« Life on Mars(時空刑事1973)#14 | Main | Life on Mars(時空刑事1973)#15 »

January 29, 2009

The State Within(ステート・ウィズイン)#1「旅客機爆破」

 いよいよ放送が始まりました♪ いや〜〜ドキドキしながら観ちゃいましたよ!

 ワシントンの空港からロンドンへ向かう飛行機が爆破される。アメリカとイギリスが協力してテロに立ち向かおうとする中、浮かび上がった容疑者はイスラム系イギリス人。この情報がマスコミに漏れて、バージニア州知事がイギリス人イスラム教徒の身柄拘束を始める。
 一方、フロリダでは二人の少女を殺害した容疑で死刑を言い渡されているイギリス人ルークが無実を訴えていた。イギリス大使館の人権担当ジェーンは再審を前に彼の死刑を阻止しようと動く。そんな彼女の前に事件の目撃者が現れ、ルークは無実だと言うのだが…。

 案の定、変なところで最後ぶっちぎれてました。しかしあらためて観るとやっぱり難しい! 全然わからないよ(苦笑) こんな記事しか書けない私のために(ってわけじゃないが)NHKでは詳しいエピガイやストーリーのポイントも載せてくれています。これは非常に有難いです!!(第1話はこちら)

 そして、SWのサイトが出来たときに登場人物のページを見て「?恋人関係の線が一本足りないんじゃ?(笑)」と思っていたんですが、現在は加えられてました。絶対放送終了を狙ってたんだ!(爆)

これでアナタもベン・ダニエルズの虜に…(*゚∀゚)=3

 YouTubeでもやっぱりニコラス&クリストファーの動画あるんだよね!! 最初は記事にリンク貼ろうかと思ったけど(←ほとんど変態)何度も見るとありがたみが減りそうな気がするのでやめておきました(爆) 一度DVDで観てるせいなんでしょうか、今回の放送は完全にニコラス&クリストファーのドラマとして観てしまっています。一度目からそうだった気もするが………( ̄▽ ̄)
 いつか「Law & Order: UK」が日本で放送されることになったら、彼は絶対このネタで突っ込まれ続けるんだろうな…^^;

 みなさんのご感想も楽しみにしていま〜す♪

|

« Life on Mars(時空刑事1973)#14 | Main | Life on Mars(時空刑事1973)#15 »

Comments

Ayanoさん、こんにちは。

ホテルバビロン、また微妙な感じで終わりましたね。銃撃戦でチャーリーが撃たれるとかそんなことより、咄嗟にレベッカをかばうトニーを見てしまいました。レベッカずるいー!ヾ(≧∇≦)〃(←ちょっとだけトニーのファンになりました。)


そして、ステートウィズイン始まりましたね。オヤジ様が次々出てきて誰が誰だか分からない、初心者でございます。私、女性はわりとすぐに覚えられるんですが、何故か男性はなかなか...。というか今回は、ダニエルズさんのキスシーンが強烈過ぎて他がすっ飛びました。しかも、テレビを観てはいない様だったけど近くに母がいたので、妙にドキドキしてしまった。別にそういう趣味ではないのよ、お母さん!(いや、、、そうでもなくはないか...。)←あ゙ーー

Posted by: アキ | January 29, 2009 at 11:08 PM

Ayanoさん、こんばんは。
人物相関図と見比べながら、集中して視聴しました。面白くなりそうな予感です~。
やっとこさで名前と顔が一致しているのに、1週間空くのは痛いです→NHKさん。^^;

ベン・ダニエルズさん、かっこいいですねー。Ayanoさんがおっしゃるとおり山路さんのお声がピッタリ!

死刑囚の事件がどうテロと関わってくるのでしょうか、これからの展開が気になります。

Posted by: さとうさんた | January 30, 2009 at 01:17 AM

アキさん、こんばんは。

バビロン、いわゆるクリフハンガーっぽい終わり方でしたね。NHKはS2を放送する気があるんでしょうか?^^;
私もトニーが一番好きでしたよ♪
最後にリアム・カニンガムがゲストで登場したのも嬉しかったです。「フィッツ」でジョン・シムさんとカップルだった頃とくらべるとだいぶ枯れてきましたが…それでも相変わらずいい男だわ^^

ステート・ウィズインのオヤジたち、似たような人が多いので私も最初は混乱してました。NHKの人物相関図のおかげでどうにか理解できるようになりましたが^^;

>ダニエルズさんのキスシーンが強烈過ぎて他がすっ飛びました
やっぱり、そうですよね(爆)
ダニエルズさんご自身がゲイですし、想定内の展開といえないこともなかったのですが……パーティーのシーンでは普通に挨拶してて全然そんな気配がなかっただけに、ビックリしてしまいました^^;
ジェイソン・アイザックスが本来のお目当てのはずだったのに、今ではニコラスとクリストファーのドラマだと思ってます(笑)

Posted by: Ayano | January 30, 2009 at 03:31 AM

さんたさん、こんばんは。
こういう難しいドラマでいきなり第1話の次を2週先に延ばすのはどうなんだろうと思いますよね。
で、次週何の番組が入るのかと思ったら、アンジー姐さんのアクターズ・スタジオ・インタビュー。
アカデミー賞授賞式前だからという都合もあるのかもしれないけど、どうせなら先にそっちを放送して、ドラマの開始を次の週からにしてくれればいいのに…と思います。もうちょっとうまく調整できなかったんでしょうか?

あっ、山路さん=ジェイソン・アイザックス(マーク)です^^; ベン・ダニエルズはMI6担当のニコラス・ブロックルハースト役です〜。
初回からキャストが全員登場しちゃうので、かなり混乱しますよね^^; 私もNHKの人物相関図がなければいまだに理解してなかったと思います(苦笑)
山路さんも好きですが、森田さん(アーミテージ社のCEO)も好きなので、揃って吹替えされてるのが嬉しいです^^

Posted by: Ayano | January 30, 2009 at 03:48 AM

結局毎回50分程度に収めて7話目を作るって感じですね。8分×6=48、確かに帳尻は合う(苦笑)まあカットされるよりはマシですが。番宣抜きで1時間まるっと、というのはそんなに無理なんでしょうかね〜。
え!来週無いの?私注意力散漫過ぎます〜そしてアンジーのインタビューですかい(怒)アンジーがオスカー取ると思われてるの?なんか悔しいです。
それにしても、シャロン・グレスのアイラインが気になって仕方ありませーん!

Posted by: atsumi | January 30, 2009 at 07:42 AM

Ayanoさん、再びこんにちは!
マーク=山路さんでしたっっ。
あの強烈なシーンのお陰で、俳優さん名がごちゃごちゃになりました。(爆) 

私もAtsumiさん同様、アンジーのインタビューに(怒)です。

Posted by: さとうさんた | January 30, 2009 at 12:47 PM

atsumiさん、こんにちは。
まさかと思うけど内容が難しくて60分だとあまりに濃すぎるから小分けにしたとか?? だとしたらありがた迷惑って気もしますが…HPのエピガイがあれだけ詳しいならその辺の心配はないのに^^;
それにしても韓ドラは1時間まるまる使って放送するくせに、この差別は何なのでしょう?

アンジーは有力候補なんですかね? あちらでは「あの役はべつにアンジーじゃなくてもよかった」って言われてますけど^^; むしろドノヴァンさんの方が評判いいのにーー。

>シャロン・グレスのアイライン
笑! Burn Noticeではあんなに濃くなかったですよね。威圧的なところは似てますけど(笑)

Posted by: Ayano | January 30, 2009 at 07:03 PM

さんたさん、こんにちは。

>あの強烈なシーンのお陰で
他はどうでもよくなってしまいますよね(爆)
直前までまったくそんな気配がなかったので、みなさん驚かれたことと思います。
NHKのHPでも秘密にしてたみたいですし^^;
今後ともお楽しみください♪ 二人一緒のシーンに充満する濃い空気がたまらないのですよ〜(←すっかり違うドラマとして観てしまってます)
おかげでマークの陰が薄くなってしまった気が…(苦笑)

Posted by: Ayano | January 30, 2009 at 07:12 PM

観ました!
いつものことですけど・・・頭が混乱しました。
みんな日本語を喋るので(笑)アメリカ人とイギリス人の区別がつかない!
国防長官はこの間まではBurn Noticeの世話の焼けるお母ちゃんだし!
頭の切替にまだまだ時間がかかりそうです。
というか早速着いていけなくなるかもと思ったら、怪しそうなお二人が・・・

どうもありがとう!!
私も安心してニコラスとクリストファーのドラマとして楽しませていただきます。
結局こうなるんだよね・・・いつものことですが(笑)

Posted by: Garoto | January 31, 2009 at 10:38 AM

Garotoさん、こんにちは。
たしかに日本語だとアメリカ人とイギリス人の区別がつきませんね!(笑)
ストーリーがとにかく濃くて難解ですので、
本筋はNHKのエピガイで追うことにして、ニコラスとクリストファーのドラマとして楽しむのが正解だと思います(ほんとか?笑)
ニコラス役のベン・ダニエルズさんは「L&O:UK」にもレギュラー(上級検察官の役です)で出演してますが、
おかげでそちらでも「かわいい刑事のジェイミー・バンバーとそういう展開に…」と期待してしまいそうで怖いです(爆)

シャロン・グレスはN/TのS5にも出てるみたいなので、これまたどんな役柄なのか気になりますね!

Posted by: Ayano | January 31, 2009 at 11:47 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91761/43894326

Listed below are links to weblogs that reference The State Within(ステート・ウィズイン)#1「旅客機爆破」:

« Life on Mars(時空刑事1973)#14 | Main | Life on Mars(時空刑事1973)#15 »