« Me Telly on November | Main | Ashes to Ashes (キケンな女刑事)#5 »

November 05, 2008

Life on Mars(時空刑事1973)#3

 サムは'73年の世界でなんとか頑張っている。織物工場で刺殺事件が発生。サムが現場に駆けつけると、そこは30年後にサムが住んでいるアパートの建物だった。
 被害者のソンダーズは組合に入っていないこともあり、工場の仲間たちからは嫌われていた。ジーンの直感では犯人は労働組合のトップ、テッド・バニスター。彼は前夜ソンダーズとパブでケンカしていたのを目撃されていた。鑑識による科学捜査や理論を重要視しジーンの直感を否定するサムだったが、その鑑識の結果もバニスターが犯人であることを示していた。さらにバニスターの家の納屋から血液の付着したシャツが発見され、バニスターは自分がソンダーズを殺したと自供する。それでもバニスターの態度や自白の曖昧さ、そして彼が家庭ではよき父親であることから、サムはバニスターが何かを守ろうとして嘘をついているのではと考える。
 バニスターが必死になって守ろうとしてるのは工場そのもの。現場で死亡事故が起きたとなれば工場の閉鎖は必至だし、そうすれば地域経済の破綻にもつながる。だけど30年後にそこに住んでるサムには工場が閉鎖されてアパートになってることがわかってるから悲しいです。

 クリスはサムをBoss、ジーンをGuv(大将)と呼び分けしてますね。ちなみにGuvは自分の直属のボスに対する呼び方で、フロスト警部やWITBのキャロルとアレックスも部下からGuvと呼ばれてます。発音はガヴ、でもLOMは北部訛りだからゴヴって聞こえる(笑) 本当はGuvでもBossでもほとんど同じ意味なんだけど、クリスにとっては二人とも上司にあたるから、どっちかわかるように呼び分けしてるんでしょうね。
「何かを感じるんだ」というサムに「お前は直感を使ってもいいのか」というジーンのセリフに爆笑しました!smile

 さて、今回のエピソードにでてきた巨大な缶ビール "パーティ・セブン(Watneys Party Seven)" は、その名の通りパーティ用に発売されたビール。'68年から'80年代初期まで販売され、'70年代のパーティの象徴だったそうです。今では家庭用ビールサーバーも気軽にレンタルできちゃうけど、そんなのがない当時はこんなでっかい缶ビールがあったのですね〜。美味しいのかなぁ?(笑)

|

« Me Telly on November | Main | Ashes to Ashes (キケンな女刑事)#5 »

Comments

「なんて面白いの〜〜〜』と見終わって身悶えしてました。
正直スピンオフの方とは格が違うような気がします。でも
私がシムさん好きだから贔屓して見てるのかもしれませんね。
あの巨大缶がビールだとは!あまりおいしそうには…。
がんっと開けた後、どうやって注ぐのでしょうか?
がばーっとこぼしながら豪快にやるのかな?

Posted by: atsumi | November 05, 2008 at 07:44 PM

atsumiさん、こんにちは。
本当に面白いですよね〜〜^^
ケバケバしいバブリーなロンドンも面白いけど、個人的には薄暗いマンチェスターの方が好みです(笑)
Ashesの方は完全にジーンのために作られたドラマって感じがしますね。だからキャラクターが強調されててコント色が強い。ていうかレイ、彼はWITBに登場した時とまるっきり別人なんで全然気付きませんでしたよ〜!!(爆)

あのビールのお味は気になります! 昔のコンデンスミルクみたいに、2カ所切り込みを入れて注ぐのかな? でもジーンだったら豪快に開けちゃうんでしょうね〜(笑)

Posted by: Ayano | November 06, 2008 at 12:44 AM

Ayanoさん、こんばんは。
State Withinが届いたのでちょっとプレーヤーにかけてみたんですが、うわーこのまま見続けたらBSの吹替え放送が見られなくなってしまうわー。15分でストップ。いきなり事件が始まるのでドキドキです。画面の色調がハードな感じなのも緊張してていいですわ。
SOPは私も吹替えが気に入らないので、流して見ちゃってます。結末知ってるから余計そうなんですけど。
吹替えのことを考えると、Streetじゃなくて恐竜ドラマでよかったのかも(?)

Posted by: atsumi | November 07, 2008 at 09:21 PM

atsumiさん、こんにちは。
State Withinもうご覧になったのですね〜!
私はまだ未開封です^^;(お約束)その前にまずはブリークハウスの録画をやっつけなくては……。
わ〜でもatsumiさんのお話うかがって観たくたってきました!!

>吹替えのことを考えると、Streetじゃなくて恐竜ドラマでよかったのかも
爆! たしかにそうですねっ!
吹替えも当たり外れがありますよね〜。
たとえば騎馬警官やモンクさんは吹替えの方がうんと楽しい。でもSOPはなぁ…なんかジョン・シムさんと別人だなぁ、と思ってしまうんですよ。ついでにベル警部も(笑)お馴染みの声でまくしたててくれないと。

Posted by: Ayano | November 07, 2008 at 10:48 PM

はじめまして。
最近、ちょくちょくうかがっていますが、コメントは初めてです。英国ドラマ&UKロック好きで、時空刑事にはまりました。
久しぶりに登場した新しい英国ドラマ(最近再放送ばっかりだったので)、しかも私の好きな70年代! 放送日が待ち遠しく、DVD買っちゃおうかなと一瞬思ったほどです! また、あそびにきますね!

Posted by: maxi | November 09, 2008 at 05:13 PM

maxiさん、こんにちは。はじめまして。
ご来訪&コメントありがとうございます!
時空刑事おもしろいですよね~。
刑事ドラマとしても楽しめるし、ミステリとしても、コメディとしても(笑)久々に満点のドラマです。
もちろん音楽もかっこいい!
続編の女刑事より個人的にはこちらの方が好きです。
そういえば日本版のDVDも出ていましたね。
私もいつか買おうかな^^
またお気軽に遊びにいらしてくださいね♪

Posted by: Ayano | November 09, 2008 at 11:34 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91761/43015512

Listed below are links to weblogs that reference Life on Mars(時空刑事1973)#3:

« Me Telly on November | Main | Ashes to Ashes (キケンな女刑事)#5 »