無料ブログはココログ

« Waking the Dead #1「甦る犯行」 | Main | 「Wire in the Blood 5」この夏放送! »

February 19, 2009

The State Within(ステート・ウィズイン)#3「恩赦への望み」

 ここでは本筋から逸れた感想のみ書いてますので、詳しいあらすじはNHKのエピガイ&解説ページでご確認ください。
(難しくて私には説明できません^^;)

 えー、ニコラスますます怪しいです。ロンドンにあるキャロラインの実家(たぶん)に侵入するシーンはまさにSpooksでしたね。
 どうでもいいけど、ニコラスが家に来たときクリストファーはTシャツ着て寝てたのに、次に電話で起こされたときは裸だったよね(爆)
 行き先を黙ってどっか行ってたニコラスに対し、ふてくされるクリストファーの態度がかわいい^^ ニコラスの言う通りすねてるだけなのか、それとも…??

 バーでシンクレアに掴み掛かった時のマークはちょっとマイケル・カフィ化してました(笑) それに寝起きだからってパーカー姿はやめてください! 今からプロビデンスに帰るんですか?と突っ込みたくなってしまいます^^;
 一方、急な呼び出しでもばっちりスーツ姿のニコラス。たんにお泊まりで着替えがなかっただけですけど…。
 悶々としたスカッシュのシーンは本当に濃密で酔いそうになってしまいました。

 このドラマって、回を追うごとにマーク(ジェイソン・アイザックス)の存在がどうでもよくなってくるのが悲しい(苦笑) 最後まで観ると完全にこれはニコラス(ベン・ダニエルズ)のドラマだと感じますから。ラスト2話の彼はそりゃもう最高にかっこいいんですよ♪ 彼とハーマイオニーのコンビでSpooks仕切ったらたまりませんね。アダムがどちらを隠れ家に連れ込むのかも気になります(笑)

« Waking the Dead #1「甦る犯行」 | Main | 「Wire in the Blood 5」この夏放送! »

Comments

ニコラスとハーマイオニーが仕切るSpooks!きゃー素敵〜!!想像するだによだれが…(苦笑)もちろんニコラスはゲイのエージェントですね。ドラマの幅が広がります!(違)
スカッシュ、いいですね−あんなに濃いスカッシュ・シーンも珍しい。酸欠になりそう(なんか間違った見方してます私)
>回を追うごとにマーク(ジェイソン・アイザックス)の存在がどうでもよくなってくるのが悲しい
だからサービス・ショット(?)が入ったのでしょうか。ん?サービスって変か。来週になるのか再来週になるのか。
いかんいかん、真面目に見なくては!

atsumiさん、こんにちは。
なんだかんだで最後まで観てしまった私でした^^;

仲間じゃないけどダニエルズさんもSpooks出てましたよね、S4は駆け足で視聴したためほとんど覚えてないのが残念! あとで録画をひっぱり出して観てみようと思います。
ハーマイオニーと彼のコンビなんてかっこ良すぎますよね〜! 私の頭の中ではすでにDVDのパッケージができてます(笑)
ドラマの幅も、ハニートラップの幅も広がりそうです^^

>サービス・ショット
たしかにサービスかも! 2回も入ってますし(笑)
そういえばジェーン役の女優さんって「Trust」ではブロンドだったんですよね。おかげで全然気付きませんでした^^;

Ayanoさん、こんにちは。
こんな複雑な人間関係のストーリーを原語で理解されたとはスゴイですー!吹き替えでも犬をブラッシングしながら見たりすると置いてかれます。^^;

>それに寝起きだからってパーカー姿はやめてください
パーカー姿、私はときめいちゃった派です。
フードフェチだもんですから。

スカッシュシーンは湿度が高かったですねぇ。
お陰で、またストーリーが吹っ飛びました。(笑)

さんたさん、こんにちは。

>こんな複雑な人間関係のストーリーを原語で理解されたとは
全然! 理解してないですよ〜!^^;
吹替えで見てても相変わらずわかってません(苦笑)

>フードフェチだもんですから
わ〜そうなんですか♪^^
「ブラザーフッド」ではいつもあんな格好だったので、ついだぶって見えちゃいました(笑)

スカッシュのシーンはクラクラしちゃいますよね。
あんなに濃厚なスポーツだったかなぁと(爆)
本当はお帰りのチュウが2話目で、スカッシュは3話目と、わかれてるんですよね。編集のせいで一度に両方入っちゃったのは勿体なかった気がします^^;

Ayanoさん、こんにちは!

これ、実はあんなに期待してたくせに、1話めを録画するのを忘れてたバカな私...3話めでようやく話に入り込めるようになってきました。

ニコラス、いいです!たまりません!
スカッシュのシーン、ドキドキheart02してしまいました。やっぱイギリスもんは濃い!特にこのねっとり感は絶対アメリカもんでは描けないと思います。

>アダムがどちらを隠れ家に連れ込むのかも気になります(笑)

うはははgood妄想しちゃいましたよ!
やっぱ英語で聴きたいし(アメリカンとブリティッシュの違いとか)、でも意味がわからなくなると困るので、副音声にして文字放送の字幕をつけて録画してみましたが、これがなかなかおもしろいです。ちょっと出演者の顔にかかるのが残念ですけど。

>本当はお帰りのチュウが2話目で、スカッシュは3話目

そうなんですね!あ〜だからよけい今回は濃かったのか〜(爆)


kisaragiさん、こんにちは。

本当に毎回濃いですよね〜〜。
ニコラスほんとにかっこいいです。今はまだ謎の人って感じですけど^^;
ぜひそのままSpooksに登場してもらいたいキャラクターです♪
簡単に落とされるのは絶対ザフよりアダムですよね! ザフは一筋縄ではいかなそうですもん(笑)

>アメリカンとブリティッシュの違い
英語で聞くと誰がどっちの国の人かわかるんですけど、吹替えだとみんな日本語喋るから顔で覚えなきゃならないので大変です^^;
BSの字幕は私も見てみたことがあります〜。字が大きくて面白いですよね。音楽が入るところでは音符マークが出るし(笑)
もともと聴覚障害の方向けの字幕だからわかりやすくしているんだそうですね。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91761/44112237

Listed below are links to weblogs that reference The State Within(ステート・ウィズイン)#3「恩赦への望み」:

« Waking the Dead #1「甦る犯行」 | Main | 「Wire in the Blood 5」この夏放送! »

参加してます

Twitterはこちら

コミュニティ

メールはこちら