« Wire in the Blood「セレモニー」ロケーションガイド | Main | イギリスITVとNHK-BS2の秋ドラマ »

Wire in the Blood「プリテンド」ロケーションガイド

エピソードガイドはこちら

 シリーズ6で皆様よりも一足先にヒル先生およびブラッドフィールドCIDとの数年間をすでに終えた私としては、なんか自分の人生の中ですごく重要なものがひとつ幕を下ろしたという感じで脱力しています。
 しかーーーし! 日本ではまだシリーズ5が放送中! 気抜けしてはいけません、まだまだ私も頑張らなくては…S6のエピガイもこれからだし^^;

 今回はヒル先生とアレックスが「プロ」と「友人」の関係の間で浮いてるのがよくわかるエピソードでしたね。「ベンが裏切られて傷ついても、君が癒す。それが人生だ」っていうヒル先生の言葉が良かった。だからこそジャックを救ってあげられなかったヒル先生の気持ちを考えると、苦しいなぁ……。でもアレックスがいてくれたから少しは癒しになるのかも。だって"How can I help?" って言葉、「人は習慣で行動する」からつい口から出たのか、それともいまだに心理学者としてアレックスに接してるってことなのか、いずれにしても最後ヒル先生が映画の誘いに応じたのは彼自身も"Help"を必要としてることに気付いたからなんだよね。

というわけで(?)今回のエピソードからはヒル先生がジャックと待ち合わせをした場所をご紹介しましょう。

W5_3_035

↓道の反対側から見るとこんなところ(ベンチはありません)

Witb5_3_ss

 ここは観光でも有名なキャッスル・キープ。じつはニューカッスルという地名の由来になっている「お城」がまさにここなんですねー。高架の向こうの天守閣はよりによって補修工事中(ドラマの中でも暗くて映ってない)というわけでfreefoto.comさんから本来の姿の写真をお借りしてきました。

1043_02_3_prev1

きれいですね〜^^

 ところで小道具として出てきた「高級チョコ」がThornton'sのContinental Boxだったことにお気付きいただけましたでしょうか〜? 値段からいうと高級ってほどではないと思うんだけど^^; とっても美味しいチョコレートです♪ なんせ「ロブソン・グリーンより魅力的なチョコレート」だし(笑) 日本で販売はしてないようですが、注文すれば送ってもらえますので興味のある方は是非(ただし若干の「溶け」は覚悟してください^^;)
 それともうひとつ、関係ないんですが、途中でアニマックスのCM入れるのだけは勘弁してください! REXとかモンクさんみたいな愉快なドラマならともかく、WITBとプリキュアはどう考えたって世界が違うでしょう……もうちょっと考えてくださいミスチャンさん(T T)

 さて次回はいよいよシリーズ5の最終話。ゲストとして「捜査官クリーガン」で心理学者のマリオンを演じたメアリー・カニンガムさんが出演します。ものすごいイメージ違うのでびっくりしますよ!
 だけど私としてはやっぱりヒル先生とアレックスの関係の変化が一番の見どころかな。とくにヒル先生がアレックスに対してはじめて自分の感情をぶつけるシーン。
"You have no idea How I feel, Alex!"
(僕の気持ちなんかわからないくせに!)

もう大好き(爆)

« Wire in the Blood「セレモニー」ロケーションガイド | Main | イギリスITVとNHK-BS2の秋ドラマ »

Comments

Ayanoさん、こんにちは。
ジャックがとても気になりました。
去年だったか「BoyA」というイギリス映画を見たのですが、ジャックと同様少年時代に人を傷付けて更生施設に入り、新しい名前で人生を再スタートさせなくてはならない青年が主人公のつらい映画でした。過去の自分本当の自分を隠さないと生きていけないのはわかっているけれど、『新しい自分』に馴染めない。息が詰まる。やっぱり映画も悲劇的なエンディングを迎えます、人はそんなに器用じゃないのですもの。ジャックはトニーとよく会っていた頃より、ずっと複雑で暗い袋小路に入り込んでしまったのでしょうね。トニーにもそのことはわかっただろうけど、救い出してあげるには時間が足りない。そして時間切れ(涙)。
さてメインの犯人、出国後も手を血に染め続けるのでしょうか。それが彼の彼たる所以だから、やめられないとは思いますが…。
ベンは反抗期ですよねきっと。

atsumiさん、こんにちは。
ジャックの行く末は本当に悲しかったですね。ヒル先生はなんとかして彼を救ってあげたかったはず。相手のことを理解しようとし、信頼できる人がいればそれだけで救いになるというのがラストのヒル先生とアレックスの会話に表れていたようにも思います。
ベンは反抗期というのもあるし、やっぱりお母さんのことが大好きだからこそ一緒にいられないことへの不満があるのでしょう。もう少し成長すればその「大好き」の感情が「理解」につながっていくんですけど、まだ子供だから単純に「遅くならないって言ったのに」と怒りにつながっちゃうんですね^^;
そういえば前回のエピでポップコーン大爆発させてましたが、アレックスも後片付けが相当大変だったのかS6では「ポップコーン禁止令」が出されてました(笑)

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91761/45729664

Listed below are links to weblogs that reference Wire in the Blood「プリテンド」ロケーションガイド:

« Wire in the Blood「セレモニー」ロケーションガイド | Main | イギリスITVとNHK-BS2の秋ドラマ »

参加してます

コミュニティ

メールはこちら


無料ブログはココログ