« Mistresses S2-#6(S2最終話) | Main | 週刊文春「おすすめの海外ドラマDVD-BOX」 »

The Last Enemy

 WOWOWで5話一挙放送の「ラスト・エネミー 監視国家の陰謀」見ました。これ見たいがためにわざわざ仕事を休んだ(笑) だって録画してもいつ見れるかわかんないし。でもほとんど休憩なしの5時間半はさすがにちょっと疲れたかな^^;

 アフガニスタンとパキスタンの国境付近の難民キャンプでボランティア活動をしていたマイケル・エザード。彼の乗った車が地雷で爆破され、中国で数学の研究をしていた弟のスティーヴンは葬儀のためイギリスに帰国。ところが実家に帰ると、寝室では見知らぬ女性が点滴を打って寝ており、マイケルの妻を名乗るヤシームという女性が彼女の看病をしていた。昏睡状態の女性はナディールといい、マイケルとともに難民キャンプでボランティアをしていた同僚だった。そして同じ頃、ナディールの部屋を物色する男がいることを政府がキャッチしていた。
 帰国して早々、スティーヴンの研究に出資したいという企業からの話が来る。その会社は研究資金と引き換えに「T.I.A」という国民監視システム実現のための橋渡し役をスティーヴンに依頼してくる。研究をいかせるのではなくあくまでお飾り的な役柄に一度は断ったスティーヴンだったが、かつての恋人で現在政府でT.I.Aの法制化を担当しているエレナに説得され、アクセスの自由を条件に話を受け入れることに。
 そんな中、アフガニスタンの難民キャンプで原因不明の感染症が発生し、多くの死者が出ているというニュースが流れる。そしてそのキャンプから数名がオランダに密入国し逃亡、そのうちの一人の生体情報が死んだはずのマイケル・エザードだった。

 という感じでいろいろ謎が多くてドキドキしたけれど、後半はちょっと失速したかな。素人があんなことまでやれるのか?って疑問もあるし^^; でもなかなか面白かったですよ。アウトブレイクものかと思ってたら完全に裏切られたし、姿は見えないけどSpooksの匂いもプンプンしてました。絶対裏で暗躍してるだろうなーと^^ スティーヴンが敵側についたとたん口座も凍結されIDがことごとく使えなくなるところはマイアミのあの人と同じだなぁと思ったり。
 知った顔が多かったのも嬉しかったです。クリストファー・フルフォードもいたし(でもこの人は何なのか最後までわからなかった^^;)、マイケルは「ホテルバビロン」のチャーリーだし。チャーリーはあんまり好きではなかったけど、こっちの彼はなかなか良かった。きちんとスーツ着てるより半分汚れてるくらいの方がいい感じ♪(←ちょっと好きになった^^;)
 それとスティーヴンの元カノでT.I.A推進派のエレナは「The State Within」のジェーン・ラバリーでした(ジェーンの時はブルネットだったけど元はブロンドです) この人に閣僚目指してるっていわれると、登場しない「首相」はあの人の顔しか思い浮かばないんですけど(笑) マーク卿を踏み台にしてついにここまで出世したのか^^;
 びっくりしたのは階下に住んでたアンドリューとかいう怪しげな奴。知ってる顔なのに見た記憶が無い。で、しばらくして気付いたんだけど、Wire in the Bloodでヒル先生を拉致したアンジェリカじゃないかーーー!!!!!! どうりで「知ってる顔なのに見覚えが無い」はずだ(爆)
 お目当てのカーライル様は対テロ向けに再招集された兵士ラッセル(←ナディールの部屋を物色してたのもこの人) 破壊工作と雲隠れが得意な怪しい男。第1話ではセリフもまったく無し、秘密基地を爆破して喜んでる凶暴さはまさに「いつものカーライル様」で安心しました(爆) でも途中からかっこ良かった! ていうかかっこつけすぎ!な気もしましたが、最後はやっぱりいつもの怪しい凶暴カーライル様なんだよね。たまにはお金持ちの役も見てみたいものですが、もとが貧乏神っぽいからそれは無理か…(←褒め言葉です!^^;) でもひさびさに彼のメリーヒル弁グラスゴー弁が聞けて嬉しかったです♪
 それにしてもあの「タグ・ミー計画」、これが実現したらSpooksに取って代わる存在っていうか、あとは公安だけで間に合うからハリーたちは失業だよな…と余計な心配をしてみたりして(笑)

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

« Mistresses S2-#6(S2最終話) | Main | 週刊文春「おすすめの海外ドラマDVD-BOX」 »

Comments

ご無沙汰しております。
これ、Ayanoさんの前の記事でチェックしたのでオイラも録画しました。
確かに録画だといつ見るか分からないですよね(^_^;)
でも、5時間半という長さに録画を選びました。
やっぱり面白そうですね。これは何としても優先的に見てみます!

サイズ君、こんにちは。
私の方こそいつも読み逃げばかりですみません^^;
でも毎日お邪魔してますよ〜〜♪
私はめったに旅行や外食をしない(というか出来ない^^;)ので、サイズ君の観光レポやグルメレポをとっても楽しみに読ませてもらってます^^
さてさてThe Last Enemy、カーライル様が素敵です!
最後の最後まで話が二転三転していくので、一気に見てもまったく飽きませんでした。ぜひお楽しみになってくださいませね♪

最近の私にしては珍しく忘れずに録画できました。2日で見終えましたが、うーん、私はこういうジャンルはもういいかも。(苦笑)最後まで緊迫感を維持して、すこーし恐怖と教訓を残してのラストはさすがですけど…。
ヤシームの人(「セックス・トラフィック」や映画「4months,3weeks&2days」のアナマリア・マリンカ)はショートヘアも似合うのね。役どころもありますが、より強くなり、存在感が増してるような気がします。上り調子の女優さんですね。
カーライルさん、顔が丸くなりました?

atsumiさん、こんにちは。
Spooksの影響か、この手のドラマが一時期すごく多かったですよね。たしかに食傷ぎみの感はあるかも^^; 私はキャストだけで楽しめてしまいましたが(笑)馴染みのない顔は主人公だけだったりして…。
カーライル様は見るからに不健康そう(役柄が)だった頃とくらべると、たしかにかなり丸くなりましたよね。彼のように情けなさと切れ味の鋭さの両方の雰囲気を兼ね備えてる俳優さんってかなり貴重です(←褒めてます)
エレナ(=ラバリー)は眉が太めでだいぶ感じが変わってましたね。

やっと1話目を観ました。
なかなか観る時間が取れなくて…来月忙しくなる前には完結させたいんですが、先にダメージを片付けてたので(汗)これから頑張ります。
カーライル様、ますますオヤジ度アップしてますが、存在感が素敵です。これからますますカッコよくなるのかな?期待しています。そしてアンドリューがアンジェリカ?!ビックリでした。

Garotoさん、こんにちは。
カーライル様はいい感じにオヤジ化してきましたよね。だけど本来の“凶暴な貧乏神”的なイメージがずっと変わらないところがまた良いなぁと^^
最後まで二転三転して飽きずに見ていけるストーリーですので、ぜひお楽しみくださいませ♪
個人的にはドラマの結末よりもアンドリューがアンジェリカだと気付いた時の方が衝撃でした(爆)

ダメージの連続放送はキツいですよね。NHKも一体何を考えてこんな無理矢理な編成にしたんだか…^^;

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91761/46292606

Listed below are links to weblogs that reference The Last Enemy:

« Mistresses S2-#6(S2最終話) | Main | 週刊文春「おすすめの海外ドラマDVD-BOX」 »

参加してます

コミュニティ

メールはこちら


無料ブログはココログ