無料ブログはココログ

« BS熱中夜話「プレミアリーグ・サポーター編」 | Main | The State Within(ステート・ウィズイン)#3「恩赦への望み」 »

February 18, 2009

Waking the Dead #1「甦る犯行」

 このところちょっと忙しくしてまして、やっと観ることができました。それにしてもこんなに突っ込みどころ満載のドラマだとは思わなかった……。

 5年前の少女殺害事件の再捜査をすることになったコールドケース班。捜査を指揮するボイドの元に脅迫状が送られてきて、5年前の事件と似た手口で少女が誘拐される事件が起きる。捜査班を翻弄する犯人。はたして犯人の目的は?

 という話だったんですが(ものすごいはしょってすいません)
 とにかくチームワークはメタメタ。まずはCIDとの捜査権争奪戦に始まり(こういう縦割り体質が事件の解決を遅らせる原因なんじゃ…)チームのメンバー間の連携やバックアップにも相当問題ありでした。この特捜班はまだ実験的な部署とのことなので、まだまだ未熟な部分もあるのは仕方ないってことを描きたかったのかな? それぞれは優秀な捜査官のはずなので。
 ちなみに今のところ感情移入できるキャラクターがひとりもいないのは痛い。私の目線からだとこんなかんじ。

ボイド…事件の解決だけが目的のボス。いつもどなってる。
メル…勇気はあるけど感情的ですぐ泣く。
フランキー…証拠を見付けることだけが命。
グレイス…プロファイラーだけど今のところ役に立ってる感は無し…。
スペンサー…この人だけが一番まともな気がする。

 WATのジャックのすぐキレる性格がやっと落ち着いてきたと思ったら、またしてもキレやすいボスが登場! もう勘弁してくれ……。この先ついていけるか不安です。でも法医学担当のフランキーが「タガート」のジャッキーにちょっと似てるのが嬉しい(笑) ドラマの全体的な雰囲気はちょっと「クリーガン」に似てるかなという気がしなくもなかった。
 ところで、後編にちょこっと出てきた川沿いの古いビルって、女刑事でジーンたちが派手な銃撃戦やった所じゃなかった?? どなたかわかる方、教えていただけたら嬉しいです^^;

« BS熱中夜話「プレミアリーグ・サポーター編」 | Main | The State Within(ステート・ウィズイン)#3「恩赦への望み」 »

Comments

Ayanoさん、こんばんは。
>まだまだ未熟な部分もあるのは仕方ないって
なるほど~、これからチームとして纏まってくるんでしょうか。あまり噛み合ってない会話が多かったですね。

>今のところ感情移入できるキャラクターがひとりもいないのは痛い
同感です。何だかみんなマジメですよねぇ。
おちゃめなキャラが欲しいところです。
(それにワンコ不足・・・)

>フランキーが「タガート」のジャッキーにちょっと似てるのが嬉しい
ほんとだ!似てますね。フレーザー君似のキャラも登場しないかしら?^^

Ayanoさん~待ってました!忙しかったんですね!
風邪でも引かれてたのかなぁ~と心配していたんですよ

それにしても、チョツト期待はずれでした…
ボイド警部に2才の子供とは…孫に見えます!
魅力的なキャラ欲しいですね♪
コ-ルドケ-スとは較べものになりませんね!

さんたさん、こんにちは。
チームワークがまったくなってなかったけど、これから徐々にひとつになっていく過程も見どころなのかな?と思いつつ見守っていこうと思います。
それにしてもボスはキレすぎです^^;「タガート」のバーク警部もいつも怒鳴ってるけど、それとは違いますよね。
犬のしつけに「大声で命令すれば言うことを聞くというものではない」というのがあったのをふと思い出しました(笑)

>フレーザー君似のキャラ
たまに毒気づくほのぼのキャラ、いいですよね♪
ああ〜〜やっぱりタガートが観たいです。

由美子さん、こんにちは。
なかなか更新できず、申し訳ございませんでした〜。

ボイドの子供、私も最初に見た時は孫だと思いましたよ(苦笑)
家庭も大切なんだけどどうしても仕事に傾いてしまう…という部分もお約束。
SVUのステイブラーやWITBのアレックスみたいに仕事も家庭も大切にして頑張ってる刑事だっているのに!
それにくらべるとちょっと設定がベタな気がしますね。もっとも第1話は8年も前に作られたので若干古っぽく感じてしまうのは仕方ないのかもしれません。
リリー・ラッシュが恋しくなっちゃいました^^;

2話くっつけて一気に観ましたが、どうもボイドがジャック・マローンに見えちゃって。
存在感とか妻への態度とかなんだかジャックだなぁと思ってたら、キレ具合がまたジャック。しかもコールドケースを追うドラマだと思っていたら失踪者を追っていたのでますますジャックです(笑)
この先もジャックで居続けるのかな?そのわりにダニーやマーティンがいないのが欲求不満だったりして。
もう一つ驚いたのがフランキー。
こんなにギャーギャー騒ぐ検死官を初めて観ました!
検死官はラボで黙々と検死しているので、あまり感情を表に出す人はいないと思っていたのに。
でもお仕事するときに帽子をかぶっていたのは立派です。是非CSIの人たちに観ていただきたいです(笑)
さて、どこまで続けて頑張れるか・・・とりあえずは頑張ってみます。

Garotoさん、こんにちは。
やっぱりジャック・マローンに見えましたか〜(笑)
みんな感情むき出しで怒鳴りまくってますよね。
この先ずっとこんな状態だったらどうしようと不安なんですが……。
椅子でガラスを割ったりしたら困っちゃいますね^^;
ダニマーコンビも欲しいところですが、常に冷静に対処できるヴィヴィアンみたいな人が何より必要な気がしてきました。
これから刑事たちも徐々に成長していくのでしょうか。
私もしばらく地道に見守ってみようと思います。
このドラマも忘れた頃にデズさんが登場するので、
それまでちゃんと放送してくれるといいんですけど(笑)

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91761/44103330

Listed below are links to weblogs that reference Waking the Dead #1「甦る犯行」:

« BS熱中夜話「プレミアリーグ・サポーター編」 | Main | The State Within(ステート・ウィズイン)#3「恩赦への望み」 »

参加してます

Twitterはこちら

コミュニティ

メールはこちら