« Burn Notice #2 | Main | The Whistleblowers(内部告発)#2「闇のウイルス」 »

November 23, 2008

日本人はなぜ“モチモチ”にこだわるのか?

 子供の頃から大好きなPascoのイングリッシュマフィンが「超熟」シリーズになってしまった。

全然美味しくないよ!!(泣)

 私はご飯よりパンが好きです。特に好きなのはカンパーニュとかカイザーロールとかチャバッタみたいな外骨格(笑)のパン。イングリッシュマフィンもパサパサしてるから好き。食パンは、おそらくスーパーやコンビニで一番値段の安いヤマザキのサンロイヤル、これが小麦の味がいちばんしっかりしてて好き。もちろん8枚切をカリカリにトーストしたのが最高です。
 だから小学校の給食で出るトーストしてない食パンは苦痛以外の何物でもなく、みんなが好きな揚げパンもでかすぎて口に入らないし手が油でベタベタになるから嫌でした(←たんなるプチモンクさん。笑) こうやって残してばかりだったから昔は身体が小さかったんだよね^^;
 ちなみに天然酵母パンは嫌いです。

 話はそれましたが、とにかく大好きなイングリッシュマフィンが、最近「超熟」しかないんですよ。同じPascoだから今までのと同じだろうと思って食べてみたらとんでもない! 何ですかこのモチモチ感はっっ?!
 私にとってパンは「ご飯の代わり」ではなくあくまで「パン」なので、重要なのは麦の香りとパリっとした皮。モチッとしてる必要なんかないのです。米粉パン食べるなら普通にご飯食べた方がいいです。なのに最近はコンビニのパンも米粉入りのモチモチパンが多いし、ミスドもモッチリ系ばっかだし。プリンはどこ行ってもドロドロだしさ(しかもスイーツとか言っておきながら全然甘くない!) 私はモチではなくパンが食べたい! ドーナツはモッチリではなくサックリすべし! プリンを食べたいのであって卵クリームを舐めたいんじゃないんだ〜!

 日本人の“モチモチ・ネバネバ・ドロドロ”信仰はいいとして、提供する側が何でもかんでもそれに合わせちゃったら、本来の良さを失うことになるのでは?  伝統的に米食でモッチリした食感が好きな人が多いからそれに合わせた商品を開発するのは当然とはいえ、その好みに合わせるための手間をかけたせいでパン 本来の良さから遠のいてしまったら本末転倒じゃないですか。
 となると結局「うちはフランスの会社なんだから、日本に出店するからって日本人好みの味に変えることは絶対しない。うちの味が好みじゃないなら他の店で買えば?」という以前私が働いてた超タカビーなパリの食料品店みたいな、本場の味にこだわるところで買い物するしかないわけで…(タカビーというよりドライなんだよね、あっちの人って。たしかに味は最高でした^^;)
 それともマンハッタンクラムチャウダーやバタースコッチパイのように、イングリッシュマフィンも「手に入らないから自分で作る」ことになるのか? うーーパンは発酵が面倒だから自分で作りたくないな〜。もしくはマフィンに別れを告げて、カンパーニュやプチパンで満足するしかないんでしょうか。でもイングリッシュマフィンの独特の味と食感は他にはないんですよね。だからこそこれは“モチモチ”にはなってほしくなかったのに…。帝国ホテルのイングリッシュマフィンを買ったことがあるけど、やっぱりPascoの味にはかなわなかったし。お願いだから今までのマフィンを復活してよ〜〜Pascoさん!(懇願)

|

« Burn Notice #2 | Main | The Whistleblowers(内部告発)#2「闇のウイルス」 »

Comments

え〜〜〜〜〜びっくりですよ〜〜〜〜!
しばらく買わないでいたらそんなことになっていたんですか、pascoのマフィン!私もあのざくっとした感じが好きなんですが、そうかぁ〜いつまでもあると思うななんとか、ってやつでしょうか。地元企業だから余計変わらないと勝手に思い込んでました。
ミスドの昨今のラインナップ変更も足が遠のく一因です(涙)ホームカットが無くなってしまったんですもん。モチモチは餅だけで十分やろっ(怒)って感じ。
食べ物のテクスチャーが均一化しちゃうのってつまらないと思います。本来日本人はいろんなテクスチャーを味わえる民族だったはずなのに最近はどーも逆方向へ行っている。
私は『柔らかい』流行りもちょっと気に入りません。ふわふわのバームクーヘンってつまんないのに。

Posted by: atsumi | November 23, 2008 at 07:15 AM

atsumiさん、こんにちは。
今までのマフィンは1ヶ月くらい前まではあったと思うので、
超熟になったのは本当に最近みたいです。
マフィンのざっくり、ぱっさりした食感が大好きだったのに。
味そのものも変わったと思います。小麦の味が全然しません。
味といい食感といい、まるで出来損ないのモチ食べてるみたいですよ!
ちなみにパスコに問い合わせてみたんですが、
マフィンは超熟のみで以前のものは復活しないそうです。
だったら超熟マフィンを受け入れるより、もう買うのやめよう・・・って思うくらい美味しくないです(泣)

ミスドはダンキンが撤退して以来、気が緩んだのか味は下降する一方ですね。
クリスピークリーム上陸で少しは焦って新商品出してるけど、
粉とグレーズの味が落ちたことは否めません。
バウムクーヘンもふんわりよりどっしりに限りますよね!
あれを1枚ずつはがして食べるのが楽しいのに^^;
ふんわり、もっちり、とろとろ流行はもういいです。原点に戻して欲しい・・・。

Posted by: Ayano | November 23, 2008 at 10:52 PM

うちにあった料理本に『イングリッシュマフィン』の作り方が載っていたので早速作ってみました。
なーんだ、普通のマフィンじゃん…がっかり。おいしいけど、Pascoのマフィンとは全然違います。
やっぱりあのざっくり感は得難いものだったのだなぁ!!
部屋中いい香りが充満してますが、つまんない〜(>_<)

Posted by: atsumi | November 24, 2008 at 07:34 PM

atsumiさん、こんにちは。
おおっ! お作りになったのですね!
うちにあるパン作りの本にもレシピが出てるんですけど、作ったことありません……パン作りは発酵がうまくできたことが一度もなくて^^;
全粒粉とレーズン入りのマフィンに関しては今までと同じものをいずれ製造再開するそうですが、プレーンは超熟のみになり以前の規格は復活しないと言ってました。
もう食べられないんだと思うとなおさら食べたくなりますよね!
帝国のマフィンはふんわりしてて普通のパンみたいなので、やっぱ物足りないです。
自分で研究して作るしかないのでしょうか〜(泣)

Posted by: Ayano | November 24, 2008 at 11:22 PM

こんにちは、初めまして。
ワタシも海外ドラマ大好きで、検索していてこちらへ辿り着きました。
色々なお話、楽しく読ませて頂いています。

pascoのイングリッシュマフィンですが、ワタシも超熟シリーズ以前のマフィンのほうが好きでした!
関東地域の神奈川・東京・千葉あたりのエリアで出店している小規模チェーンの「OK」という
スーパーマーケットで超熟シリーズに変わる前のイングリッシュマフィンを現在でも売ってます。
通常4個入りのはずなんですが、「OK」では6個入りで販売されていて、お値段もリーズナブルです。
友人宅へ行った時に「OK」に連れて行ってもらったんですが、そちらへ行く度に立ち寄って、
まとめて買って冷凍庫で保存して食べてます。 

ayanoさんの居住地域が関東でしたらいいのですが…。 すみません、お役に立つ情報かどうか…。 

Posted by: ミセス小江戸 | December 07, 2008 at 12:38 AM

ミセス小江戸様、こんにちは。はじめまして。
コメントありがとうございます。

超熟マフィンはCMの影響でバカ売れしてるそうですが
(CM見たことないけど^^;)
以前の方が美味しかったという方はやはりいらっしゃるんですね!

マックのマフィンも以前と変わらないし、超熟じゃないマフィンは絶対どこかに流通してるはずだと思ってたらやっぱり!
私は筋金入りの関東人ですが、あまりスーパーで買い物したことないので「OK」というスーパーも初めて知りました。今度探してみます!
嬉しい情報をありがとうございました^^
よろしければまた遊びにいらしてくださいませ♪

Posted by: Ayano | December 08, 2008 at 12:48 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91761/43196444

Listed below are links to weblogs that reference 日本人はなぜ“モチモチ”にこだわるのか?:

« Burn Notice #2 | Main | The Whistleblowers(内部告発)#2「闇のウイルス」 »