« The State Within(ステート・ウィズイン) | Main | バーナビー警部 #29「森の聖者」 »

January 16, 2009

Life on Mars(時空刑事1973)#13

 未来のサムが投薬ミスで昏睡状態になってるため、こっちのサムも体調不良でお休み中。警察署では妻子を誘拐されたサイモン・ラムが、犯人からかつて少女殺害の容疑で逮捕されたグラハムを釈放するよう要求されたと訴えてくる。ジーンに引っ張り出されたサムは誘拐事件と過去の殺人事件の両方を同時に捜査していくことに。
 グレアムが犯人だと信じて疑わないジーンたち。一方アニーは、当時の捜査がグレアムを犯人だと前提して行われていたことに疑問を感じていた。報告書の記載が事実と若干異なっていることもあったが、「やっぱりグレアムが犯人だと思う…」と言うしかないアニー。あ〜〜下っ端はつらいよね! 先輩たちに気を遣いつつ、それでも降格覚悟で自分の意見を言った彼女は偉いです。私も見習わなくては…(たぶん無理^^;)
 結局は科学捜査を重視するサムのおかげで本当の犯人がわかったけど。当時は捜査陣の思い込みや被疑者への重圧によるこういう冤罪も多かったんだろうな。なんとなくこの間のWATのエピを連想させられました。

 さて、今回人形アニメで登場したサムとジーン。これは昔イギリスで放送された「Camberwick Green」というアニメのオープニングをLOM版にリメイクしたもの。毎回あのミュージカルボックス(びっくり箱)が登場し、
"Here is a box, a musical box, wound up and ready to play. But this box can hide a secret inside. Can you guess what is in it today ?"
というナレーションとともに、今回のサム同様びっくり箱の中からメインとなるキャラクターが現れます(ちなみに番組の最後にはまた箱の中に戻っていきます) 今回LOMでは "Here is "ではなく "This is a box"って言ってましたね…どうでもいいけど^^;
 ジーン役のフィリップ・グレニスターさんは著書の中で「LOMの中でこのアニメのキャラクターになれたのは自分とジョン・シムにとって人生のハイライトだった」と語っています。あれがハイライトなんですか…(笑) ま、それだけ当時の子供にとって思い入れのある番組だったというこのなのかもしれませんね。
 ちなみに番組のキャラクターグッズも発売されてます→こちら
 サム&ジーン人形は残念ながら無いようですが(笑)BBCのLOMサイトではかわいい壁紙がダウンロードできますよん。

|

« The State Within(ステート・ウィズイン) | Main | バーナビー警部 #29「森の聖者」 »

Comments

降格覚悟のアニーの発言も、私情だけでは降格させないジーンもかっこよかったです。
オープニング、子ども番組風?と思ったら実際にあった番組のLOM風だったのですね。
ジーン人形、野蛮でかわいかったですよね(さんたさんのお言葉)。
サム&ジーン人形が売られていないのは残念ですが、壁紙のご紹介ありがとうございます。
アニーの人形もあったらかわいかったでしょうね。もちろん、制服姿です。

Posted by: カクテキ | January 17, 2009 at 10:59 AM

はじめまして。ミスチャン経由でこちらにきました。イギリスドラマの話題いっぱいでとっても嬉しい。

「時空刑事」ですがアニーのホンワカしたやさしさに、サムばかりか私も救われてます。見ててちょっと苦しいんです。

「ステートウィズイン」楽しみです。BS2のあの時間帯はずっといい作品が続きますね。

「フィッツ」ですが今回初めて見ました。学者であんなにだらしないのにはちょっと違和感があります。

素敵な情報楽しみにしてます。よろしく!


Posted by: ミセス テリィ | January 17, 2009 at 01:50 PM

Ayanoさん、こんにちは。
あのクレイアニメ、実在したのですね~。

>「LOMの中でこのアニメのキャラクターになれたのは自分とジョン・シムにとって人生のハイライトだった」
フィリップさんおちゃめですわ~。あの野蛮でかわいい人形、ジーンを凝縮したようでホント魅力的でした。(笑)

この記事とは別件ですが、先日、映画を見に行ったとき"チェンジリング"の予告を見ました。ジェフリー・ドノバンさん結構沢山出演しているようですね!楽しみです。(^^)

Posted by: さとうさんた | January 17, 2009 at 10:14 PM

カクテキさん、こんにちは。
ジーンは自分の捜査を否定されても、結果アニーの意見が正しかったとわかればそれをきちんと受け入れるんですね〜。意外と懐が広いのねと感心してしまいました。
制服姿のアニー人形はさぞ可愛いでしょうね^^
ちょっと情けない表情がそっくりのサム人形もかわいかったです(笑)

Posted by: Ayano | January 17, 2009 at 10:28 PM

ミセステリィ様、こんにちは。はじめまして。
ご来訪&コメントありがとうございます!

アニーのほわっとした雰囲気は本当にいいですよね。
優しい顔で時にキツいことを言うところも好きです(笑)
フィッツは何度も再放送してますが、やはり何度も観てしまいます。今まで観たドラマの中でもっとも深い作品です。
妻のジュディスじゃないけど、フィッツのだらしなさは観ているうちにだんだんどうでもよくなってきました^^; これから衝撃の展開をむかえますのでじっくりお楽しみ下さい。

「ステート・ウィズイン」も非常に見応えのある作品ですよ♪
BSのイギリスドラマ枠がこれからもずっと続くといいですね。
去年UK-Japanが開催されていたこともあってか、最近はイギリスドラマファンの方が足を運んでくださることが多く、とても嬉しいです。
イギリスドラマの底力をあらためて感じています。
またお気軽に遊びにいらしてくださいね♪

Posted by: Ayano | January 17, 2009 at 10:36 PM

さんたさん、こんにちは。
BBCのオフィシャルページやLOMファンサイトに行くと必ずあの人形キャラがいて、「これは何だ?」とずっと思ってたんですよ。
フィリップさんの本でようやくあれが実在アニメのリメイクだったと知ったんですが、このエピに登場したんですね〜。
人形ジーン、ゴミバケツの蓋で殴ってましたよね!(笑)

>ジェフリー・ドノバンさん結構沢山出演しているようですね
もはや主役です!(きっぱり)
アメリカでは「主役がアンジーである必要も、牧師をマルコビッチが演じる必要性も感じられないが、劇場内の観客にブーイングされまくりの警部役ジェフリー・ドノヴァンだけは光っていた」と評価されてます。日本での公開が楽しみですね。
“2009年にスターの仲間入りをしそうな6人”の一人にも選ばれてるんですよ〜〜嬉しいです^^

Posted by: Ayano | January 17, 2009 at 10:48 PM

Ayanoさん、こんばんは〜☆
ちょっと困った顔したサム人形や殴りながら手を振るジーン人形、すごくかわいかったです♪
でもほんと、よくできてますよね!
サムに子供番組に出るな、とか言われてたし(^^)
ドラマもますます楽しくなってきましたね〜happy02

Posted by: charlotte☆ | January 18, 2009 at 03:05 AM

Ayanoさん、こんにちはhappy01
LOMの話題になると登場したくなる〜♪

このクレイアニメのシーン、先にYouTubeで見つけてしまい、しばらく一日に何回も見ては笑い転げていました〜YouTubeには、サム人形とジーン人形のつくり方を見せていく動画もアップされていますよね。人形自体ももちろん可愛いですが、あの動きが可愛いっhappy02

エピの方は、ロキシーミュージックのライブ(70年代のUK音楽、ツボなんです)ってのに激しく反応してしまいましたが、前回のエピから引き続き、アニーとサムの距離がくっついたり離れたりするのもドキドキしながら観てます。ホントにLOMは楽しい!

あと、State Withinもご紹介いただいてありがとうございます。吹き替えは苦手なんですけど、これは観るしかないですね!
ついでに、昨晩からの新シリーズのバーナビーも面白かったです!ついにトロイが警部補に..UKに住んでる友だちから「もうトロイは出てない」って聞いてたので、いつ、どうやって去っていくのか気になってたんですけど。私もしばらくUKに住んでいたのですが、バーナビーやリンリーを観るとUKの田舎を思い出して恋しくなります〜長くなってごめんなさい!

Posted by: kisaragi | January 18, 2009 at 12:47 PM

charlotteさん、こんにちは。
あの人形、単純な造りなのにキャラクターのポイントを押さえていてそっくりでしたね♪
できればレギュラー全員の人形を見てみたいです(笑)
話の方もあと3話を残すのみとなりましたね~。
ちょっと寂しいですが、どのような形の最終回を迎えるのかとても気になります。
その後また「女刑事」を観てみたら、また違った発見があるかなと思っています。

Posted by: Ayano | January 18, 2009 at 10:43 PM

kisaragiさん、こんにちは。
アニーとサムの微妙な距離がまたいいですよね!

>サム人形とジーン人形のつくり方を見せていく動画
わ~そうなんですか! それは面白そうですね。
あとで見に行ってみます♪

State Withinはちょっと難しいドラマですが、ぜひご覧下さいませ。
吹替えはどんな感じになるのでしょうね? 山路さんはジェイソン・アイザックスの声とはあまり似てないし、なんとなく二枚目半のイメージが強いんですが(笑)大好きな方なのでちょっと楽しみです^^
kisaragiさんはUKにお住まいだったのですね! 今度ぜひイギリスのお話を聞かせてくださいませ♪

Posted by: Ayano | January 18, 2009 at 10:49 PM

Ayanoさん こんばんは!Life on Marsは時間が合わなくて2話ぐらいしかみてないんですが…サムとアニ-じれったいですね~ 2人の背中押してあげたい!
このシリ-ズで終わりですか?

Posted by: 由美子 | January 19, 2009 at 11:28 PM

由美子さん、こんにちは。
サムは現代に恋人を残してきてるので、
アニーと親密になるのにまだちょっと遠慮(?)というか、浮気するみたいに感じてしまうのかもしれません。
どうせ別世界なんだから割り切って楽しんじゃえばいいのに…と単純な私などは思ってしまうんですが(笑)そうしないところにサムの誠実な人柄が表れてますね。
LOMはシーズン2(ミスチャンでは16話)で終了ですが、続編の女刑事もありますよ〜。今度は'81年のロンドンでジーンが大暴れします♪

Posted by: Ayano | January 21, 2009 at 12:26 AM

ありがとう! シ-ズン2までですか~ 女刑事って新しいキャラで始まるんですね! 楽しみにします♪

Posted by: 由美子 | January 21, 2009 at 10:40 PM

由美子さん、こんにちは。
女刑事の方はWOWOWですでに放送済みで、
これがミスチャンで放送されるかどうかはわかりません。
まぎらわしい書き方をしてしまいましたね、失礼しました^^;
もちろん、ミスチャンで今後放送してくれたら非常に嬉しいです!

Posted by: Ayano | January 22, 2009 at 12:06 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91761/43760031

Listed below are links to weblogs that reference Life on Mars(時空刑事1973)#13:

« The State Within(ステート・ウィズイン) | Main | バーナビー警部 #29「森の聖者」 »