« MI-5 英国機密諜報部 スニークプレビュー | Main | リンリー警部「背徳の記憶」 »

May 25, 2009

Spooks(MI-5) S1-#1

State of Playの悪夢がふたたび…(T T)

 レビューはあらためて書きますので、今回は感想のみ語ります。
 はじめに言っておきますが、私はSpooksが本っっ当に大好きなんです。去年出会ったドラマの中ではダントツの面白さ。というわけでこのドラマはエピソードやシリーズを重ねていくごとにどんどん進化してすごい作品になっていくことは証明済みです! なので今回初めて見た方はそれをまず知っておいてくださいませ。
 シリーズ1との比較の参考に、去年イギリスで放送されたシリーズ7のトレイラーとイントロを貼っておきます。サングラス姿のロスがめちゃくちゃかっこいいーlovely

というわけで、以下は愛ゆえのシリーズ1エピ1ダメ出し。
(ちょいと長いです^^;)

 正直、思っていたほど楽しめなかったんですよねーー。考えられる理由は

1)吹替えのせいでイメージが変わる
2)画面右上にある番組タイトルのテロップが邪魔
3)まだシリーズ1ということでドラマの方向性(ストーリー、演出ともに)が定まっていない

……たぶん全部だ(苦笑)

 まずは理由その1から。やっぱこのドラマは吹替えじゃダメですよーー!bearing
 Spooksはずっと字幕で見てきたからいまさら吹替えには違和感があるというのも個人的な理由ですが、それ以前の問題として、イギリスって地方によって全然言葉が違うじゃないですか。アクセントで育ちや地域性がわかって、そこが登場人物の人間性をより浮き彫りにする重要な点でもあるのに、吹替えだとみんな同じだからそのへんの掘り下げ具合がどうしても浅くなります。Spooksのように国際的な話となればアクセントは特に重要。ロスの抑えた喋り方が変に抑揚つけて吹替えされちゃったらショックだし、オレグ・コルサコフも普通に日本語喋っちゃうんですよ!? ありえないーー(泣)
 The State Withinの時もみんな日本語を喋るからアメリカ人とイギリス人の区別がつかない!って言われたし(苦笑) そういえば本人は標準英語なのにキャラクターを際立たせるためにわざと関西弁で吹替えにされちゃった人もいたっけ(笑) それとグラスゴーが舞台の「タガート」はフランスだとマルセイユ訛りで吹替えされてるそうで、そういう工夫も面白いとは思うんだけど、Spooksに関してはやっぱり字幕がいいです。

 理由その2。言うまでもないです。あのテロップは邪魔以外の何物でもありません。そもそも他の局はロゴも小さめで、ミスチャンも何年か前に局ロゴを小さくしたっていうのに、FOX系列は局ロゴだけでもじゅうぶん大きすぎて目立つうえなんでわざわざ番組タイトルまで入れるのでしょうか?? どうしても必要ならせめてCM明けの時だけにしてください…たまに俳優さんの顔と被っちゃう時なんか本当にガッカリします。

 理由その3。シリーズ4から見始めた私にとって、今回のシリーズ1第1話はまるで別のドラマみたい……。シリーズ5や6のような毎回胃が痛くなるほどの緊迫感とスピード感がまったく無く、普通の警察ものにちょっと毛が生えたくらいのドラマにしか感じられませんでした。なんか、ぼーーーっとしてるっていうか、オフィスでもみんなのんびり歩いてるし^^; セリフが多くて内容が濃く話がどんどん二転三転していく「私の好きなSpooks」(みんな早口なのはそのせいか?)とくらべると内容は半分しか無いんじゃ。猫が逃げたとかいう脇話はいらないです^^;
 それに尾行が下手すぎ! 教会のシーンとか、誰が見たってバレバレなんだもん。そんな簡単にプランBに移らないでくださーい(苦笑) 変装してターゲットに近付くゾーイもかなり挙動不審。新人のジョーの方がもっと上手だよ^^;
 これは俳優さんの演技云々の話ではなく、やはり脚本と演出の問題なんですよね。S1はまだまだ完成されてない。っていうか、当時はこれが完成形でそれはそれで良かったんだと思うけど、さらに進化したSpooksを見た後では物足りないのも当然。だってS5以降なんか本当にすごいんだもん! 無駄のない濃密な脚本に、HUSTLEのようなスタイリッシュでスピード感のある映像。エージェントたちの人間像も様々で、とくにS6後半のロスの生き様なんかもう、あまりに強烈すぎてレビュー書けないほどでしたからねーー。
 やっぱりロスがSpooksを完成させたといえるのかも(←ただのハーマイオニーびいき?^^;)

 などといろいろ勝手を申し上げましたが、Spooksというドラマ自体に関してはこれから面白くなることがわかってるのでまったく問題無し。ドラマとして完成されていく過程を楽しみたいと思ってます。残るのはやはり放送するFOX CRIMEサイドの問題なわけで……どうにかうまく解決していただけないものでしょうか。(せめてあのテロップだけは消してほしい…)

|

« MI-5 英国機密諜報部 スニークプレビュー | Main | リンリー警部「背徳の記憶」 »

Comments

吹き替えの問題には大賛成です!
アダムが潜入捜査するときに巧みに労働者階級のアクセントで話していたり、政治家役の俳優達が見事にbritishアクセントで話しているのは見逃せないですよね。

S1からの初期作品はスパイを業としている人の内面の葛藤にスポットが当てられているので、s4からの大規模な仕掛け(特にテロ計画の内容)とかアクションは控えめです。S4からみるとかなり簡素に思えると思いますが、これからどんどん物語が深まっていくのでご安心を!
私も最初は登場人物のルックスがあまり好みでなかったこともあり、ちょっと抑え気味の興味でしたが、どんどん彼らの人間的な部分にひかれ、退場場面は大泣きでしたから・・
あと昨日の放送はおそらくカットされている部分があり
ゾーイが子供連れのママになるあたりのくだりはもっと長くて納得いった展開だったと思います。

Posted by: maki | May 26, 2009 at 06:56 AM

makiさん、こんにちは。
いろいろ書きましたがけしてつまらなかったとか気に入らなかったというわけではありませんのでご容赦を〜^^;

>スパイを業としている人の内面の葛藤
このドラマのそもそものテーマはそこにあるわけで、だから今回も任務の部分と人間的な部分がバランス良く描かれていたと思います。
S5以降はちょっとやりすぎというか完全に5課の仕事の枠を超えてる(ほとんど007、アクションも派手)って思うこともあるんですが、だからこそ時折見せる彼らの人間的な部分がより光って見えるというのもあって、そこがまた良い。
それぞれに見どころがあって演出も違うし、これからどんどん変わっていく過程を見るのも楽しみにしています。
それでも私がどうしてもS5以降に肩入れしてしまうのは、もともとハーマイオニー・ノリスが目当てだったからなんです(笑)
それにS1にはお気に入りのルースやザフもまだいないから余計に違うドラマに感じるのかもしれません。唯一の顔なじみのハリーとマルコムは日本語喋ってるし(苦笑)
吹替えに関しては、最初から吹替えで見ていればそれほど気にならなかったと思います。やっぱり一番の原因は画面右上にいつもある番組タイトルでしょうね。本当に邪魔! あれのせいで楽しみにしていたデクスターも全然集中できません(泣) 録画する気も失せるし……嫌ならDVD買えってことなんですかねぇ〜。

Posted by: Ayano | May 26, 2009 at 10:58 PM

私も本当にspooksが大好きなので、こうやってお話できる方に出会えて、とても嬉しいです。

私は友人たちにspooksを布教しようと録画していたけど
吹き替えとayanoさんのおっしゃる番組タイトルの問題で、ちょっと勧められないですね(汗)
このせいで「つまらない」と言われたらいやですもん!!

ところでこれからの楽しみは
ルースやザファーの初登場シーンが見られることですよね。
ザファーはS4からの機転の利くつかえる奴というキャラを暗示させる登場でした!
そーいえば、「ミストレス」はS1の放映でS2から登場のザファーはまだ見られないのですね。。
かなしぃ・・

Posted by: maki | May 27, 2009 at 07:57 PM

makiさん、こんにちは。
布教といえば私も「デクスター」シーズン1と2を録画して友人に布教してたんですが(おかげさまで気に入ってもらえました)
シーズン3はあのテロップがあるせいで躊躇してるんですよね。
なのでSpooksに関してはレンタルで見るように勧めています^^;
邪魔だっていう意見が絶対たくさん寄せられてると思うんですけどねぇ〜〜なんで消してくれないんでしょう?

ルースとザフの初登場、楽しみです!
今はまだハリーとマルコムしか知った顔がいないので、ちょっと寂しいんですよね^^;
ミストレスはS1なのですか〜〜1と2の両方を放送してくれるものとばかり思ってましたが違うのですね(残念)
シャロン・スモールもいるのでS1だけでも一応見る予定ですけど、ザフがいないんじゃ楽しみは半減、いやそれ以下かも^^;

Posted by: Ayano | May 28, 2009 at 01:01 AM

Ayanoさん、こんにちは。
まだ#1しか見ていないんですが、「24」に比べると皆のんびりでテロリストも緊張感が無くてスリリングさに欠けると思いましたが、これから面白くなっていくんですね。期待しまーす。

Posted by: さとうさんた | June 17, 2009 at 02:01 AM

さんたさん、こんにちは。

記事に貼った動画をご覧いただくとおわかりいただけるように、S1とS7では映像も雰囲気も(ついでに顔ぶれも)かなり違いますよね。
シリーズを重ねるにつれ、映像もストーリーもどんどんスタイリッシュになっていきますよ〜。

>「24」に比べると皆のんびりでテロリストも緊張感が無くてスリリングさに欠ける

FOXの宣伝には無理矢理24と比べようとする思惑が見え隠れしてますよね^^;
テロを防ぐはずがジャックのせいでさらに大騒ぎになる「24」(爆)と違い、Spooksはそれ以前の情報戦の段階を描いてるので、基本的にまったく違うタイプのドラマだと思っていただければと。
24が豪華で派手な上方着物ならSpooksは粋で渋い江戸の四十八茶百鼠といったところでしょうか(←わかりにくいたとえでスミマセン^^;)
それに24はいかにも作り物っぽい(ゆえに脳みそ空っぽにして楽しめる)けど、Spooksはもっと現実味があって胃が痛くなる話が多いです^^;
もっとも見てて一番胃が痛くなるのは右上にずっと出てる番組タイトルなんですが(T T)

Posted by: Ayano | June 17, 2009 at 04:29 AM

こんばんは。
spooks MI-5大好きです。
シーズン4を何話か見て、後に最初から見ようとシーズン1から見始めています。
勿論字幕で。これほどのドラマを周囲で見てる人がいないし、認知されていないのは残念です。

Posted by: ふる | February 26, 2010 at 10:48 PM

ふるさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。Spooksファンの方と出会えて嬉しいです^^
私も4〜6を見た後で1から見たんですが、吹替えの違和感とFOX CRIMEのテロップのせいでどうしても最初は楽しめませんでした^^;
だけど字幕版の放送では右上テロップも消えてくれたせいか、すんなり楽しむことができました。
spooksはアメリカのドラマでは描けない深いところまで切り込んでる素晴らしい作品ですよね。CRIMEも特派員試写会やるとかしてもっと大々的に宣伝してくれればいいのに!って思います。

Posted by: Ayano | February 26, 2010 at 11:33 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91761/45129866

Listed below are links to weblogs that reference Spooks(MI-5) S1-#1:

« MI-5 英国機密諜報部 スニークプレビュー | Main | リンリー警部「背徳の記憶」 »