無料ブログはココログ

« アメリカ版「Life on Mars」を観てみた | Main | Me Telly on December »

December 01, 2008

Burn Notice #4

 マイケルの弟ネイトが街に戻ってくる。マイケルが“人助け”をしていると知った彼は、古い知人のビルから家出した娘のジェナを探す仕事を勝手に取り付け、前金を貰っていた。それは警察の仕事だと言ってマイケルはビルに金を返しにいくが、話を聞いて結局引き受けることに…。
 ジェナと一緒に写真に写っていた男をクラブで見つけ出す。彼はエスコートサービスの新人スカウト係で、ジェナはポン引きのウィルヘム兄弟の元にいると話す。ポン引きはモデル志望のジェナにレッスンや海外での仕事をさせると信じ込ませ、実際はドバイで売春婦として働かせるつもりだった。マイケルたちはなんとかしてジェナの出国を阻止しようとする。
 一方マイケルはチェコの殺し屋ヤンに狙われていた。自分を解雇した人間がヤンを使っているのではと考えたマイケルだったが、ヤンは何も語らず。マイケルにアレルギーのピーナツを食べさせられて病院送りになったヤンは何者かに連れ出され、拘留中に自殺したことにされてしまった。

 マイケルの弟ネイトでセス・ピーターソンが登場。大好きなドラマ「プロビデンス」でメリーナさんのできそこないの弟ロビーを演じてたのでお馴染みの俳優さんですが、全然変わってないですねー(怪しいヒゲはあったけど^^;) 役柄もちょっと似てるかな。でもロビーはバーのマネージャーになったり、ジョアニーのドッグカフェのCMのために着ぐるみ姿になったりして頑張ってたけど、ギャンブル中毒のネイトは更正する気もない?(苦笑) これからフィーにうっとうしがられるのかなぁ。またマイケルの悩みの種がひとつ増えてしまいました(笑)
 ドラマで元カノやら元カレやらがレギュラーとして存在すると大抵は未練がどうのとかって不必要にウザイ展開(もしくはウザキャラ)になるんだけど、フィーはあの凶暴性のせいか見ててもサラッとドライでいいですね♪ マイケルの絶妙なキャラクターとうまくバランス取れてて楽しいです^^

« アメリカ版「Life on Mars」を観てみた | Main | Me Telly on December »

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91761/43281843

Listed below are links to weblogs that reference Burn Notice #4:

« アメリカ版「Life on Mars」を観てみた | Main | Me Telly on December »

参加してます

Twitterはこちら

コミュニティ

メールはこちら