« March 2009 | Main | May 2009 »

April 29, 2009

イギリスドラマの話題まとめ

 WITB5最終話のエピガイももうすぐ完成できそうだし、そしたらまたちょっと雲隠れしますので、今のうちにイギリスドラマ関連のあれこれをまとめてアップしておきます。

 LaLaには7月に新しいドラマ2本が登場。
 まずは「Lost In Austin」(邦題は「ジェイン・オースティンに恋して」) 評判が良いので気になっていたドラマなんですが、そもそもジェイン・オースティンの作品にまったく縁のない私が見たところで理解できるはずがないと思ってDVDは買わずにいたんですよね^^; たしかERのコーデイ先生も出てます。
 もうひとつは「ミストレス」。これってまさかあの「Mistresses」のことじゃないよね、きっと似たタイトルの韓ドラだよね……と思ってたら、あのMistressesだった!! 実はこれ、シャロン・スモールとSpooksのザフが見たくて英アマのリストにずっと入れてたドラマなんです。まさか日本で放送されることになるとは……びっくり(笑) 「リンリー警部」のヘイバースとはまったく違うシャロン・スモールが見れるのでリンリーファンも必見ですよ♪ しかもLaLaとCRIMEの両方でザフの姿が拝めるなんて素敵! すごく楽しみです〜^^

 次に現地情報です。Spooksのシリーズ8は今年の秋に放送が決まりました♪ 今までからちょこっと縮小して全8話です。詳しい情報はこちら。ひょっとしたらルースが復活するのではという嬉しい噂も!(←アキさん、情報ありがとうございますhappy01) 中心メンバーはハーマイオニー、それとS7から参入のリチャード・アーミテージ。これって「Cold Feet」のメンツじゃないの?(笑)

 それと以前ちょこっと紹介しましたが、ITV1で全6話の刑事ドラマ「Identity」の製作が決定。主演は女刑事でおなじみのキーリーさん(今度は警視だ!) 相棒というか部下の男刑事にエイダン・ギレン。Waking the Deadの脚本家とスタッフが製作、それと関係あるのかどうかはさておきフランキー役のホリー・エアードも登場しますよん。どんなドラマになるか楽しみですね。
 他にもロビー・コルトレーン主演で全3話のミニシリーズ製作が決まってるそうです。WITB切ってL&O延期までしたITVの一体どこにそんな余裕が…^^;

 5月は久しぶりにDVDもいくつか購入予定なので、面白ければ感想書こうと思います♪

| | Comments (6) | TrackBack (0)

April 27, 2009

BAFTA速報です!

 今年の英国アカデミー、ジェイソン・アイザックスは残念ながら受賞逃しましたが、ドラマ部門で「Wallander」「Criminal Justice」「The Bill」が受賞しました! おめでとう!
(Spooksは常連だから今回はいいよね^^;)
 Wallanderの元ネタであるスウェーデンの刑事ドラマはこの夏ミスチャンで放送予定。Criminal Justiceは半年前から手元にDVDがあるもののまだ未開封…はやく見なくっちゃ!
 ちなみにシットコム部門ではお気に入りの「The IT Crowd」が受賞♪ 海外作品では「Mad Men」でした。

 ドラマ以外のテレビ番組では、以前NHK-BSでも放送された「The Choir: Boys Don't Sing(クワイアボーイズ)」が受賞しました。もしかしたら再放送してくれるかもしれませんね^^

| | Comments (4) | TrackBack (0)

April 26, 2009

NIP/TUCK S5-#1「カーリー・サマーズ」

 いよいよシーズン5放送開始。首を長くして待っていました! FOX本家からLifeに移動、マクナマラ/トロイのクリニックもマイアミからLAに移って気分一新です。

 LAでクリニックをオープンしたショーンとクリスチャンだったが、二ヶ月経っても患者が一人も訪れない。若い頃のようにチラシを配るのはプライドが許さないしイメージも良くない。結局二人はマイアミの時と同じく、夜の街に繰り出して患者を物色することに…。
 ところがそこはさすがLA、ナイトクラブにいる女優志望の女の子たちにはみなかかりつけの美容外科医がいて、新参者の入り込む余地はない。ようやく整形が必要な女性フィオナを見付けるも、彼女は自分に手術は必要ないと言う。有名人の広報をしているフィオナは二人に「成功するならセレブを手術するか、自分がセレブになるかだ」とアドバイス。自分を雇えばその道が開けると言い、クリスチャンは月5000ドルで彼女を雇うことに決める。

 そんなショーンとクリスチャンのクリニックにようやく患者が訪れる。映画会社のCEOをしているオリバーは“女王様”に噛まれた痕を誰にも知られずに消したくて、LAでは無名のマクナマラ/トロイをあえて選んだという。こんな仕事ばかりじゃマイアミにいた時と同じ……それで二人は最初はためらっていたドラマの医学監修の仕事を引き受けることにする。
 ためしにそのドラマを見てみると、プロの目から見ると「ありえない」突っ込みどころだらけ。おまけにプロデューサーは頼りないし主役の俳優エイダンは「視聴者は自分を見ている、リアルさなんかどうでもいい」というタカビーな奴。そんなエイダンにショーンが一喝すると、彼はおとなしく納得してショーンの指示に従うようになる。

 フィオナはクリニックに患者も紹介した。有名女優のカーリー・サマーズ。しかしカーリー自身は手術を望んでおらず、自然な姿で演技を続けたいと考えていた。クリスチャンはそんな彼女の意思を尊重したように見せかけて、最終的にはお得意の色仕掛けでカーリーが手術したいと思うように事を運ぶ。これもまたマイアミの時と同じじゃ?

 出演とセリフを条件に医学監修を引き受けたクリスチャンだったが、エイダンに生え際の後退を指摘されたことでショーンに植毛手術をしてもらう。撮影の日には完璧になっているはずだったが、ジムで汗を流したせいでばい菌が入ってしまった。メイク担当の人に隠してもらうけどどう見ても不自然、おまけにセリフは浮きまくり、自信満々で臨んだクリスチャンのシーンは完全にカットされてしまった。
 翌日、街の人たちはドラマに出ていたショーンの姿を見て大騒ぎ。おかげでクリニックの名も知られるようになり、患者もゲットできてクリニックはようやくスタートを切ることができた。だけど今まで営業担当だったクリスチャンは自分よりショーンの方が有名になっちゃったことに嫉妬。子供じゃあるまいし…(笑)

 家族に養育費を送っててお金がないショーンはクリスチャンの家に居候。どっちが留守番してウィルバーの面倒をみるかで言い合うところなんかまるで夫婦そのものじゃないですか(笑) お姉さんのリズと一緒にみんなでテレビを見るシーンはもう完全にホームドラマでこれもいい感じ。この3人+ウィルバーが問題なく顔を揃えてると本当にほっとします^^ 最終的にはこうあってほしいよね♪
 クリスチャンは出演部分をカットされてショーンにやきもち妬いたり、エイダンに「クリストファー」って名前間違えられたり、いつの間にか営業担当からお笑い担当キャラになっちゃったのね。もっとも腹話術人形の時からすでにその傾向がありましたが…(笑) 今回もあちこちで笑わせてもらいましたsmile
 だけど何かとショーンの前に現れる女王様、それにクリスチャンは守秘義務を破ってマスコミに患者のことを漏らしちゃったし、このままホームドラマってわけには当然いくはずがありません。新天地でどんな展開が待っていることやら。また毎回ドキドキしながら楽しもうと思います♪

 女王様は「レリックハンター」のシドニーでした。シドニーかっこよくて大好きだったんで嬉しいです^^ 相変わらずお美しいですね〜。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

April 24, 2009

Ashes to Ashes S2-#1

 イギリスで20日から放送が始まったA2Aのシリーズ2。気分転換をかねて、先日ちょっと空き時間もあったんで#1をさっそく見ることができました。事件はおいといてアレックスやチームのその後をちょっとご紹介します。「喋る警察犬」がカワイイ〜^^

以下ネタバレ無いけど一応隠します。

Continue reading "Ashes to Ashes S2-#1"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 22, 2009

第4回FOX特派員プレミア試写会

 今回は「デクスター」シーズン3の第1話&2話。そういえばシーズン2の放送が終わったのってもう1年も前になるんですね。大好きなドラマなので続きをとても楽しみにしていました。

 ドークスとライラが消えてくれたおかげでデクスターの生活は順調そのもの。殺人者としての夜の仕事も、リタとの関係も安定していた。
 彼の新たなターゲットは二人の女性を殺したにもかかわらず令状不備で釈放になった麻薬ディーラー、フリーボ。しかしたまたまフリーボの家に居合わせた男性もみあいになり、デクスターは彼を殺してしまい、フリーボはその隙に逃走。しかも死んだのが地方検事補ミゲル・プラドの弟オスカーだとわかって、デクスターはオスカーが殺すに値する悪人だという証拠を必死で探すけど、彼にはちょっとした交通違反があるだけで周囲からの評判も良い人物だった。
 そこへデボラが麻薬課から異動してきたクインの紹介で知り合った情報提供者アントンから、オスカーがフリーボに多額の借金をしていたという情報をつかんでくる。だけどミゲル・プラドやラゲルタの前でオスカーの悪口を言っちゃった口の悪さを指摘され、エンジェルはデボラを捜査から外さなければならなくなる。
 その後、娼婦とみられる女性の死体が発見される。デクスターはそれがフリーボの家にいたガールフレンドのティーガンだと気付くけど、警察はそのつながりを知らない。自分がフリーボを殺していればティーガンは死ぬことがなかった、そしてフリーボには顔を見られている。デクスターは警察よりも先にフリーボを見つけ出そうとする。
 しかしデボラもまたアントンからフリーボとティーガンを結びつける情報を得ていた。独自にティーガンの住所を突き止めたデクスターが彼女の家に行くと、そこにはフリーボが。捜査の先を越さなければならないデクスターに迷っている時間はない。彼は隣にあるガレージを殺人の現場として準備し、さっさとフリーボを始末する。
 ところがそこへ電話の通話記録からこの場所を突き止めたミゲルが銃を持って現れる。逃げ遅れたデクスターは彼に見つかってしまい、とっさに「正当防衛だった」と言う。フリーボを殺すつもりでここへ来たミゲルは、自分のかわりに殺してくれたと言ってデクスターに感謝。証拠隠滅を手伝おうとするが、もちろん自分の正体を知られたら困るデクスターは「あなたはここにいない方がいい」と言ってミゲルを帰す。

 一方、リタの妊娠が発覚してデクスターは決断を迫られていた。自分は親として責任を負っていくことができるのだろうか? なかなか答えを出せずにいるデクスターに対し、リタはデクスターの気持ちはどうあれ子育ては素晴らしいものだから生むつもりだと言う。

 ミゲルは第2のドークスになるのかと思いきや、意外にもデクスターのことを気に入ったようです。だけどデクスターは彼の弟を殺してしまったという負い目もあるわけで、この先ふたりの関係がどうもつれていくのかが気になりますね。
 リタとの関係もまた新たな局面に。アスターやコーディのためにもやっぱり彼女には幸せになってほしいです。迷ってるデクスターに対して、リタの妊娠を素直に喜ぶエンジェル。やっぱり彼ってそうだよね!^^ めでたく巡査部長に昇進しましたが、同時にデボラの上司として不本意な決断を下さなくてはならないこともあるわけで…仲間とラゲルタとの板挟みになるのは気の毒かも。
 マスカは相変わらず変なキャラでした。日本人だったんだ…(笑) 怪しげな祭壇作ってお香焚いてる彼にデクスターが「君は仏教徒なの? 日本は神道だろう?」って言うんだけど、ご利益があるなら何だっていい、十字架も置いた!という彼のテキトーな宗教観はある意味正しい日本の姿かも(笑)
 フリーボはエバーウッドのコリンでした。こんなところであんな姿で再会するとは思ってもみなかった…(T T)

 続きを見るのが待ちきれないです。一挙放送はたぶん見れないんだよねーーでも見たい!! ともかくS3の展開も期待しています!

* * *

約10,000円分のドラマが525円で視聴できる(※)!!
前代未聞 最新シーズンを1日で一挙大放送!

◆デクスター 〜警察官は殺人鬼 シーズン3 全12話一挙放送
 5月2日(土)12:00 FOXCRIMEチャンネルでスタート!

★FOXCRIME新規加入キャンペーン実施中!
 ⇒http://tv.foxjapan.com/special-content/dexter/
★FOXCRIMEの視聴方法や最新情報はこちら
 ⇒http://tv.foxjapan.com/


(※)シーズン1コンプリートBOX:10,290円(税込)
  スカパー!にてFOXCRIMEを単チャンネル契約した場合:525円/月(税込)

* * *

 余談で申し訳ないんですが……今回いただいた資料の中で、もうすぐ放送が始まる「Spooks (MI:5)」が詳しく紹介されてました♪ だけどゾーイ役キーリーさんの出演作が「トゥームレイダー」といわれると、うーむ…………正確にはブレステ用ゲーム版トゥームレイダー(ヒル先生もよく遊んでます)でララ・クロフトの声をやってるのが彼女なんですが、アンジー主演のトゥームレイダーに出演したのかと勘違いされそうだよね^^; できれば出演作には「Ashes to Ashes」を載せてほしかったわ。
 そういえばキーリーさん、今度エイダン・ギレンとのコンビで刑事ドラマやるそうですね(ITVのプレスリリースより)

デクスターとSpooks、どちらも素晴らしいドラマです。ぜひあわせてご覧くださいませ!

| | Comments (6) | TrackBack (2)

April 19, 2009

Wire in the Blood 5 #3 エピガイアップ

「ワイヤー・イン・ザ・ブラッド」シリーズ5第3話「The Names of Angels」のエピガイとフォトギャラリーをアップしました。
(フォトギャラリーはこちら。エピガイを放送前に読みたい方は自力で辿り着いてください^^;)
 どこまで詳しく書いていいのやらわからず、またしても投げやりになってしまった部分もありますが(汗)放送後にまたきちんと手直ししたいと思いますのでご容赦を〜coldsweats01
 それと前回の放送時にはブログでちょっとした撮影裏話を書きましたが、今シリーズはロケーションガイドを掲載する予定です。お楽しみに♪

 来週はFOX特派員のお仕事もあるけど(ついでにAshes2は月曜から♪)土曜のNIP/TUCKまでにはなんとか残り1話のエピガイをアップできればと思ってます。フィン、待っててね!(爆)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 15, 2009

ちょっとお休みします

しばらく雲隠れしますのでブログの更新が滞ります(土下座)
来週のFOX特派員のお仕事には戻ってきます。
BBSは常時チェックしてますので、面白い話題がありましたらどうぞお気軽にご投稿くださいね♪

書き置きがわりにこんな写真を…

Barrow

どこだかわかったアナタは“イギリスドラマ通”かも!?(笑)

| | Comments (6) | TrackBack (0)

April 12, 2009

Law&Order: UK #7

a.k.a.「ITVはそんなに金に困ってるのか?」(苦笑)
それとシリーズ総括しての感想です。
(ちょっと長いですがご容赦を)

 まずは今回のエピソード。
 アリーシャが婦人科医のメリックからドクターハラスメントを受けたと言ってデヴリン君たちに相談。さっそく捜査に乗り出すけど、スティールさんと相談して起訴は無理だろうという結論に。それがどうしても納得できないアリーシャは自ら行動に出るんですが、これが大変な結果を招いてしまいます。
 メリックは「自分こそ被害者」みたいに主張するし、弁護士は思わず「クソババア」と言いたくなってしまうような人だし(苦笑)あげくあの判決はいくらなんでもあんまりだ…と思いましたが、正義の味方スティールさんはもちろん黙っちゃいません。メリックに一泡吹かせてやろうとデヴリン君たちと画策します。

 アリーシャはスティールさんに「証言するからあなたが担当して」(←テキトーな意訳です^^;)って言うと、スティールさんは「きみとは個人的な付き合いがあるから…」みたいに言うんですが、アリーシャは譲りません。
"You're always telling me that we should fight for the victim.
I am the victim. Fight for me."

……こう言われたら正義の味方は断れるはずないよね^^; アリーシャはスティールさんなら有罪にしてくれると信じてるんでしょうね〜。

 今回はデヴリン君とスティールさんが一緒のシーンが多くて嬉しかったです♪ ジェイミーはちょっとアーチー入ってた気がします(笑)「ホレイショ聞いてよ! みんなひどいんだよー!」ってグチをこぼす姿が思わず頭に浮かんでしまった(爆!)
 ブルックスさんが歩きながらのり巻きを食べてたシーンもツボでした^^

* * *

 さてさて、くどいようですが本家を見ていないので分家との比較しかできないものの、私なりにUK版の全体的な感想を…。

(以下、長いので隠しますがネタバレはありません)

Continue reading "Law&Order: UK #7"

| | Comments (6) | TrackBack (0)

April 10, 2009

Wire in the Blood 5 #2 エピガイアップ!

 WITBシリーズ5第2話「Nocebo」のエピガイとフォトギャラリーをアップしました。
 今回のエピソードはタイン川沿いで撮影されたシーンがあり、ニューカッスルのシンボルである橋がしっかり映っています♪
(↓写真はクリックで拡大します)

W5_2_041_3

 はるか先のスウィング・ブリッジやお馴染みタイン・ブリッジまで映ってますね〜。最初にこれを発見したときはかなり嬉しかったです♪
 ちなみに撮影されたのはニューカッスルの対岸のゲイツヘッドです。ここ、撮影時は更地でしたが現在はたぶんビル(アパートか住宅かも)が建設中で、風景は若干変わっているものと思われます。

 今回の特徴のひとつが、映像の画質がとても荒いこと。これは演出上わざとこうしているのであって、間違っても放映時にミスチャンに対して「画質が悪い!」なんて勘違いなクレームを送りつけないようご注意ください(笑)
 映像がいつも通りで天気も良ければニューカッスルの街並まで見渡せたかもしれませんね〜^^

 みどころはヒル先生とベンが蓋をしないでポップコーンを作るシーン(笑) とっても楽しそうです♪
 エピガイですが、後半はかなりはしょってます(苦笑) そのへんは放送後にまたきちんと書き加えますね。それと人物名に関してはあまり自信がありません…S4のエピガイの時もそうだったけど、外国の名前をカタカナ表記するのって難しいんですよね^^;
フォトギャラリーはこちらよりどうぞ♪

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 07, 2009

ベン様発見!「Soldier Soldier」

 買ったまま長期間放置されているDVDは山とありますが(苦笑)あとになって「この人が出てるDVD持ってた気がする…」と気付くことがしばしば。
 サラ・パリッシュ(Trustでロブソンやイアン・マクシェーンと一緒に出てた女優さん)が見たくて購入した「Cutting It」もそのひとつで、State Withinでベン様にハマって出演作を調べてみたらCutting Itがあるじゃないか!とびっくり^^;
 きっと同じように埋もれた作品があるに違いない…と探してみたらやっぱりありました(笑) 若き日のロブソンが親友ジェローム・フリンと出演していたドラマ「Soldier Soldier」シリーズ2の最終話にベン様が登場しております。買ったのいつだっけ??調べてみたらなんと'06年の6月! 3年近くも放置ですか! さすが私だ(爆)

 というわけでさっそく視聴。途中からなんで当然のごとく話は全然わかりません(苦笑)
 日々訓練に明け暮れる英国陸軍の兵士たちの姿をユーモアたっぷりに描き、奥樣方の日常もまたコミカルで、なんとなく「軍隊版マクベス巡査」って雰囲気のドラマです。
 今回見たエピソードは、陸軍と海兵隊の合同演習の最中にデイヴ(ロブソン)が調子に乗って使った発煙弾から燃料に引火して山火事になっちゃって、みんなで消火だーーー!と大騒ぎする話(爆)
 ベン・ダニエルズさんは合同演習でロブソンの敵側のチームとなる海兵隊の大尉の役でした。顔は泥だらけ&消火作業でススだらけのせいか見た目は今と大差ない(というか汚れすぎてて違いがわからない^^;)んだけど、声はやっぱり若者ってかんじですねー! ロブソンたちがゴムボートで遊んでたら(いや遊んでるわけじゃないんですけど。笑)「あいつら何やってるんだー! ふざけやがってー!」と怒ってました(笑)
 若い頃のロブソン、いかにもやんちゃ坊主ってかんじのキャラ(でも優秀♪)でめちゃくちゃかわいいです!happy02

 このドラマ、長らくほったらかしにしてたけど、見てみたら今じゃすっかり有名な人たちがゾロゾロ出てくるんでびっくりしました。Waking the Deadのフランキーはいるし、OSCのエンライト本部長はいるし、Cranfordのミセス・ローズやホテルバビロンのトニーも。なんといっても「リンリー警部」のヘレン役でさんざん合わないだの暗いだのと言われてしまったレズリー・ヴィッカレイジ、彼女が本当に若々しくて明るくてかわいい!!!!!
 ちなみにS1にはサマンサ・モートンやロバート・グレニスターさんがレギュラーで出てるんですね〜。そしてロブソンが去った後のS6にはなんとあの「バトルスター・ギャラクティカ」のバルター博士が…これは気になるぞ!(爆)
 なんか今まで見ずにいたのが急にもったいなく思えてきました。

 結局ベン様レポではなくドラマ紹介になっちゃった^^;

| | Comments (6) | TrackBack (0)

April 06, 2009

Ashes to Ashes S2 Trailer

「Ashes to Ashes」シリーズ2のトレイラーが出てたんでこちらに貼っておきます。
ジーンは暴れっぷりがいまいちですが^^;アレックス相変わらずですね(笑)
クリスとシャズの目くばせがいい感じ♪

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 04, 2009

Law&Order: UK #6

::まえおき::
 本家は未視聴、当方あくまでベン・ダニエルズおよびジェイミー・バンバーの追跡が目的でUK版を見ております。本家ファンの方からみれば邪道者でしょうがご了承ください(笑)

 トルコ人が集まるクラブで火災が発生、多数の死傷者が出る。現場の状況からこれは放火事件だぞ!ということでブルックス&デヴリン君が捜査を開始。
あらすじは以上です(笑)

さて今回はスティールさんとアリーシャちゃんのプライベートがちょこっと明らかに…
(以下ネタバレあるので隠します)

Continue reading "Law&Order: UK #6"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 03, 2009

BAFTAでレッドカーペットデビュー

 今月26日にロンドンのロイヤル・フェスティバル・ホールで行われるBAFTA(英国アカデミー賞)、今年は一般向けチケットが限定発売されています! 価格は50ポンド。意外と安いんですねぇ。
 ちなみに今年はSpooks(常連)やWallander(元ネタのスウェーデンドラマは今年ミスチャンで放送)、Criminal Justice(DVD買ったけど例によって未開封^^;)、俳優さんではジェイソン・アイザックスなどがノミネートされています♪ お気に入りのThe IT Crowdもシットコム部門でノミネート(笑) 国外作品ではデクスターやThe Wireなども。
 いつもテレビで見ているジーン・ハントやSpooksメンバーと一緒に授賞式に参加できる素晴らしいチャンスです! あなたもチケットを手に入れてレッドカーペットデビューしてみませんか?happy01
 座席にはまだ余裕があるみたいです(バルコニー席のみ) 私は経済的にもスケジュール的にも無理^^; だけどもし来年も一般参加OKなら次は絶対行きたい!!!!という目標ができました♪

詳しい情報はこちら
チケットの予約はこちらでできます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 02, 2009

「This Morning」に登場のベン様&フリーマちゃん♪

Law&Order: UKの検察官コンビが揃って「This Morning」に登場、ドラマについて語ってくれました♪

ベン様、脚長いっすねーー! 朝っぱらからなんてエレガントなんでしょうlovely 花粉で鼻グジャグジャ&貧血蒼顔でとても見られたもんじゃない午前中の私なんかとは大違いです(あたりまえだ)
ドラマでは優等生タイプのフリーマちゃんも、素顔はとっても若々しい女の子。服もかわいいですね^^

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« March 2009 | Main | May 2009 »