無料ブログはココログ

« メイキング・オブ「チェンジリング」 | Main | Wire in the Blood シリーズ6到着♪ »

March 10, 2009

ダルジール警視

これは……すごい好きかも!!!!

 刑事コンビが見事にツボにはまりました。楽しいーーー!!!!happy01 申し訳ないけど「Waking the Dead」とくらべるとこっちの方がメンツ的には断然好みです。キレるキャラって嫌いなんですよ、よくデパートとかでいきなりキレて大声出すみっともない人っているじゃないですか(きっと大脳扁桃体に異常があるんだ) でも傍若無人お下劣オヤジは大好き♪ フロスト警部やジーン・ハントに続いていいもの見付けた!って感じです(笑)
 本当はダルジールじゃなくて「ディエル」って言うんですよね。これBBC-Japanで放送されてた時も話題になってたんで、ミスチャンはどうするのかなってちょっと気になってました。まあ私はあんまりこだわらない派なので…記事を書く時にはミスチャンに倣ってダルジール、見る時は原語通りディエルと思って見てればいいや〜と思ってます^^; でもタイトルはやっぱり二人セットで「ダルジール&パスコー」の方が良かったんじゃ。

 原作は読んでないから知らないし、ちょっとよそ見してたんで把握できなかったんですが、舞台はどこなんでしょう? ちょっとヨークシャー訛りっぽい喋り方してるかなって感じましたが…(シャープがああいう喋り方だったんで、なんとなく)
 フットボールの話で"United"って言ったのを字幕で「リーズ」になってたから、やっぱりあのへんなのかな。

 話もイギリスのドラマによく登場する“変なご近所さん”みたいな人たちがちらっと登場して面白いですね。しかしなんといっても刑事コンビのキャラがいい!(笑) もう一人出てきたウィールドって刑事も微妙に可笑しいし。ジーン・ハントとしばらくの間お別れなので、それまではこちらで楽しめそうだと期待しています♪

« メイキング・オブ「チェンジリング」 | Main | Wire in the Blood シリーズ6到着♪ »

Comments

Ayanoさん、こんにちは。
私もコレ気に入りました~!
警視ったら、ジーン・ハント並にお下品ですね。それにデブ呼ばわりされてますし。飄々としたエリートパスコーとナイスコンビです。パスコーが屋根をよじ登らされている場面では声を出して笑ってしまいました。happy02

>“変なご近所さん”みたいな人たちがちらっと登場して面白い
言い当てていらっしゃいます!みんな揃いも揃って変な人たちでしたね。(笑)

楽しみが一つ増えました~♪

さんたさん、こんにちは。
観る前からちょっとジーンっぽいキャラかなと期待してましたが、まさに同じ系列のキャラでしたね♪
パスコーとの関係もなかなか良いです。普通はジーンとサムみたいに上司があれだと部下は辟易としたり、ロビー・ロスのように反抗しちゃう場合が多いんだけど、パスコーは何気になついてませんか(笑)

私はミステリというジャンルが特別好きというわけでもないので、ミステリとして優れているかどうかよりもキャラクターが魅力ある方が楽しめます。その点でこのドラマは当たりでした♪
前・後編が一度に見れるのもありがたいですね。
ゲストオヤジも含めて毎週楽しみに見ていきたいと思います!
(そういえばまたフランク・モーガン現れましたね^^)

おもしろいですね!!!  良いコンビで今後が期待できます。今回オンエアされるのがシリーズ1と2だけというのは少な過ぎますけどね。
ところで下品さ具合が「上品」じゃないですか?
このダルジールが下品で下劣なんだったら、ニホンの一部のオヤジって救いようがないぐらい下の下じゃありませんか?
基本的に彼の国の紳士度が高いということでしょうか。

こんにちは!イギリス人らしい皮肉屋 好きです!
家に帰っても待ってる家族が居そうに無いような?
なぜかそんな主人公が多いですね!
同じ警部でもいい物着てますが、ランクがあるんですかね?

ムールさん、こんにちは。
刑事コンビが予想以上の面白さで、すっかり気に入ってしまいました!

>下品さ具合が「上品」
そうですね〜。やはりそこはテレビなので、視聴者に嫌われてしまったら話になりませんから(苦笑)ある程度受け入れられるような“不快じゃない下品”な人物として表現してるのかもしれませんね。

>ニホンの一部のオヤジって救いようがないぐらい
下品というか、知らない人にたいして冷たいですよね。電車で足を踏んだり道でぶつかってもあやまらない人が多いのには驚きます^^;

由美子さん、こんにちは。
たしかにイギリスらしいキャラクターですね。
アメリカのドラマでもハウス先生とかは皮肉屋で面白いけど……俳優さんはイギリス人だし^^;
見た目も性格も対照的なパスコーとなぜかうまくやっている具合がまた楽しいです♪

Ayanoさん!確認せずにすいません… 警視でしたね
フロスト警部と格が違いました 
ハウス大好きです☆ 弱いんですよね~あのタイプに
はやくS4始まらないかな♪

バスコ-のほうが、ある意味大人なのかも?

由美子さん、こんにちは。
フロスト警部は着るものに全然こだわらなかったけど、ダルジールはちょっとおしゃれな感じでしたね。
フロスト警部も負けじと「高級品の古着」なんて言ってましたけど(笑)

>バスコ-のほうが、ある意味大人なのかも
ちょっとそんな感じですよね〜。
ダルジールはガキ大将がそのまんまオヤジになったっていうか(笑)そこが魅力でもありますよね。これからも楽しみです^^

なるほど、面白そうですね。
予告編を観て凸凹コンビぶりはかなり気になったんですが、これ以上ドラマを増やすと首を絞める・・と諦めたんですけど。
でもWaking the Deadの偽ジャックの雰囲気は大体わかったので、そろそろ凸凹コンビに切り替えようかな。ちょっとその気になってきました。

Garotoさん、こんにちは。
偽ジャックとダルジール、
どちらかひとつだけ観るとしたら私はダルジールを選びます^^
Waking the Deadも話はなかなか面白いけど、
凸凹コンビはLOMのジーンみたいにキャラクターだけで楽しめちゃうので(笑)
ぜひ一度おためしになってみてくださいませ♪

>本当はダルジールじゃなくて「ディエル」って言うんですよね

ミスチャン好きの父親から今日このドラマを
勧められましたwww

で、ダルジールじゃなくてディエルっていうんだって
言ってました。
Ayanoサンたぶんうちの父と話合うと思いますw

りへさん、こんにちは。
本当は「ダルジール」じゃないって、すぐわかっちゃうんですよね。
セリフでは完全にディエルって言ってますから^^;
ちょっとジーン・ハントっぽいキャラで面白いです。
機会があったらぜひご覧になってみてくださいね♪

英国は好きだけど
他国を棚に挙げて日本を馬鹿にする白人コンプの塊は日本のおやじを馬鹿にできるの?

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91761/44298098

Listed below are links to weblogs that reference ダルジール警視:

« メイキング・オブ「チェンジリング」 | Main | Wire in the Blood シリーズ6到着♪ »

参加してます

Twitterはこちら

コミュニティ

メールはこちら