« SPIRAL2 #2 | Main | リンリー警部「真の罪人」 »

NIP/TUCK S5-#4「ドーン・バッジ II」

 ロトくじ長者のドーン・バッジがイヌワシに顔を噛まれてクリニックを訪れる。唇の再形成手術を受けて入院中の彼女の元に、鳥インフルエンザ感染の可能性があるから検査するという謎の男が現れる。それを聞いたショーンとクリスチャンはそんな検査はしていないと言い、その男がハリウッドの美容整形クリニックに出没するアナルマニアだと知る。
 訴訟沙汰になるのを恐れた二人はドーンの機嫌を取るべく、彼女が希望していた「ハート&スカルペル」の撮影現場に連れて行くことに。そこで運悪く落ちてきたライトが彼女を直撃! 幸い怪我はなく、そこで出会ったプロデューサーのフレディと恋に落ちたのだった。
 その後ドーンにすすめられてヒップリフトの手術を受けたフレディ。しかし彼の元にも例のアナル男が……。

 エデンにすっかり毒されてしまっているアニーは、ショーンに脂肪吸引してほしいと言ってくる。エデンの母オリビアにこのことを告げると、問題はエデンではなく整形を美化する風潮にあるとお約束の発言。しかしエデンはことあるごとにアニーに「あなたは太り過ぎ」と指摘して食べ物を吐くことまで教え、ついにアニーは問題行動で学校を退学されられることになってしまう。
 純粋なアニーがどんどん汚されていくのが悲しい(T T) 未来のアニーがあんなにひねくれてしまったのはエデンのせいだったのかも。

 熟女相手のジゴロの副業が順調な(?)クリスチャン。今回のお相手グウェンは自分の体を氷浸けにし、低体温症で意識を失ったところで目覚めさせてほしいという危険なプレイを希望するご婦人。しかし彼女は母親と妹を亡くした辛い過去を持っていた。
 クリスチャンは修道女の胸の縮小手術をすることになる。子供の頃養父が部屋に来ないよう毎晩祈ったのに神はそれを聞いてくれなかった、だから祈るのはやめた、というクリスチャンにシスターは「神は何かの意思があってそうした」と言って自分のネックレスを彼に預ける。
 その後ふたたびグウェンからの呼び出しがあり、クリスチャンがホテルに駆けつけるとグウェンは低体温症ですでに呼吸停止状態になっていた。救急車を呼び心肺蘇生をするがグウェンの呼吸は止まったまま。もう目の前で人を死なせないでくれと必死で祈り、シスターから渡されたネックレスをグウェンの胸に置くと、突然彼女は息を吹き返した。
 教会を訪れたクリスチャンはシスターに「ネックレスはクリーニングでなくした」とアンティークのネックレスをプレゼントし、一緒に祈ってほしいと彼女に言う。

 基本的に私は信仰心ゼロなんですが(というか信仰=心理学の一形態だと思ってる)心理学としての祈りの力っていうのはあると思ってます。(雨が降ったというのは完全に偶然だと思うけどね^^;) だけどそれをドラマの中で堂々と描かれちゃうと、ERのコバッチュの時みたいにどうしてもウソ臭く感じて感情移入できないんですよ。だけどNIP/TUCKだとこれが本当に意味あることのように思えてくるのがすごいなぁと。それにこれがショーンではなくクリスチャンってところが、なんていうか精神面の成長っていうんですかね?? う〜〜んそれともちょっと違うんだけど……うまい言葉がみつからなくてすみません(汗)
 とにかくそんなクリスチャンとは対照的に、堕落への道に必死で抵抗しているショーン。ケイトとの関係が安定してることもあって今のところエデンの誘惑には耐えてますが、ズルズル引き込まれてしまいそうな自分がいることも認めざるを得ない。これを引き止めることができるのはやっぱりクリスチャンだけだと思うんですが…。
 今シーズンは話がなんとなく宗教じみてきましたね。小悪魔美少女の名前も「エデン」だし。だけどN/Tだからこそそういったことが絡んでも上っ面だけの説教じみた話にならず深みだけが残るんですよね。好きなドラマだからえこひいきと言われてしまえばそうなんでしょうけど(苦笑)

« SPIRAL2 #2 | Main | リンリー警部「真の罪人」 »

Comments

せっかくハリウッドに来ても全然変わらないっていうか、家族の問題はどんどん悪化してますね。
振り回されてるアニーがかわいそうっていうか、やはりジュリアに見えてない部分が多いのかな。
ジゴロなクリスチャンが結局ドクターに徹していたのは当然ですが、あんなに神に祈るクリスチャンはちょっと意外に思えました。シスターの影響が大きかったのでしょうか。
そして謎のドクターはどうやって侵入してきたのか・・・気持ち悪いです。

Garotoさん、こんにちは。
アニー本当にかわいそうです!
ジュリアがもっとアニーの話をきちんと聞いて理解してあげていれば、エデンにあれほど心酔することはないと思うんですよね……やっぱり最初からショーンと暮らしてた方が良かったんじゃないかな。
クリスチャンはシスターの影響はもちろん、母と妹を亡くしたグウェンに同情して、彼女だけは助かってほしいと心底思っていたのかもしれませんね。

アナル強盗、本当に気持ち悪いです。目的もさっぱりかわからないし。
カーヴァーも不気味でしたが、LAにもやっぱり変な人はいるんですね^^;
それでこそのN/Tですけど(笑)

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91761/45036721

Listed below are links to weblogs that reference NIP/TUCK S5-#4「ドーン・バッジ II」:

« SPIRAL2 #2 | Main | リンリー警部「真の罪人」 »

参加してます

コミュニティ

メールはこちら


無料ブログはココログ