が気持ちがいいです)
だからパティが好きなのかな?(笑)
もっとも最近のドラマって、意地悪キャラがお笑い化して人気を取り、正義感を振りかざすキャラの方がかえってウザがられるという傾向がありますよね(苦笑) ちょっとクセのあるキャラの方が好かれるというか。
パティなんかはその象徴的キャラだったなぁ〜と。もちろんテレノベラの世界でそれは珍しいので、やはりコメディだからこそ人気が出たともいえるのかもしれませんね♪

Posted by: Ayano | January 06, 2010 at 10:35 PM

こんにちは。でもコメディとシリアスロマンスというドラマへの線引き判定もむずかしくなってますよね。
「デスパ妻」はミステリの、ロマンスの、コメディの(?)、で三つ巴(どもえ)ですし。
あと、パトさんの絶望には「七つの大罪」にそのまま通じる深みを感じていたのでとくにそうです。複合複雑なかんじがしました。「ひとなら誰でもおのれをエラクみせたい欲はある。そういうあなたたちも、、、」みたいな。
他にfoxlife では「fashion house」やってますね。英語だけどあれこそほんまもんの(高純度)テレノベラという気がしてます。コメディ指数はゼロコンマゼロ。ちなみに「ラテ版デスパ妻S1」は週一放送で全23話。「fashion house」も「ベティ」も本国では毎日の放送だったそうです。

Posted by: keikei | January 07, 2010 at 11:18 PM

keikeiさん
たしかにジャンル分けというのは見る人によってだいぶ違うものですね。
ベティに関しては、私はウーゴの悪口雑言とかパティの顔芸を楽しむのが目的で、完全にコメディとして見てましたが^^;
視点を変えてみるとkeikeiさんのような深い考察もできるのかもしれません。
ファッション・ハウスは見てないのですが、宣伝を見ただけでドロドロ感が伝わってきます…shock

Posted by: Ayano | January 09, 2010 at 01:59 AM

そうなんですよね。すきなものだけ、すきな見方でみてればいいと。

「fashion house」は失敗作かもしれないけど、おもしろいですよ。
「デスパ妻」の対角で「米ドラをそのまま中南米の役者がやったらどうなるの?」
と「ラテドラを米国の役者が~?」の関係ですね。
「なんでガーガーこんなに感情むきだしなの?もっと理性的、沈着冷静で
抑えた演技をしなさいと学校ではおそわったんですけど、、、(これがリアルでしょうか?)」
みたいな役者さんたちの戸惑いまで感じられて。
というか「新分野チャレンジ作品」にはちょっと評点が甘くなります。
日本もダメモトでやってみたら、、、ムリか

Posted by: keikei | January 10, 2010 at 09:28 PM

keikeiさん、こんにちは。
FOX lifeって前はスカパーだと見れなくて、ファッション・ハウスもFOX本家でCMを見せられるだけだったんですが^^;
やっとスカパーでも見れるようになったと思ったらシーズンの途中だったんですよね〜。それでつい視聴を断念しちゃったんですけど、また最初から放送してくれたら今度はしっかりチェックしてみようと思います^^
過激なドロドロドラマは結構好きなので(笑)

Posted by: Ayano | January 11, 2010 at 02:15 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91761/47082822

Listed below are links to weblogs that reference Amas de casa desesperadas:

« 可愛すぎる警察犬 | Main | グラスゴーのクリスマス »