« Wire in the Blood 5 #2 エピガイアップ! | Main | ちょっとお休みします »

April 12, 2009

Law&Order: UK #7

a.k.a.「ITVはそんなに金に困ってるのか?」(苦笑)
それとシリーズ総括しての感想です。
(ちょっと長いですがご容赦を)

 まずは今回のエピソード。
 アリーシャが婦人科医のメリックからドクターハラスメントを受けたと言ってデヴリン君たちに相談。さっそく捜査に乗り出すけど、スティールさんと相談して起訴は無理だろうという結論に。それがどうしても納得できないアリーシャは自ら行動に出るんですが、これが大変な結果を招いてしまいます。
 メリックは「自分こそ被害者」みたいに主張するし、弁護士は思わず「クソババア」と言いたくなってしまうような人だし(苦笑)あげくあの判決はいくらなんでもあんまりだ…と思いましたが、正義の味方スティールさんはもちろん黙っちゃいません。メリックに一泡吹かせてやろうとデヴリン君たちと画策します。

 アリーシャはスティールさんに「証言するからあなたが担当して」(←テキトーな意訳です^^;)って言うと、スティールさんは「きみとは個人的な付き合いがあるから…」みたいに言うんですが、アリーシャは譲りません。
"You're always telling me that we should fight for the victim.
I am the victim. Fight for me."

……こう言われたら正義の味方は断れるはずないよね^^; アリーシャはスティールさんなら有罪にしてくれると信じてるんでしょうね〜。

 今回はデヴリン君とスティールさんが一緒のシーンが多くて嬉しかったです♪ ジェイミーはちょっとアーチー入ってた気がします(笑)「ホレイショ聞いてよ! みんなひどいんだよー!」ってグチをこぼす姿が思わず頭に浮かんでしまった(爆!)
 ブルックスさんが歩きながらのり巻きを食べてたシーンもツボでした^^

* * *

 さてさて、くどいようですが本家を見ていないので分家との比較しかできないものの、私なりにUK版の全体的な感想を…。

(以下、長いので隠しますがネタバレはありません)

 思い起こせば約1年前、L&Oのイギリス版が製作されるというニュースを聞いた時は期待に胸躍り、しかもキュードスが作ってITVで放送となればきっとすごい作品になるに違いない!!とワクワクしていたものです。まだキャストすら決まっていない段階なのに某CS局に放送リクエスト送ったり(笑)キャスティングの発表が待ちきれずにこんな記事まで書いて勝手に盛り上がったりしておりました。←これ、読み返してみると「ジェイソン・アイザックスに出演してほしい」って書いてるんだよね…それが実際は相棒のベン様が登場となったわけで(笑) ジェイミーはまさに期待通り♪
  ちなみに企画段階でのタイトルは「Law & Order: London」でした。たぶん「UK」の方が短くて収まりがいいってことで変更になったんだと思うけど、実際はスコットランドと北アイルランドは除外されるわけだから、UKではなく当初のLondonの方が妥当だったように思います。
 そしてイギリスのクライムドラマをいろいろ見てきた経験から、あのL&Oのイギリス版といったら絶対むちゃくちゃ暗くて重い話になるんだろうな…と思っていたのに、実際見てみたらそうじゃなかった! 映像からして違います(もちろんロンドンの街並のせいもあるんだろうけど) ストーリーでいえばSVUの方が数倍暗くて救いようがない結末が多いし、それにくらべたらUKはもっときっちり終わるというか。それにテーマ曲はやっぱりオリジナルのものを使ってほしかったな…UK版はかっこ良すぎます ^^;いかにも「正義の味方参上!」って感じで(笑)もっとも正義の味方スティールさんが主役なのである意味嵌っているともいえるんですけど。
  というわけでドラマとしてはSVUの方が私は好きかな〜。UKももちろん面白いんですよ! ただ個人的にベン様&ジェイミーの存在に頼って見ていた部分が多いのも事実です。二人とも違う俳優さん(しかもそんなに好みじゃない俳優さん)が演じてたらこんなに楽しめたかな?って疑問もあるんで^^;

 もうひとつ、これは言っておきたいです(あんまりお金の話はしたくないんですが)
 1シリーズ13話のはずが、実際は7話+6話に分割して放送されることになりました(DVDの発売が延期になったのもたぶんそのせい) あーあ、がっくし。だったら最初から2シリーズに分ければいいじゃん!って思うよね^^; だけどこれ、当初「1シリーズ13話というのはイギリスのテレビドラマでは新たな試み」って大々的に宣伝されて、ITVも「これでBBCのSpooksを抜いたぞー!」みたいに自信満々だった部分もあったと思うんで(製作してるのは同じ会社なのに^^;) いまさら引っ込みがつかなくなったっていうのが実情かも。
 怖いのはITVがWITBの打ち切りを決めたのとL&O:UKの分割放送を決めたのがおそらく同じ時期だっただろうってこと(キュードスじゃなくて絶対ITV側の都合だよね) もしかしたらL&O:UKもその後は無いんじゃないかって不安がどうしても頭をよぎってしまいます。
  BBCだったらきっと予定通り1シリーズ13話一気に放送できたんでしょうねー。だけど昨年からの急激な不況で企業だってTVCMにお金を出し渋って当然だし、スポンサーからの資金で成り立ってる民放はそうなると番組を切っていくしかないわけで、L&Oを2分割するというのも苦肉の策だったのではと思われます(苦笑) 民放の力の限界ってことなんでしょうかねぇ…。
 続きが秋までお預けなのはちょっと寂しいですが、SPIRALやリンリー、N/Tと同時に見ていくのはかなりハードだと思うので(この3本だけでも濃すぎます^^;)これで良かったのだと前向きに考えることにします。

 最後に一言。当初はスピンオフだと噂されてたUK版、実はリメイクだと知って本家や分家とのクロスオーバーの夢が本当に夢のままとなってしまったわけですが、それでもやっぱり見てみたいよね。いつかイギリスの景気が回復してITVも積極的にシリーズ継続を決めてくれたら、ぜひクロスオーバーを実現させてもらいたいものです。マンチとデヴリン君のコンビが見てみたい!happy02 それにゴーレンさんとスティールさんの一人舞台対決も(笑)

|

« Wire in the Blood 5 #2 エピガイアップ! | Main | ちょっとお休みします »

Comments

できればUKも観てみたい!と思いつつSVUとCIに追われてる状態で(汗)でもYouTubeでオープニング&テーマソングだけ聴いてきました。
最初の語りも発音が違ってイギリスだなぁとしみじみ。テーマソングは全然違うんですね。オリジナルをパクってもよかたのに。キャストの紹介の仕方はL&Oだと思いますが。
本編も気になるけど、本家は一番難しいししかもイギリス英語が聞き取れない私には字幕なしでは無理でしょう。いつか日本上陸の日を!っていう前に本家が来てくれないと比較もできませんね。
クロスオーバーはとっても気になります。こうなったらおいしいとこ取りで一同勢ぞろいで!って夢は大きく持つことにします。

Posted by: Garoto | April 12, 2009 at 11:29 AM

Ayanoさん、こんにちは。

UKのTV局の懐具合に詳しくないので、6話を半年掛けてとるドラマもあるのに、L&O:UKの一気に13話撮影って、予算縮小の一つの方法なのかしらと思っていたのですが、いろいろ事情がありそうですね。

わたしも完全にBen Daniels目当てで見始めたので、話は二の次というか、(元のL&O本家を見ていないにの関わらず)ちょっと新鮮味がないかなと感じつつ楽しめているのですが、7話まで見て、正義の味方スティールさん以外の主要キャストの5人にもすっかり愛着が湧いてしまったので、ぜひ引き続き製作してほしいです。

シリーズ続けば、リメイク脚本だけでなく、UKオリジナル脚本やクロスオーバーの可能性も出てくるかもしれませんよね。

Posted by: zoe | April 12, 2009 at 03:08 PM

私の手元にある雑誌『Sight&Sound』3月号の記事によりますと。ITVじゃないのですが、Channel4は広告収入が£150 million減だそうです。従って傘下のFilm4も今年はお寒い予算状況になるのかも…。
日本も元気なのはNHKだけだったり?地上波や民放は見ないのでよくわかりませんが。
Law&Order:UKはとにかくDVDが出るのを待ってまーす。

Posted by: atsumi | April 12, 2009 at 08:03 PM

Garotoさん、こんにちは。
UKも面白いけど、SVUの重さにはかないませんでした^^;
ああいう感じを期待していたので、ちょっとイメージと違ってたな〜と。
この前までState Withinの怪しいニコラスだったベン様が今度はかっこいい検事に変身!はなかなか楽しいですが(笑)
日本上陸もまずは本家が先であってほしいです。その方がきっとUK版ももっと楽しめると思います。
クロスオーバーもいつか実現してもらいたいですね!

Posted by: Ayano | April 12, 2009 at 09:41 PM

zoeさん、こんにちは。
製作が決定した時はイギリスは好景気でしたから、ITVも13話放送できるだけの自信と余裕があったのでしょうね。そうでなければあんな自慢げに(ってわけではないですが^^;)全13話です!なんて公式発表しなかったでしょうし。ところが夏以降の急激な景気悪化によりいくつかの番組が打ち切られることになり、L&Oも分割を余儀なくされたのだと思います。

1年前にニュースを聞いた時から楽しみにしていたドラマなので、キャストが誰であれ見る予定だったんですけど、予想以上に俳優さんに依存してしまったことは否めません。State Withinの直後というタイミングのせいもありますが(苦笑)
スティール検事のかっこよさを除いてしまうとどうもインパクトに欠けるような気がします。(ゴーレンさんのキャラ中心のCIと同じ^^;)
いっそ本家や分家のことは忘れて“スティールさんのかっこよさを楽しむドラマ”と割り切って見るのが一番よろしいかと(笑)

Posted by: Ayano | April 12, 2009 at 10:02 PM

atsumiさん、こんにちは。
channel4も似たような状態なのですねー。
Ashes2が順調に放送されることを考えると、L&Oの分割はやっぱりキュードスではなくITVの都合だとわかりますよね。
WITBも打ち切りだし(泣) 楽しみにしてる「The Fixer」S2も今年放送のはずがこのままではどうなることやら。
それどころかL&O:UKのDVDがちゃんと予定通りに発売されるのかどうかも怪しくなってきました。9月の予定が年末になりそうな嫌な予感が…(T T)

Posted by: Ayano | April 12, 2009 at 10:08 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91761/44642715

Listed below are links to weblogs that reference Law&Order: UK #7:

« Wire in the Blood 5 #2 エピガイアップ! | Main | ちょっとお休みします »