« The OC #80「メタモーフォシス」 | Main | Mistresses S2-#5 »

September 11, 2009

Spooks S2-#7「Clean Skin」

 ハリーの家に空き巣が入り、テレビやパソコンとともに仕事上の機密書類の入った鞄も盗まれてしまった。電磁パルスを放射するEMPミサイルを改良した兵器「ファイヤーストーム」を開発したフランス人科学者アンリ・デュランが、イギリスのヘイスティングス社を介して製造法の買い手を探し、イギリスに入国している。5課はフランス情報部のジャンと協力してデュランの動きを監視し、ファイヤーストームがどこかの国に売られる前に手に入れようとする。しかしデュランのパソコンに書いてある製造法にアクセスするためのコードは盗まれた鞄の中。
 ハリーの自宅に残されていた血痕から、鞄を盗んだのがJJ・フランクスという少年だとわかる。しかしJJの兄デントンは鞄の中身が政府の機密書類だと知り、関わるべきではないと書類を燃やしてしまっていた。おまけに一緒に入っていた携帯電話はヘイスティングス社が開発した兵器で、JJが触っていると突然弾を発射し友人カイルが重傷を負ってしまう。ハリーとトムはJJの家を訪れ、JJに任務に協力するよう要請し彼をテムズハウスに連れて行く。はじめは拒否して逃げ出したJJだったが、兄から「まともに生きろ」と言われ、空き巣の件を見逃すのとカイルへの見舞いを条件に捜査に協力することになる。JJは見たものすべてを記憶できる天才的な脳の持ち主で、書類に書かれていたアクセスコードも覚えていた。ハリーたちはデュランのパソコンからデータを送信するためJJをヘイスティングス社に侵入させることにする。

 今回フランス情報部のエージェントとして登場したジャン=リュックは、「Méditerranée」や「Le bleu de l'océan」などのフランスドラマで日本でもお馴染みのフィリップ・カロワさん!happy02 まさかSpooksで彼の姿を拝むことになるとは思ってもみなくて非常に嬉しい驚きでした♪ 相変わらず素敵でサムもうっとりしてましたよ(笑) でもフランスのドラマで見慣れた彼が英語を喋ってるのはすごく不思議でした^^;

 コリンお手製の鉄壁セキュリティを破ってハリーの自宅に入ったJJ。ハリーのワンコは番犬として役に立たなかったのね……^^; それとも今回の空き巣に懲りてワンコを飼うことにしたんだろーか(笑)

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

|

« The OC #80「メタモーフォシス」 | Main | Mistresses S2-#5 »

Comments

I want to quote your post in my blog. It can? And you et an account on Twitter?

Posted by: Vasilchenko | December 26, 2009 at 02:34 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91761/46181875

Listed below are links to weblogs that reference Spooks S2-#7「Clean Skin」:

« The OC #80「メタモーフォシス」 | Main | Mistresses S2-#5 »