« Mistresses(ミストレス) | Main | Mistresses #2 »

ワイヤー・イン・ザ・ブラッド「アンバーアラート」ロケーションガイド

 いよいよ新シリーズの放送がスタート♪ エピガイはこちら。
 しかししょっぱなから悲しい事件でしたよね…。いつだったかヒル先生は「傷ついた人を救いたくて心理学者になった」と言ってましたが、そんな彼にとって今回の事件はまさに「やるべき仕事」だったと思います。
 今回のシリーズは「親と子」がテーマとして描かれ、それを通してヒル先生とアレックスが友人としての信頼関係を築いていく過程が見どころのひとつです。前シリーズはヒル先生の苦悩が全面に押し出されてましたが、今回はアレックスの心情がメインのシリーズといえるかも。

さてさて、今シリーズは感想とともにロケーションガイドも一緒に載せてみたいと思います。
第1話「アンバーアラート」からはラストシーンの撮影に使われた歩道橋をご紹介。
(↓クリックで拡大します)

Witb5_1_a167

 ここはニューカッスル中心部の東側あたりで、下にはA167線とA187線が走っています。この道を写真の向こう側へ400メートルほど行くと有名なタイン橋に出ます。
 ちなみに最初に上り始めた歩道橋はここから150メートルほど手前の別の歩道橋です。同じ場所のように撮ってるけど実は違う場所なんですね〜。

« Mistresses(ミストレス) | Main | Mistresses #2 »

Comments

ayanoさんおはようございます。
もう待ちに待った放送で録画してもうじっくり見ました
あんなに長い歩道橋があって、道路も縦横無尽にあって
すごい街なんですね。日本では考えられないです。
今回の事件は子供。すべてが犯人に思えてくるから不思議です。でもヒル教授に拍手です。
誰も母親が犯人だなんて思ってなかったんですから~
本当に心に傷を負った人をヒル教授は支えてくれて
すばらしいです。アレックスとのコンビも見慣れてきました。次回が楽しみです。
ayanoさんに質問です。
上の↑写真のドラマはハーマイオニー・ノリスですよね
違ったっけ?それに隣が・・・
このドラマをレンタルしたいのですが、日本での題名を教えてくれますか?
よろしくお願いします。

aru-kasさん、こんにちは。
私も初めて見たときは事件の真相にびっくりしました。
悲しい事件だったけれど、実はあの母親こそ救いを必要としている人なんですよね。警察の力だけではもっと悲劇的な結末を迎えていたのでは…と思うと、あらためてヒル先生の力の素晴らしさを感じます(褒めすぎ?^^;)
ニューカッスルは高さのある橋が多いので、近くの道路もこんなふうに立体交差が多いんですね。WITBでもよく鉄道高架が映りますが、あれもみんなニューカッスルやゲイツヘッド市内です^^

上の写真はSpooksのロス&アダムことハーマイオニー・ノリスとルパート・ペンリー=ジョーンズです。日本では「MI-5 英国機密情報部」のタイトルでレンタル&放送されてますが、二人が揃って出ているシリーズ5はまだDVDが出てないかもしれません。(アダムはS2から出てきます)
機会があったらぜひご覧になってみてください。面白いですよ!

ayanoさんありがとうございます。
「MI-5 英国機密情報部」おもしろそうですね。
日本では放送されるのでしょうか?
もっともCSで放送されているのかな
要チェックです。TUTAYAに予約を入れます。
ありがとうございました。

aru-kasさん
お役に立てて何よりです^^
日本では去年BS11でシリーズ4からシリーズ6までが字幕版で放送され、先月からCSのFOX CRIMEでシリーズ1からの放送が始まりました。今後全シリーズを放送予定だそうです。
CRIMEでは吹替え版のみなんですが、このドラマは字幕の方が緊迫感があっておすすめなので、ぜひレンタルでご覧になってみてくださいませ♪

Ayanoさん、こんばんはー。
ただいま第2話を見ている、いたのですが、10時14分『受信できません』状態に。当地ではかなり雨が強く降っていて&うちのスカパーのアンテナは超ぎりぎりの向きにしか付けることができないため、よく雨にはやられます…あとちょっとなのにぃ〜クライマックスなのに〜しくしく。
トピズレ失礼しました。再放送で残りを見ます。

atsumiさん、こんにちは。
「受信できません」すごい切ないですよね(泣)
私も「検死医マッカラム」の最終回を録画中にものすごい夕立で映らなくなったことがあります。
(かといってケーブルにする気はない)

WITBはもっと突っ込んで詳しい感想を書きたいんですけど、原稿を頼まれてることもあって今回ブログではあれこれ書かないようにしてるのです…本当は皆さんともっと語り合いたいんですけどねーー^^;
(これ話すのatsumiさんが初めてです。へへへ)

おぉ!Ayanoさん!紙媒体ですか?オンライン?掲載されたら是非是非教えてくださいね。WITB博士といったらやっぱりAyanoさんが一番でしょう、ドラマと同様楽しみです。
今回のWITBは映像の凝り方もかなりのものですね。感心しています。

atsumiさん、こんにちは。
来年発売されるS5のBOXがらみでして、たぶんそこに封入されるブックレットか何かではないかと(←引き受けておきながらよくわかってない^^;)
博士というよりほとんどオタク状態です(苦笑)

WITBは映像も本当に素晴らしいですよね! エピ2もなんだか見ているこちらまで呪いをかけられたような錯覚に陥るというか。S6で終わりだなんて本当に勿体ないです(泣)

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91761/45595127

Listed below are links to weblogs that reference ワイヤー・イン・ザ・ブラッド「アンバーアラート」ロケーションガイド:

« Mistresses(ミストレス) | Main | Mistresses #2 »

参加してます

コミュニティ

メールはこちら


無料ブログはココログ